MozillaZine.jp

Mozilla 関連情報の提供、啓蒙活動を行っているオンラインマガジン「MozillaZine」の日本語訳を提供しています。
リリース版 |    Firefox 105.0.1 ESR 102.3.0 Android 105.1.0 Focus 105.1.0 iOS 105.0 | Thunderbird 91.13.1 / 102.3.1 | SeaMonkey 2.53.14 |
プレビュー版 | Firefox Nightly Developer Edition Beta Android Nightly Beta | Thunderbird Nightly Beta | SeaMonkey Beta |
相互サポート | Firefox | Thunderbird | SeaMonkey | Lightning | Android | Firefox OS | iOS

Thunderbird 102.3.1 がリリースされた


Thunderbird

Mozilla は米国時間 2022 年 9 月 28 日、新機能の追加及び安定性の問題を修正した Thunderbird のマイナーアップデート版である Thunderbird 102.3.1 をリリースした。

Thunderbird 102.3.1 は Firefox ESR 102.3 と同じレンダリングエンジンを搭載しており、バックエンドも Firefox ESR 102.3 相当となっている。

変更
メッセージ作成ウインドウの暗号化オプションに、既に設定されている暗号化技術のみが表示されるようになった
変更
アドレス帳リストの最下部の行に、現在選択されている連絡先の数が表示されるようになった
修正
パスワードプロンプトに POP サーバーのホスト名が表示されない問題を修正
修正
連作先サイドバーのコンテキストメニューに連絡先を編集 が表示されない問題を修正
修正
アドレス帳リストに表示されない文字があり、結果として読めなくなっている問題を修正
修正
Windows 7: ダークテーマで、アラームのメニューアイテムが読めない問題を修正

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 1 件、重要度区分において 1 件が修正されている。

MOZ-2022-0043
Update matrix-js-sdk to v19.7.0


Thunderbird 102.3.1 で修正された全ての問題は Mozilla.org bugs fixes (英語) を参照されたい。

その他、Thunderbird 102.3.1 についての一般的な情報は Thunderbird 102.3.1 リリースノート を参照いただきたい。

アップデート及びシステム要件

Thunderbird 102.3.1 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、50 以上の言語に対応した各国語版は 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。既存の Thunderbird 78 以降のユーザには自動アップデート経由で通知されるが、ヘルプメニューの “Thunderbird について” より手動でアップデートすることも可能だ。

ダウンロード:
Mozilla
リリースノート:
Thunderbird 102.3.1 リリースノート
セキュリティアドバイザリ:
MFSA 2022-43
修正されたバグ:
Bug Fixes (英語)

SeaMonkey 2.53.14 がリリースされた


SeaMonkey

Mozilla Application Suite の開発をコミュニティベースで継続している The SeaMonkey® Project は米国時間 2022 年 9 月 29 日、マイナーアップデート版である SeaMonkey 2.53.14 をリリースした。

SeaMonkey 2.53.14 は Firefox ESR 60.8 と同じレンダリングエンジン Gecko 60 を搭載しており、バックエンドも Firefox ESR 60.8/Thunderbird 60.8 相当となっている。アプリケーションの内容としては、これまで通りブラウザ、メール & ニュースクライアント、Web 開発ツールを搭載したオールインワンパッケージとなっている。

ユーザープロファイルの構成の変更に伴い、バージョン 2.49.5 以前からのアップグレードに際して以下の注意点がある。

  • マスターパスワードを利用している場合にはバージョン 2.53.1 以降へのアップデートの前にこれを解除する必要がある。設定メニューの「マスターパスワードを変更」から、パスワード欄を空白にすることでマスターパスワードを解除できる。「パスワードのリセット」機能を使うと、保存されているすべてのログイン情報が削除されるため注意が必要である。
  • アップデートの完了後には、プロファイルフォルダー内の key3.db および cert8.db の 2 つのファイルを削除する必要がある。これはログイン情報を含む古い形式のファイルである。

また、SeaMonkey 2.53.1 および 2.53.2 の言語パックをインストールしている場合には、アップデートの前にこれらをアンインストールしておく必要がある。 これらは SeaMonkey 2.53.x すべてに互換性があるとされているが、実際には異なるバージョンの SeaMonkey で使用すると問題が発生する。アップデート後に、バージョン 2.53.14 の言語パックをインストールする必要がある。

Chatzilla、DOM Inspector、Lightning に加え、SeaMonkey Debug and QA UI のベータ版が本リリースには同梱されている。

新機能及び改良点

SeaMonkey
以下の DOM HTML 要素のインターフェイスを更新: Embed, Object, Anchor, Area, Button, Frame, Canvas, IFrame, Link, Image, MenuItem, TextArea, Source, Select, Option, Script, Html
SeaMonkey
ビルドシステムの Python 2 から Python 3 への移行を継続
SeaMonkey
デバッグ QA に ESR 102 へのリンクを追加 (bug 1779028)
SeaMonkey
ヘルプメニューからプラグインに関するものを除去 (bug 1779031)
SeaMonkey
URL ホワイトリストを除去 (bug 1779037)
SeaMonkey
cs_nav_prefs_advanced.xhtml 内のデッドリンクを除去 [en-US] (bug 1783558)
SeaMonkey
cs_nav_prefs_advanced.xhtml 内のデッドリンクを除去 (bug 1786030)
SeaMonkey
アドレス帳から廃止されたチャットサービスを除去 (bug 1779034)
SeaMonkey
アドレス帳: “地図を表示” ボタンが表示されない問題を修正 (bug 1779319)
SeaMonkey
Rust 1.63 への互換性を追加

セキュリティ修正

本項執筆時点で、新機能および改良点の詳細は公開されていないが、 Firefox ESR 60.8/Thunderbird 60.8 相当のセキュリティ修正に加え、Firefox ESR 91.11/Thunderbird 91.11 からのバックポートによるセキュリティ修正が行われている。

SeaMonkey 2.53.14 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、SeaMonkey Project ウェブサイト より日本語を含む 23 言語に対応した各言語版がダウンロード可能である。本リリースでは、既存のバージョン 2.53.5 以降の SeaMonkey ユーザへの自動アップデートが提供されている (詳細)。

ダウンロード:
SeaMonkey 2.53.14
リリースノート:
Release notes

Firefox 105.0.1 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2022 年 9 月 23 日、デスクトップ版バージョン 105.0 リリース後に明らかとなった不具合を修正した Firefox 105.0.1 をリリースした。

修正
新しいウインドウを開いたときのフォーカスの挙動を、アドレスバーではなく従来のコンテンツ領域に戻した (bug 1784692)


Firefox 105.0.1 についての一般的な情報はリリースノートを参照されたい。

Firefox 105.0.1 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、86 以上の言語に対応した各国語版は 次世代ブラウザ Firefox – 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。また、Windows、Mac OS X、Linux 版の既存の Firefox ユーザには自動アップデート経由でアップデートが提供されるが、手動でアップデートすることも可能だ。

ダウンロード:
Mozilla
リリースノート:
Firefox 105.0.1 リリースノート
修正されたバグ:
Complete list of changes in the Firefox 105.0.1 (英語)

Thunderbird 102.3.0 がリリースされた


Thunderbird

Mozilla は米国時間 2022 年 9 月 20 日、新機能の追加及び安定性の問題を修正した Thunderbird のマイナーアップデート版である Thunderbird 102.3.0 をリリースした。

Thunderbird 102.3.0 は Firefox ESR 102.3 と同じレンダリングエンジンを搭載しており、バックエンドも Firefox ESR 102.3 相当となっている。

本バージョンは、Thunderbird 91.13.1 からの手動更新が有効となっている。Thunderbird 91.13.0 以前のユーザーに対しては、バージョン 91.13.1 への自動更新が行われた後、改めてバージョン 102.3.0 への手動更新が提供される (更新しないことも選択できる)。

Thunderbird 102.3.0 での新機能や改良点は次のとおり。

新機能及び改良点

変更
プロファイルの破損や回復不能なデータ損失を防ぐため、他のプロファイルからのインポートの際にはアカウントのパスワードをインポートしないようになった
変更
開発者ツールのパフォーマンスプロファイルでウェブ開発者のプリセットではなく Thunderbird のプリセットを使用するようになった
修正
起動時のパフォーマンスを改善
修正
メッセージソースや画像の保存に失敗する問題を修正
修正
一時ファイルのディスク領域がいっぱいの際にエラーメッセージが繰り返し表示される問題を修正
修正
サイズがセットされていない OpenPGP 鍵を暗号化されていないメッセージに添付するときに、サイズが 0 バイトと短時間表示される問題を修正
修正
グローバル検索のエントリーボックスが初期状態で “undefined” となる問題を修正
修正
POP サーバーからフィルタールールを削除すると断続的にトリガーに失敗する問題を修正
修正
UIDL をサポートしない POP3 サーバーへの接続に失敗する問題を修正
修正
サーバーが TOP capability を通知しない POP アカウントで、「ヘッダーのみ表示」を設定しているにもかかわらずメッセージ全体がダウンロードされる問題を修正
修正
メッセージ作成ウインドウで “ファイル -> 新規作成 -> アドレス帳の連絡先” が機能しない問題を修正
修正
メッセージ作成ウインドウで自分の vCard を添付するオプションが利用できない問題を修正
修正
メールアドレスと連絡先の一致のパフォーマンスを改善
修正
アドレス帳の最初の 2 つのメールアドレスしか認識しない問題を修正
修正
連作先の vCard をパースできない場合、アドレス帳の検索と自動入力に失敗する問題を修正
修正
オフライン使用のための NNTP メッセージのダウンロードに失敗する問題を修正
修正
Public-Inbox サーバーに接続すると NNTP クライアントがスタックする問題を修正
修正
外観と UX を改善

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 7 件、重要度区分において 3 件、 1 件、 3 件が修正されている。

CVE-2022-40959
Bypassing FeaturePolicy restrictions on transient pages
CVE-2022-40960
Data-race when parsing non-UTF-8 URLs in threads
CVE-2022-40958
Bypassing Secure Context restriction for cookies with __Host and __Secure prefix
CVE-2022-40956
Content-Security-Policy base-uri bypass
CVE-2022-40957
Incoherent instruction cache when building WASM on ARM64
CVE-2022-3155
Attachment files saved to disk on macOS could be executed without warning
CVE-2022-40962
Memory safety bugs fixed in Thunderbird 102.3

既知の問題

未解決
アドレス帳の “部署” フィールドがそれ専用となっていない

Thunderbird 102.3.0 で修正された全ての問題は Mozilla.org bugs fixes (英語) を参照されたい。

その他、Thunderbird 102.3.0 についての一般的な情報は Thunderbird 102.3.0 リリースノート を参照いただきたい。

アップデート及びシステム要件

Thunderbird 102.3.0 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、50 以上の言語に対応した各国語版は 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。既存の Thunderbird 102 以降のユーザには自動アップデート経由で通知されるが、ヘルプメニューの “Thunderbird について” より手動でアップデートすることも可能だ。

ダウンロード:
Mozilla
リリースノート:
Thunderbird 102.3.0 リリースノート
セキュリティアドバイザリ:
MFSA 2022-42
修正されたバグ:
Bug Fixes (英語)

Firefox for Android 105 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2022 年 9 月 20 日、安定性及びセキュリティ問題の修正を含む Firefox for Android のメジャーアップデート版である Firefox for Android 105 をリリースした。

Firefox for Android 105 での新機能や改良点は次のとおり (リリースノートおよび github の Tag 参照)。

新機能及び改良点

新機能
インターフェイスに Android 既定のフォントを使用するよう更新
修正
他の Firefox デバイスから共有されたタブを Firefox 自身で開くようになった
修正
ダウンロードされたファイルを削除した後でもう一度同じファイルをダウンロードすると、ダウンロードファイルが重複する問題を修正
修正
Android 13 が稼働する Pixel 6, 6 Pro, 6a で画像やアニメーションが正常に表示されない問題を修正

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 7 件、重要度区分において 3 件、 2 件、 2 件が修正されている。

CVE-2022-40959
Bypassing FeaturePolicy restrictions on transient pages
CVE-2022-40960
Data-race when parsing non-UTF-8 URLs in threads
CVE-2022-40958
Bypassing Secure Context restriction for cookies with __Host and __Secure prefix
CVE-2022-40961
Stack-buffer overflow when initializing Graphics
CVE-2022-40956
Content-Security-Policy base-uri bypass
CVE-2022-40957
Incoherent instruction cache when building WASM on ARM64
CVE-2022-40962
Memory safety bugs fixed in Firefox 105 and Firefox ESR 102.3

サポート

新しい Firefox のサポートに関しては、以下の記事を参照されたい:

ダウンロード:
Mozilla, Google Play
リリースノート:
Firefox for Android 105.0 リリースノート
セキュリティアドバイザリ:
MFSA 2022-40
修正されたバグ:
105.0 (英語)

Firefox 105 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2022 年 9 月 20 日、安定性及びセキュリティ問題の修正を含む Firefox のメジャーアップデート版である Firefox 105.0 をリリースした。延長サポート版である Firefox ESR 102.3.0 もリリースされている。

Firefox 105.0 での新機能や改良点、セキュリティ修正、既知の問題は次のとおり。

新機能及び改良点

新機能
印刷プレビューのダイアログに「現在のページのみ」印刷するオプションを追加
新機能
サードパーティーのコンテキストで分割されたサービスワーカーをサポート。サードパーティーの iframe においてサービスワーカーを登録し、トップレベルドメイン下で分割できる
新機能
Windows: スワイプしてナビゲート (二本指でタッチパッドを左右にスワイプすることで履歴を行き来する) をサポート
新機能
User Timing L3 の仕様に適合。performance.mark および performance.measure メソッドに開始時刻、終了時刻、期間などを追加できる
新機能
巨大なリストから個別のアイテムを検索する際のスピードを 2 倍に高速化。array.includes および array.indexOf を最適化したバージョンの SIMD に置き換えることで実現
修正
Windows: 空きメモリが少ない状況でのハンドリングを大幅に向上させることで、Firefox の安定性を向上
修正
macOS: タッチパッドのスクロールを改善 (意図した方向とは逆方向へのスクロールを抑制)
修正
Linux: システムのメモリが不足した状況ではメモリ使用を抑制することで、システム全体のパフォーマンスを維持
Enterprise
エンタープライズ用途向けの詳細は Firefox for Enterprise 105 リリースノート を参照されたい
Web Platform
Offscreen Canvas DOM API をサポート (完全なコンテキストとフォント)。OffscreenCanvas API により、ウインドウやウェブワーカーコンテキストがオフラインでもキャンバスをレンダリング可能となる

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 7 件、重要度区分において 3 件、 2 件、 2 件が修正されている。

CVE-2022-40959
Bypassing FeaturePolicy restrictions on transient pages
CVE-2022-40960
Data-race when parsing non-UTF-8 URLs in threads
CVE-2022-40958
Bypassing Secure Context restriction for cookies with __Host and __Secure prefix
CVE-2022-40961
Stack-buffer overflow when initializing Graphics
CVE-2022-40956
Content-Security-Policy base-uri bypass
CVE-2022-40957
Incoherent instruction cache when building WASM on ARM64
CVE-2022-40962
Memory safety bugs fixed in Firefox 105 and Firefox ESR 102.3


Firefox 105.0 で修正された全ての問題は Mozilla.org bugs fixes (英語) を、一般的な情報は リリースノート を、開発者向けの情報は MDN および Mozilla Developer YouTube チャネル を参照されたい。

アップデート及びシステム要件

Firefox 105.0 は Windows, Mac そして Linux 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、80 以上の言語に対応した各国語版は 次世代ブラウザ Firefox – 各国語版のダウンロード よりダウンロード可能となっている。また、既存の Firefox 4 以降のユーザには自動アップデート経由で通知されるが、Firefox メニューの “Firefox について” より手動でアップデートすることも可能だ。
Firefox 105.0 の利用に必要なシステム要件については、Firefox 105 システム要件 を参照されたい。

ダウンロード:
105.0, ESR 102.3.0
リリースノート:
105.0, ESR 102.3.0
セキュリティアドバイザリ:
MFSA 2022-40 (105.0), MFSA 2022-41 (ESR 102.3.0)
修正されたバグ:
105.0, ESR 102.3.0 (英語)

Thunderbird 91.13.1 がリリースされた


Thunderbird

Mozilla は米国時間 2022 年 9 月 19 日、新機能の追加及び安定性の問題を修正した Thunderbird のマイナーアップデート版である Thunderbird 91.13.1 をリリースした。

本リリースには Thunderbird 102.2.1 で修正された重要なセキュリティ更新の Thunderbird 91 系列への適用が含まれている。早急なアップデートの実施が推奨されている。

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 3 件、重要度区分において 1 件、 2 件が修正されている。

CVE-2022-3033
Leaking of sensitive information when composing a response to an HTML email with a META refresh tag
CVE-2022-3032
Remote content specified in an HTML document that was nested inside an iframe’s srcdoc attribute was not blocked
CVE-2022-3034
An iframe element in an HTML email could trigger a network request


Thunderbird 91.13.1 で修正された全ての問題は Mozilla.org bugs fixes (英語) を参照されたい。

その他、Thunderbird 91.13.1 についての一般的な情報は Thunderbird 91.13.1 リリースノート を参照いただきたい。

アップデート及びシステム要件

Thunderbird 91.13.1 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、50 以上の言語に対応した各国語版は 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。既存の Thunderbird 78 以降のユーザには自動アップデート経由で通知されるが、ヘルプメニューの “Thunderbird について” より手動でアップデートすることも可能だ。

ダウンロード:
Mozilla
リリースノート:
Thunderbird 91.13.1 リリースノート
セキュリティアドバイザリ:
MFSA 2022-39
修正されたバグ:
Bug Fixes in 91.13.1 (英語)

Thunderbird 102.2.2 がリリースされた


Thunderbird

Mozilla は米国時間 2022 年 9 月 7 日、新機能の追加及び安定性の問題を修正した Thunderbird のマイナーアップデート版である Thunderbird 102.2.2 をリリースした。

Thunderbird 102.2.2 は Firefox ESR 102.2 と同じレンダリングエンジンを搭載しており、バックエンドも Firefox ESR 102.2 相当となっている。

変更
カレンダーのイベントをダブルクリックしたときの動作を、イベントの閲覧から 項目の編集 に変更する設定を追加; calendar.events.defaultActionEdittrue
修正
maildir 形式のフォルダーで フォルダーを最適化 を実行するとフォルダー内のすべてのメッセージを再ダウンロードする問題を修正
修正
多くのフォルダーを含むプロファイル内のメッセージフォルダーへのアクセスが遅くなる問題を修正
修正
SMTP サーバーが適切に初期化されず、アカウント設定上に表示されない問題を修正
修正
POP3 サーバーへの接続時に APOP 認証がサポートされない問題を修正
修正
OpenPGP 鍵の検索に失敗する問題を修正
修正
AOL によってホストされる POP アカウントでの OAuth2 認証が利用できない問題を修正
修正
購読していないニュースグループのヘッダーのコンテキストメニューを開けない問題を修正


Thunderbird 102.2.2 で修正された全ての問題は Mozilla.org bugs fixes (英語) を参照されたい。

その他、Thunderbird 102.2.2 についての一般的な情報は Thunderbird 102.2.2 リリースノート を参照いただきたい。

アップデート及びシステム要件

Thunderbird 102.2.2 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、50 以上の言語に対応した各国語版は 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。既存の Thunderbird 78 以降のユーザには自動アップデート経由で通知されるが、ヘルプメニューの “Thunderbird について” より手動でアップデートすることも可能だ。

ダウンロード:
Mozilla
リリースノート:
Thunderbird 102.2.2 リリースノート
修正されたバグ:
Bug Fixes (英語)

Firefox 104.0.2 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2022 年 9 月 6 日、デスクトップ版バージョン 104.0.1 リリース後に明らかとなった不具合を修正した Firefox 104.0.2 をリリースした。

修正
ページ上のスクロールバーのドラッグにタッチやスタイラスペンを使用できなくなって否問題を修正 (bug 1787361)
修正
特定のユーザーで、メモリ不足の状況でクラッシュする問題を修正 (bug 1774155)
修正
クロスオリジンの iframe の src 要素経由で読み込む時に動画や音声の再生に影響を及ぼすことがある問題を修正 (bug 1781759)
修正
Content-Security-Policy: sandbox と一緒に提供される動画や音声の再生に影響を及ぼすことがある問題を修正 (bug 1781063)


Firefox 104.0.2 についての一般的な情報はリリースノートを参照されたい。

Firefox 104.0.2 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、86 以上の言語に対応した各国語版は 次世代ブラウザ Firefox – 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。また、Windows、Mac OS X、Linux 版の既存の Firefox ユーザには自動アップデート経由でアップデートが提供されるが、手動でアップデートすることも可能だ。

ダウンロード:
Mozilla
リリースノート:
Firefox 104.0.2 リリースノート
修正されたバグ:
Complete list of changes in the Firefox 104.0.2 (英語)

Thunderbird 102.2.1 がリリースされた


Thunderbird

Mozilla は米国時間 2022 年 9 月 1 日、新機能の追加及び安定性の問題を修正した Thunderbird のマイナーアップデート版である Thunderbird 102.2.1 をリリースした。

Thunderbird 102.2.1 は Firefox ESR 102.2 と同じレンダリングエンジンを搭載しており、バックエンドも Firefox ESR 102.2 相当となっている。

新機能
起動時にカレンダーを起動するコマンドラインパラメーターを追加 (-calendar)
変更
アカウントセットアップ中に、自動的に発見されたアドレス帳やカレンダーに接続するボタンを表示
修正
「削除済みとマークする」が設定されていると IMAP フォルダーの最適化に失敗する問題を修正
修正
列表示を他のフォルダーに適用しても、メッセージのスレッド状況とソート順が反映されない問題を修正
修正
半角カタカナを含むフォルダー名が適切に表示されない問題を修正
修正
デジタル署名を行えない差出人に切り替えても、メッセージのデジタル署名を無効化できない問題を修正
修正
ネットワークエラーが発生し回復した後、POP メッセージの読み込みが止まったままになる問題を修正
修正
「ダウンロード後もサーバーにメッセージを残す」設定にしたあとで新着メッセージがない状態だと、アクティビティマネージャーに「メッセージを受信」が表示されない問題を修正
修正
複数のアカウントを管理しているとクォータの色が正常に更新されない問題を修正
修正
あるべきファイルが存在しない状態だとプロファイルのエクスポートに失敗する問題を修正
修正
多数の辞書が利用可能な状態だとスペルチェック ダイアログが画面サイズより大きくなる問題を修正
修正
オフライン使用のための同期を有効にした状態でニュースメッセージをデスクトップへドラッグすると Thunderbird がハングアップする問題を修正
修正
期限切れの NNTP メッセージ上に期限切れの記事をすべて削除 が表示されない問題を修正
修正
暗号化された Matrix ルームへのメッセージ送信に失敗することがある問題を修正
修正
DNS エラーによって BSD ベースの OS で CalDAV カレンダーの追加に失敗する問題を修正
修正
外観と UX を改善

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 4 件、重要度区分において 1 件、 3 件が修正されている。

CVE-2022-3033
Leaking of sensitive information when composing a response to an HTML email with a META refresh tag
CVE-2022-3032
Remote content specified in an HTML document that was nested inside an iframe’s srcdoc attribute was not blocked
CVE-2022-3034
An iframe element in an HTML email could trigger a network request
CVE-2022-36059
Matrix SDK bundled with Thunderbird vulnerable to denial-of-service attack

既知の問題

未解決
アドレス帳の住所に対する”地図” 機能が失われている
未解決
アドレス帳の “部署” フィールドがそれ専用となっていない

Thunderbird 102.2.1 で修正された全ての問題は Mozilla.org bugs fixes (英語) を参照されたい。

その他、Thunderbird 102.2.1 についての一般的な情報は Thunderbird 102.2.1 リリースノート を参照いただきたい。

アップデート及びシステム要件

Thunderbird 102.2.1 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、50 以上の言語に対応した各国語版は 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。既存の Thunderbird 78 以降のユーザには自動アップデート経由で通知されるが、ヘルプメニューの “Thunderbird について” より手動でアップデートすることも可能だ。

ダウンロード:
Mozilla
リリースノート:
Thunderbird 102.2.1 リリースノート
セキュリティアドバイザリ:
MFSA 2022-38
修正されたバグ:
Bug Fixes (英語)