MozillaZine.jp

Mozilla 関連情報の提供、啓蒙活動を行っているオンラインマガジン「MozillaZine」の日本語訳を提供しています。
リリース版 |    Firefox 96.0.2 ESR 91.5.0 Android 96.2.0 Focus 96.2.0 iOS 96.0 | Thunderbird 91.5.1 | SeaMonkey 2.53.10.2 |
プレビュー版 | Firefox Nightly Developer Edition Beta Android Nightly Beta | Thunderbird Nightly Beta | SeaMonkey Beta |
相互サポート | Firefox | Thunderbird | SeaMonkey | Lightning | Android | Firefox OS | iOS

SeaMonkey 2.53.10.1 がリリースされた


SeaMonkey

Mozilla Application Suite の開発をコミュニティベースで継続している The SeaMonkey® Project は米国時間 2021 年 12 月 13 日、マイナーアップデート版である SeaMonkey 2.53.10.1 をリリースした。

SeaMonkey 2.53.10.1 は Firefox ESR 60.8 と同じレンダリングエンジン Gecko 60 を搭載しており、バックエンドも Firefox ESR 60.8/Thunderbird 60.8 相当となっている。アプリケーションの内容としては、これまで通りブラウザ、メール & ニュースクライアント、Web 開発ツールを搭載したオールインワンパッケージとなっている。

ユーザープロファイルの構成の変更に伴い、バージョン 2.49.5 以前からのアップグレードに際して以下の注意点がある。

  • マスターパスワードを利用している場合にはバージョン 2.53.1 以降へのアップデートの前にこれを解除する必要がある。設定メニューの「マスターパスワードを変更」から、パスワード欄を空白にすることでマスターパスワードを解除できる。「パスワードのリセット」機能を使うと、保存されているすべてのログイン情報が削除されるため注意が必要である。
  • アップデートの完了後には、プロファイルフォルダー内の key3.db および cert8.db の 2 つのファイルを削除する必要がある。これはログイン情報を含む古い形式のファイルである。

また、SeaMonkey 2.53.1 および 2.53.2 の言語パックをインストールしている場合には、アップデートの前にこれらをアンインストールしておく必要がある。 これらは SeaMonkey 2.53.x すべてに互換性があるとされているが、実際には異なるバージョンの SeaMonkey で使用すると問題が発生する。アップデート後に、バージョン 2.53.10.1 の言語パックをインストールする必要がある。

Chatzilla、DOM Inspector、Lightning に加え、SeaMonkey Debug and QA UI のベータ版が本リリースには同梱されている。

新機能及び改良点

このアップデートでは、Firefox ESR 60.8/Thunderbird 60.8 相当の機能修正が行われているほか、以下の SeaMonkey 固有の修正が行われている。

SeaMonkey
NSS コードのセキュリティ修正 (bug 1737470)
SeaMonkey
ChatZilla: 小文字で記述されたネットワーク、サーバーしか利用しない問題を修正 (bug 1742502)
SeaMonkey
コンポーザーのアイコンを旧来のものから変更 (bug 1710915)
SeaMonkey
Windows, macOS: SeaMonkey の 32×32 のデフォルトアイコンの追加修正 (bug 1729153)

セキュリティ修正

本項執筆時点で、新機能および改良点の詳細は公開されていないが、 Firefox ESR 60.8/Thunderbird 60.8 相当のセキュリティ修正に加え、Firefox ESR 91.4 系列からのバックポートによるセキュリティ修正が行われている。

SeaMonkey 2.53.10.1 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、SeaMonkey Project ウェブサイト より日本語を含む 23 言語に対応した各言語版がダウンロード可能である。本リリースでは、既存のバージョン 2.53.5 以降の SeaMonkey ユーザへの自動アップデートが提供されている (詳細)。

ダウンロード:
SeaMonkey 2.53.10.1
リリースノート:
Release notes

Thunderbird 91.4.0 がリリースされた


Thunderbird

Mozilla は米国時間 2021 年 12 月 7 日、新機能の追加及び安定性の問題を修正した Thunderbird のマイナーアップデート版である Thunderbird 91.4.0 をリリースした。

Thunderbird 91.4.0 は Firefox ESR 91.4 と同じレンダリングエンジンを搭載しており、バックエンドも Firefox ESR 91.4 相当となっている。

Thunderbird 78 系列から Thunderbird 91.4.0 への更新が全言語版で可能となっている。メジャーアップグレードに伴い利用できなくなったアドオンもあるため注意されたい (バージョン 91 に対応済みのアドオンの一覧非対応のアドオンの一覧 (本体機能として実装されたものや代替アドオンが存在するものを含む))。

Thunderbird 91.4.0 での新機能や改良点は次のとおり。

新機能及び改良点

修正
多くのフォルダーを含むアカウントにおける IMAP 起動時のパフォーマンスを改善
修正
ホスト名ではなく IPv6 アドレスで SMTP サーバーを指定しているとメッセージの送信に失敗する問題を修正
修正
添付ファイルを含むメッセージの転送に失敗することがある問題を修正
修正
複数のメッセージを一度に印刷できない問題を修正
修正
UTF-8 ではないニュースグループをサポートしていなかった問題を修正
修正
NNTP と SMTP の両方の受信者に対するメッセージの送信後に Thunderbird が反応しなくなる問題を修正
修正
複数の言語パックを導入していると、メモリおよび CPU の使用量が増大しパフォーマンスが低下する問題を修正
修正
“mailto:” リンクをクリックすると、代替に設定したものではなく既定の送信者情報でメッセージ作成ウインドウが開始される問題を修正
修正
メッセージ作成ウインドウにおいて、プレーンテキストメッセージ内にドラッグ & ドロップしたテキストが一貫性なく扱われる問題を修正
修正
Outlook で閲覧すると FileLink メッセージが正しく表示されない問題を修正
修正
アカウント設定においてプロトコル設定の拡張を選択すると、IMAP/POP アカウントを作成できない問題を修正
修正
週の表示を変更したときに複数日の選択がクリアされない問題を修正
修正
新しい予定を作成するためにボタンをクリックしてから予定作成ボックスにマウスをドラッグしたときに、末尾まで到達しても自動でスクロールされない問題を修正
修正
複数の招待が待機していると、カレンダーの招待パネルがスクロールできない問題を修正
修正
カレンダーの印刷ダイアログにキャンセルボタンが存在しない問題を修正

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 11 件、重要度区分において 5 件、 3 件、 3 件が修正されている。

CVE-2021-43536
URL leakage when navigating while executing asynchronous function
CVE-2021-43537
Heap buffer overflow when using structured clone
CVE-2021-43538
Missing fullscreen and pointer lock notification when requesting both
CVE-2021-43539
GC rooting failure when calling wasm instance methods
CVE-2021-43541
External protocol handler parameters were unescaped
CVE-2021-43542
XMLHttpRequest error codes could have leaked the existence of an external protocol handler
CVE-2021-43543
Bypass of CSP sandbox directive when embedding
CVE-2021-43545
Denial of Service when using the Location API in a loop
CVE-2021-43546
Cursor spoofing could overlay user interface when native cursor is zoomed
CVE-2021-43548
JavaScript unexpectedly enabled for the composition area
CVE-2021-4129
Memory safety bugs fixed in Thunderbird 91.4.0


Thunderbird 91.4.0 で修正された全ての問題は Mozilla.org bugs fixes (英語) を参照されたい。

その他、Thunderbird 91.4.0 についての一般的な情報は Thunderbird 91.4.0 リリースノート を参照いただきたい。

アップデート及びシステム要件

Thunderbird 91.4.0 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、50 以上の言語に対応した各国語版は 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。既存の Thunderbird 78 以降のユーザには自動アップデート経由で通知されるが、ヘルプメニューの “Thunderbird について” より手動でアップデートすることも可能だ。

ダウンロード:
Mozilla
リリースノート:
Thunderbird 91.4.0 リリースノート
セキュリティアドバイザリ:
MFSA 2021-54
修正されたバグ:
Bug Fixes in 91.4.0 (英語)

Firefox for Android 95 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2021 年 12 月 7 日、安定性及びセキュリティ問題の修正を含む Firefox for Android のメジャーアップデート版である Firefox for Android 95 をリリースした。

Firefox for Android 95 での新機能や改良点は次のとおり (リリースノートおよび github の Tag 参照)。

新機能及び改良点

新機能
設定メニューに “ホームページ” セクションを追加
新機能
“戻る” セクションにヒーローイメージが表示されるようになった
新機能
タブを自動的に閉じる設定にしていると、“自動的に閉じる設定が有効になっている” 旨を知らせる確認バーが表示されるようになった
新機能
カナダにおいて Pocket がサポートされた
修正
“戻る” セクションにおいて、タイトルあるいは URL が常に表示されるようになった
修正
古いタブのプロンプトを消去すると、それ以降は再度表示されないようになった
修正
ファイルの削除後、ダウンロード一覧が正しく更新されるようになった
修正
クラッシュする問題を修正:
– 履歴グループを開いたとき
– “Stories by topic” 内の既に存在しないトピックを選択したとき

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 13 件、重要度区分において 6 件、 5 件、 2 件が修正されている。

CVE-2021-43536
URL leakage when navigating while executing asynchronous function
CVE-2021-43537
Heap buffer overflow when using structured clone
CVE-2021-43538
Missing fullscreen and pointer lock notification when requesting both
CVE-2021-43539
GC rooting failure when calling wasm instance methods
CVE-2021-4128
Use-after-free in fullscreen objects on MacOS
CVE-2021-43540
WebExtensions could have installed persistent ServiceWorkers
CVE-2021-43541
External protocol handler parameters were unescaped
CVE-2021-43542
XMLHttpRequest error codes could have leaked the existence of an external protocol handler
CVE-2021-43543
Bypass of CSP sandbox directive when embedding
CVE-2021-43544
Receiving a malicious URL as text through a SEND intent could have led to XSS
CVE-2021-43545
Denial of Service when using the Location API in a loop
CVE-2021-43546
Cursor spoofing could overlay user interface when native cursor is zoomed
CVE-2021-4129
Memory safety bugs fixed in Firefox 95 and Firefox ESR 91.4

サポート

新しい Firefox のサポートに関しては、以下の記事を参照されたい:

ダウンロード:
Mozilla, Google Play
リリースノート:
Firefox for Android 95.0 リリースノート
セキュリティアドバイザリ:
MFSA 2021-52
修正されたバグ:
95.0 (英語)

Firefox 95 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2021 年 12 月 7 日、安定性及びセキュリティ問題の修正を含む Firefox のメジャーアップデート版である Firefox 95.0 をリリースした。延長サポート版である Firefox ESR 91.4.0 もリリースされている。

Firefox 95.0 での新機能や改良点、セキュリティ修正、既知の問題は次のとおり。

新機能及び改良点

新機能
RLBox — サードパーティー製ライブラリのセキュリティ脆弱性への耐性を強化する新技術をすべてのプラットフォームで導入
新機能
Windows 10, 11: Microsoft Store から Firefox をダウンロード できるようになった
新機能
macOS: イベントプロセス中の Firefox および WindowServer における CPU 使用量の低減
新機能
macOS: 動画のデコード (特に全画面表示) における電力消費を低減。Netflix や Amazon Prime Video などのストリーミングサイトを含む
新機能
Picture-in-Picture のトグルボタンを動画の反対側に移動できるようになった。コンテキストメニューから、トグルボタンを左側あるいは右側に移動できる
新機能
Spectre などのサイドチャネル攻撃からの保護のため、Firefox 95 のすべてのユーザーに対してサイト分離が有効となった
修正
Firefox の起動後、JAWS スクリーンリーダーおよび ZoomText Magnifier のユーザーが Firefox にアクセスするためにアプリを切り替える必要がなくなった
修正
macOS: VoiceOver に対して、ARIA を利用したコントロールの状況が正しく報告されるようになった
修正
macOS: コンテンツプロセスの起動を高速化
修正
メモリアロケーターの改善
修正
JavaScript の投機的コンパイルによるページ読み込みのパフォーマンス改善
変更
Slack.com に対してユーザーエージェント文字列の上書きすることで、Firefox のユーザーがコールおよびハドルミーティングを利用できるようになった
Enterprise
エンタープライズ用途向けの詳細は Firefox for Enterprise 95 リリースノート を参照されたい

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 13 件、重要度区分において 6 件、 5 件、 2 件が修正されている。

CVE-2021-43536
URL leakage when navigating while executing asynchronous function
CVE-2021-43537
Heap buffer overflow when using structured clone
CVE-2021-43538
Missing fullscreen and pointer lock notification when requesting both
CVE-2021-43539
GC rooting failure when calling wasm instance methods
CVE-2021-4128
Use-after-free in fullscreen objects on MacOS
CVE-2021-43540
WebExtensions could have installed persistent ServiceWorkers
CVE-2021-43541
External protocol handler parameters were unescaped
CVE-2021-43542
XMLHttpRequest error codes could have leaked the existence of an external protocol handler
CVE-2021-43543
Bypass of CSP sandbox directive when embedding
CVE-2021-43544
Receiving a malicious URL as text through a SEND intent could have led to XSS
CVE-2021-43545
Denial of Service when using the Location API in a loop
CVE-2021-43546
Cursor spoofing could overlay user interface when native cursor is zoomed
CVE-2021-4129
Memory safety bugs fixed in Firefox 95 and Firefox ESR 91.4

既知の問題

未解決
macOS: Gmail 上で Command キーを押しながらリンクをクリックしても新しいタブで開かれない。回避策: Command キーを押さずにリンクをクリックしても新しいタブで開かれる

Firefox 95.0 で修正された全ての問題は Mozilla.org bugs fixes (英語) を、一般的な情報は リリースノート を、開発者向けの情報は MDN および Mozilla Developer YouTube チャネル を参照されたい。

アップデート及びシステム要件

Firefox 95.0 は Windows, Mac そして Linux 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、80 以上の言語に対応した各国語版は 次世代ブラウザ Firefox – 各国語版のダウンロード よりダウンロード可能となっている。また、既存の Firefox 4 以降のユーザには自動アップデート経由で通知されるが、Firefox メニューの “Firefox について” より手動でアップデートすることも可能だ。
Firefox 95.0 の利用に必要なシステム要件については、Firefox 95 システム要件 を参照されたい。

ダウンロード:
95.0, ESR 91.4.0
リリースノート:
95.0, ESR 91.4.0
セキュリティアドバイザリ:
MFSA 2021-52 (95.0), MFSA 2021-53 (ESR 91.4.0)
修正されたバグ:
95.0, ESR 91.4.0 (英語)

Firefox 94.0.2 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2021 年 11 月 22 日、デスクトップ版バージョン 94.0.1 リリース後に明らかとなった不具合を修正した Firefox 94.0.2 をリリースした。Firefox ESR 91.3.0 および Firefox for Android 94 はこの問題の影響を受けない。

修正
Microsoft Store からの Firefox のインストール時に、NVDA などの支援技術のユーザーで発生するクラッシュを改善 (bug 1736742)
修正
Linux: WebGL を利用するタブをバックグラウンドで開いているとファイルディスクリプタのリークによって不安定になったりクラッシュする問題を修正 (bug 1741997)
変更
Firefox Suggent の設定のデザインをより明確になるよう更新


Firefox 94.0.2 についての一般的な情報はリリースノートを参照されたい。

Firefox 94.0.2 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、86 以上の言語に対応した各国語版は 次世代ブラウザ Firefox – 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。また、Windows、Mac OS X、Linux 版の既存の Firefox ユーザには自動アップデート経由でアップデートが提供されるが、手動でアップデートすることも可能だ。

ダウンロード:
Mozilla
リリースノート:
Firefox 94.0.2 リリースノート
修正されたバグ:
Complete list of changes in the Firefox 94.0.2 (英語)

Thunderbird 91.3.2 がリリースされた


Thunderbird

Mozilla は米国時間 2021 年 11 月 19 日、新機能の追加及び安定性の問題を修正した Thunderbird のマイナーアップデート版である Thunderbird 91.3.2 をリリースした。

Thunderbird 91.3.2 は Firefox ESR 91.3 と同じレンダリングエンジンを搭載しており、バックエンドも Firefox ESR 91.3 相当となっている。

Thunderbird 78 系列から Thunderbird 91.3.2 への更新が全言語版で可能となっている。メジャーアップグレードに伴い利用できなくなったアドオンもあるため注意されたい (バージョン 91 に対応済みのアドオンの一覧非対応のアドオンの一覧 (本体機能として実装されたものや代替アドオンが存在するものを含む))。

Thunderbird 91.3.2 での新機能や改良点は次のとおり。

新機能及び改良点

変更
カレンダーの印刷設定での日付選択ウィジェットが、最小表示のものに変更された
修正
“テキストエンコーディングを修復” メニューアイテムが機能しない問題を修正
修正
トラブルシューティング情報のメニューアイテムが、トラブルシューティングモードが有効化されているかを反映しないことがある問題を修正
修正
CSS のクラス名の衝突により、メッセージコンテンツが意図せず表示されないことがある問題を修正
修正
アカウント設定ウィザードにおいて、「再テスト」をクリックすると SMTP ポートが “0” にリセットされる問題を修正
修正
設定エディタ (about:config) においてコンテキストメニューから “貼り付け” が利用できない問題を修正
修正
独立したタブで開いた PDF 形式の添付ファイルを保存しようとすると、PDF ファイルではなくメッセージが保存される問題を修正
修正
PDF 形式の添付ファイルを独立したウインドウあるいはメッセージ作成ウインドウから開くと、フォーカスが開かれた添付ファイルに移動する問題を修正
修正
再起動すると、タブで開いていたメッセージのうち名前に非 ASCII 文字を含むフォルダー内のものが復元されない問題を修正
修正
ニュースグループへの投稿時にインジケーターの表示が正しくない問題を修正
修正
カレンダーの印刷時に、カレンダーの指定から戻れない問題を修正
修正
コンテンツがオーバーフローしていると、カレンダーの印刷設定の月選択のスクロールバーが表示されない問題を修正
修正
ダークテーマを適用していると、アカウントマネージャーおよびアドオンマネージャーの内容が読めない問題を修正


Thunderbird 91.3.2 で修正された全ての問題は Mozilla.org bugs fixes (英語) を参照されたい。

その他、Thunderbird 91.3.2 についての一般的な情報は Thunderbird 91.3.2 リリースノート を参照いただきたい。

アップデート及びシステム要件

Thunderbird 91.3.2 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、50 以上の言語に対応した各国語版は 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。既存の Thunderbird 78 以降のユーザには自動アップデート経由で通知されるが、ヘルプメニューの “Thunderbird について” より手動でアップデートすることも可能だ。

ダウンロード:
Mozilla
リリースノート:
Thunderbird 91.3.2 リリースノート
修正されたバグ:
Bug Fixes (英語)

SeaMonkey 2.53.10 がリリースされた


SeaMonkey

Mozilla Application Suite の開発をコミュニティベースで継続している The SeaMonkey® Project は米国時間 2021 年 11 月 16 日、マイナーアップデート版である SeaMonkey 2.53.10 をリリースした。

SeaMonkey 2.53.10 は Firefox ESR 60.8 と同じレンダリングエンジン Gecko 60 を搭載しており、バックエンドも Firefox ESR 60.8/Thunderbird 60.8 相当となっている。アプリケーションの内容としては、これまで通りブラウザ、メール & ニュースクライアント、Web 開発ツールを搭載したオールインワンパッケージとなっている。

ユーザープロファイルの構成の変更に伴い、バージョン 2.49.5 以前からのアップグレードに際して以下の注意点がある。

  • マスターパスワードを利用している場合にはバージョン 2.53.1 以降へのアップデートの前にこれを解除する必要がある。設定メニューの「マスターパスワードを変更」から、パスワード欄を空白にすることでマスターパスワードを解除できる。「パスワードのリセット」機能を使うと、保存されているすべてのログイン情報が削除されるため注意が必要である。
  • アップデートの完了後には、プロファイルフォルダー内の key3.db および cert8.db の 2 つのファイルを削除する必要がある。これはログイン情報を含む古い形式のファイルである。

また、SeaMonkey 2.53.1 および 2.53.2 の言語パックをインストールしている場合には、アップデートの前にこれらをアンインストールしておく必要がある。 これらは SeaMonkey 2.53.x すべてに互換性があるとされているが、実際には異なるバージョンの SeaMonkey で使用すると問題が発生する。アップデート後に、バージョン 2.53.10 の言語パックをインストールする必要がある。

Chatzilla、DOM Inspector、Lightning に加え、SeaMonkey Debug and QA UI のベータ版が本リリースには同梱されている。

新機能及び改良点

このアップデートでは、Firefox ESR 60.8/Thunderbird 60.8 相当の機能修正が行われているほか、以下の SeaMonkey 固有の修正が行われている。

SeaMonkey
ChatZilla: testdisplay コマンドに関する修正 (bug 1727976)
SeaMonkey
CTCP リクエストを表示 (ACTION および DCC を除く) (bug 1722156)
SeaMonkey
IRCv3: server-time をサポート (bug 1724586)
SeaMonkey
ChatZilla: ネットワークエディターのダイアログ幅のローカライズに関する注意を追加 (bug 1727977)
SeaMonkey
IRCv3: extended-join および account-notify をサポート (bug 1722159)
SeaMonkey
ChatZilla: メッセージグループの折り畳みをサポート (bug 1724588)
SeaMonkey
ChatZilla: unescapeTagValue のJS 厳格モードでの警告を修正 (bug 1727989)
SeaMonkey
IRCv3: invite-notify をサポート (bug 1722161)
SeaMonkey
IRCv3: batch をサポート (bug 1724589)
SeaMonkey
cZ static.js における addHistory のJS 厳格モードでの警告を修正 (bug 1727992.
SeaMonkey
IRCv3: cap-notify をサポート (bug 1722162)
SeaMonkey
ChatZilla: collection keys として canonical name を使用しないようになった (bug 1728025)
SeaMonkey
IRCv3: TLS および STS をサポート (bug 1722166)
SeaMonkey
ChatZilla: IRC サーバーのプロパティの変更のためのヘルパー関数を導入 (bug 1728027)
SeaMonkey
IRCv3: MONITOR をサポート (bug 1722174)
SeaMonkey
ChatZilla: msg.commasp を使用しないようになった (bug 1726965)
SeaMonkey
ChatZilla: リンクをクリックしたときの挙動の変更に shiftKey を使用できるようになった (bug 1713458)
SeaMonkey
IRCv3: echo-message をサポート (bug 1722211)
SeaMonkey
ChatZilla: /commands が前方一致するものすべてを返すようになった (bug 1726966)
SeaMonkey
ChatZilla: リンクの挙動の決定に SeaMonkey の設定が利用されるようになった (bug 1713467)
SeaMonkey
ChatZilla: パラメーターをローカライズ可能になった (bug 1724105)
SeaMonkey
ChatZilla: identify コマンドを追加し、パスワードマネージャーにフックできるようになった (bug 1713470)
SeaMonkey
IRCv3.1: SASL with PLAIN メカニズムを実装 (bug 1717545)
SeaMonkey
IRCv3: メッセージタグをサポート (bug 1724584)
SeaMonkey
ChatZilla: 最後に閲覧したメッセージを ChatZilla に配信できるようになった (bug 1729159)
SeaMonkey
IRCv3: account-tag をサポート (bug 1724585)
SeaMonkey
メール: 設定に含まれていなかった “テキストエンコーディング Unicode/UTF-8” を追加 (bug 1679260)
SeaMonkey
AppConstants を利用したクラッシュレポーターの検出 (bug 1735236)
SeaMonkey
アドオンマネージャーにおいてレガシーアドオンに関するリンクが壊れていた問題を修正 (bug 1656797)
SeaMonkey
プライベート情報の消去に関するヘルプとダイアログを更新 (bug 1728911)
SeaMonkey
cs_nav_prefs_appearance における typo を修正 (bug 1737473)
SeaMonkey
“メニューの編集” のコメントを messageWindow.xul から addressbook.xul へ移動 (bug 1725121)
SeaMonkey
メールのタブブラウザーにダミーのタブルーチンを追加 (bug 1735243)
SeaMonkey
新しいタブで開いたときにフォルダーペインとタブ/ウインドウのタイトルが適切に更新されない問題を修正 (bug 1726940)
SeaMonkey
ブラウザーのタブバーとは独立してメールのタブバーをコントロールできるようになった (bug 1724515)
SeaMonkey
新しい mail.tabs 設定の任意の値をコピーできるようになった (bug 1729165)
SeaMonkey
マスターパスワードとパスワードの設定ペインを一つに統合 (bug 1728099)
SeaMonkey
リダイレクトに関する警告の設定を「コンテンツ」から「プライバシーとセキュリティ」ペインへ移動 (bug 1728185)
SeaMonkey
ウェブサイトのアイコンに関する設定を「コンテンツ」から「ブラウザー」ペインへ移動 (bug 1727425)
SeaMonkey
ブラウザーおよびメールのシステム統合に関する設定を「詳細」ペインへ移動 (bug 1727659)
SeaMonkey
メールについての opentabfor.middleclick 設定を独立させた (bug 1727948)
SeaMonkey
tabbrowser に removeBrowser ヘルパーを追加 (bug 1730391)
SeaMonkey
<stack> の中に <browser> を置くことで、オーバーレイが容易になった (bug 1730392)
SeaMonkey
ブラウザーのフォーカスを回避可能になった (bug 1720003)
SeaMonkey
SeaMonkey の 32×32 のデフォルトアイコンの下部に明るいストライプがあった問題を修正 (bug 1729153)
SeaMonkey
<input type=time> および <input type=date> をサポート (bug 1730408)
SeaMonkey
ブラウザータブ上で 1 回だけミドルクリックされたものが 2 回と扱われる問題を修正 (bug 1734407)
SeaMonkey
新しく「保存された検索フォルダー」を作成できない問題を修正 (bug 1738669)
SeaMonkey
標準 http 接続での圧縮を有効化 (bug 1728996)
SeaMonkey
Windows 環境における VS2022 でのコンパイルをサポート (bug 1728988)

セキュリティ修正

本項執筆時点で、新機能および改良点の詳細は公開されていないが、 Firefox ESR 60.8/Thunderbird 60.8 相当のセキュリティ修正に加え、Firefox ESR 78.15 系列からのバックポートによるセキュリティ修正が行われている。

SeaMonkey 2.53.10 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、SeaMonkey Project ウェブサイト より日本語を含む 23 言語に対応した各言語版がダウンロード可能である。本リリースでは、既存のバージョン 2.53.5 以降の SeaMonkey ユーザへの自動アップデートが提供されている (詳細)。

ダウンロード:
SeaMonkey 2.53.10
リリースノート:
Release notes

Thunderbird 91.3.1 がリリースされた


Thunderbird

Mozilla は米国時間 2021 年 11 月 15 日、新機能の追加及び安定性の問題を修正した Thunderbird のマイナーアップデート版である Thunderbird 91.3.1 をリリースした。

Thunderbird 91.3.1 は Firefox ESR 91.3 と同じレンダリングエンジンを搭載しており、バックエンドも Firefox ESR 91.3 相当となっている。

Thunderbird 78 系列から Thunderbird 91.3.1 への更新が全言語版で可能となっている。メジャーアップグレードに伴い利用できなくなったアドオンもあるため注意されたい (バージョン 91 に対応済みのアドオンの一覧非対応のアドオンの一覧 (本体機能として実装されたものや代替アドオンが存在するものを含む))。

Thunderbird 91.3.1 での新機能や改良点は次のとおり。

新機能及び改良点

変更
メッセージ一覧において、添付されている OpenPGP 公開鍵が添付ファイルの個数から除外されるようになった
変更
URL 経由での検索エンジンの追加をサポート
変更
FileLink のメッセージテンプレートの更新; Thunderbird の広告を除去
変更
Thunderbird の更新後に、インストール済みアドオンの更新を確認するようになった
修正
全画面表示のアプリケーションの実行時に、Thunderbird の新着メッセージ通知のポップアップが表示される問題を修正
修正
非標準である “koi8r” エンコードによるメッセージがサポートされていなかった問題を修正
修正
macOS: 多くの安定性に関する改善
修正
メッセージの編集時に、PDF 形式の添付ファイルが Firefox で開かれてしまう問題を修正
修正
オフライン設定が “オンライン状態を確認する” になっているとアドオンが無効化される問題を修正
修正
アドオンマネージャー内で “addons://” リンクをクリックすると、Thunderbird 内部でそれを開かずに外部アプリケーションを尋ねるプロンプトが表示される問題を修正
修正
Windows: アドレスサイドバーの “アドレス帳” ドロップダウンメニューが読めない問題を修正
修正
添付ファイルの表示方式をインラインに設定していると、vCard 形式の添付ファイルが表示されない問題を修正
修正
ToDo を含む ICS ファイルのインポートに失敗する問題を修正


Thunderbird 91.3.1 で修正された全ての問題は Mozilla.org bugs fixes (英語) を参照されたい。

その他、Thunderbird 91.3.1 についての一般的な情報は Thunderbird 91.3.1 リリースノート を参照いただきたい。

アップデート及びシステム要件

Thunderbird 91.3.1 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、50 以上の言語に対応した各国語版は 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。既存の Thunderbird 78 以降のユーザには自動アップデート経由で通知されるが、ヘルプメニューの “Thunderbird について” より手動でアップデートすることも可能だ。

ダウンロード:
Mozilla
リリースノート:
Thunderbird 91.3.1 リリースノート
修正されたバグ:
Bug Fixes (英語)

Firefox が Microsoft Store から利用可能になった


Firefox

Mozilla は米国時間 2021 年 11 月 9 日、デスクトップ版 Firefox の Windows 版が Microsoft Store から利用可能になったと発表した。

Firefox: the first major browser to be available in the Windows Store

Microsoft はこれまでサードパーティー性のウェブブラウザーやアプリストアを Microsoft Store で公開することを認めてこなかったが、Windows 11 のリリースに合わせて方針を変更しており、ウェブブラウザーとしては既に Opera と Yandex Browser が Microsft Store 上で検索・インストールできるようになっている。

今回、Firefox がそれに加わることになるが、Mozilla では Firefox を「Microsoft Store で利用できる最初の主要ブラウザー」と称している。

Microsoft Store から利用可能な Firefox は従来のインストール版 Firefox と同じく Gecko エンジンを搭載しており、最新版 と同一の機能が利用可能である (Safari に搭載されている WebKit エンジンの利用が義務付けられている iOS 版 Firefox とはこの点が大きく異なる)。

Mozilla Firefox を入手 – Microsoft Store ja-JP

Firefox 94.0.1 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2021 年 11 月 4 日、デスクトップ版バージョン 94.0 リリース後に明らかとなった不具合を修正した Firefox 94.0.1 をリリースした。Firefox ESR 91.3.0 および Firefox for Android 94 はこの問題の影響を受けない。

修正
macOS 10.12 において、動画の全画面表示を行うとクラッシュする問題を修正 (bug 1737998)


Firefox 94.0.1 についての一般的な情報はリリースノートを参照されたい。

Firefox 94.0.1 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、86 以上の言語に対応した各国語版は 次世代ブラウザ Firefox – 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。また、Windows、Mac OS X、Linux 版の既存の Firefox ユーザには自動アップデート経由でアップデートが提供されるが、手動でアップデートすることも可能だ。

ダウンロード:
Mozilla
リリースノート:
Firefox 94.0.1 リリースノート
修正されたバグ:
Complete list of changes in the Firefox 94.0.1 (英語)