MozillaZine.jp

Mozilla 関連情報の提供、啓蒙活動を行っているオンラインマガジン「MozillaZine」の日本語訳を提供しています。
リリース版 | Firefox 66.0.5 ESR 60.6.3 Android 66.0.5 iOS 16.2 | Thunderbird 60.6.1 | SeaMonkey 2.49.4 |
プレビュー版 | Firefox Nightly 68.0 Beta 67.0 Developer Edition 67.0 Android Nightly 67.0 Beta 67.0 | Thunderbird Beta 67.0 | SeaMonkey Nightly 2.58 |
相互サポート | Firefox | Thunderbird | SeaMonkey | Lightning | Android | Firefox OS | iOS

Firefox ESR 60.6.3 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2019 年 5 月 8 日、延長サポート版 (ESR) 60.6.2 リリースで不十分であった修正を追加対処した Firefox ESR 60.6.3 をリリースした。通常版および  Android 版は既にリリース済みである。

修正
マスターパスワードを利用している環境で、拡張機能を再度有効化するための改善 (bug 1549249)。詳細なサポート情報

Firefox ESR 60.6.3 についての一般的な情報はリリースノートを参照されたい。

Firefox ESR 60.6.3 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、85 以上の言語に対応した各国語版は 次世代ブラウザ Firefox – 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。また、Windows、Mac OS X、Linux 版の既存の Firefox ESR ユーザには自動アップデート経由でアップデートが提供されるが、手動でアップデートすることも可能だ。

ダウンロード:
ESR 60.6.3
リリースノート:
ESR 60.6.3
修正されたバグ:
ESR 60.6.3 (英語)

Firefox 66.0.5、Firefox for Android 66.0.5 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2019 年 5 月 7 日、デスクトップ版バージョン 66.0.4 および Android 版バージョン 66.0.4 リリースで不十分であった修正を追加対処した Firefox 66.0.5 および Firefox for Android 66.0.5 をリリースした。Firefox ESR への追加対処も追ってリリースされる予定である。

修正
マスターパスワードを利用している環境で、拡張機能を再度有効化するための改善 (bug 1549249)。詳細なサポート情報

Firefox 66.0.5 についての一般的な情報はリリースノートを参照されたい。

Firefox 66.0.5 は Windows, Mac, Linux, Android 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、85 以上の言語に対応した各国語版は 次世代ブラウザ Firefox – 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。また、Windows、Mac OS X、Linux 版の既存の Firefox ユーザには自動アップデート経由で、Android 版 ユーザには Google Play ストア経由でアップデートが提供されるが、手動でアップデートすることも可能だ。

ダウンロード:
デスクトップ版 66.0.5, Android 版 66.0.5
リリースノート:
デスクトップ版 66.0.5, Android 版 66.0.5
修正されたバグ:
Bug fixes (英語)

Firefox 66.0.4、Firefox for Android 66.0.4 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2019 年 5 月 5 日、デスクトップ版バージョン 66.0.3 および Android 版バージョン 66.0.2 リリース後に明らかとなった不具合を修正した Firefox 66.0.4 および Firefox for Android 66.0.4 をリリースした。Firefox ESR 60.6.2 も同時にリリースされている。

修正
中間証明書の有効期限切れによってアドオンが無効化されたりインストールに失敗する問題 への対処として、証明書チェーンを修復

既知の問題

未解決
「旧式の拡張機能」にリストされる、あるいはアドオン一覧に表示されないアドオンが存在する。それらのアドオンのデータは削除されておらず、アドオンを再インストールすることでデータも復元される (Bug 1549129)。詳細なサポート情報
未解決
コンテナ機能を利用しているアドオン (Multi-Account Containers や Facebook Container など) が今回の問題で無効化された場合、失われたサイトの情報やカスタム設定は復元されない。再セットアップ、再ログインが必要となる (Bug 1549204)。詳細なサポート情報
未解決
テーマが有効化されないことがある。アドオン一覧から手動で有効化する必要がある (Bug 1549022)。詳細なサポート情報
未解決
アドオンによって変更されたホームページや検索エンジンの設定がリセットされることがある。手動で再度設定する必要がある (Bug 1549192)。詳細なサポート情報
未解決
マスターパスワードを利用しているユーザーは、マスタパスワードを入力する、あるいはリセットする必要がある (bug 1549249)。詳細なサポート情報

Firefox 66.0.4 についての一般的な情報はリリースノートを参照されたい。

Firefox 66.0.4 は Windows, Mac, Linux, Android 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、85 以上の言語に対応した各国語版は 次世代ブラウザ Firefox – 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。また、Windows、Mac OS X、Linux 版の既存の Firefox ユーザには自動アップデート経由で、Android 版 ユーザには Google Play ストア経由でアップデートが提供されるが、手動でアップデートすることも可能だ。

ダウンロード:
デスクトップ版 66.0.4, Android 版 66.0.4, ESR 60.6.2
リリースノート:
デスクトップ版 66.0.4, Android 版 66.0.4, ESR 60.6.2
修正されたバグ:
66.0.4, ESR 60.6.2 (英語)

Firefox 66.0.3 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2019 年 4 月 10 日、バージョン 66.0.2 リリース後に明らかとなった不具合を修正した Firefox 66.0.3 をリリースした。Firefox for Android 66.0.2 および Firefox ESR 60.6.1 はこの問題の影響を受けない。

修正
Windows 10 が稼働しているタブレットにおけるアドレスバーの挙動を正しいものに修正 (Bug 1498973)
修正
いくつかの HTML5 ゲームにおけるパフォーマンスの問題を修正 (Bug 1537609)
修正
IBM クラウドアプリケーションにおけるキープレスイベントに関する問題を修正 (Bug 1538970)
修正
Microsoft クラウドアプリケーションにおけるキープレスイベントに関する問題を修正 (Bug 1539618)
変更
Baidu 検索プラグインを更新

Firefox 66.0.3 についての一般的な情報はリリースノートを参照されたい。

Firefox 66.0.3 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、85 以上の言語に対応した各国語版は 次世代ブラウザ Firefox – 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。また、Windows、Mac OS X、Linux 版の既存の Firefox ユーザには自動アップデート経由でアップデートが提供されるが、手動でアップデートすることも可能だ。

ダウンロード:
Mozilla
リリースノート:
Firefox 66.0.3 リリースノート
修正されたバグ:
Complete list of changes in the Firefox 66.0.3 (英語)

Firefox 66.0.2、Firefox for Android 66.0.2 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2019 年 3 月 27 日、デスクトップ版バージョン 66.0.1 および Android 版バージョン 66.0.1 リリース後に明らかとなった不具合を修正した Firefox 66.0.2 および Firefox for Android 66.0.2 をリリースした。Firefox ESR 60.6.1 はこれらの問題の影響を受けない。

デスクトップ版

修正
キーボードイベントの扱いに関する最近の変更に起因する Office 365、iCloud、IBM Webmail でのウェブ互換性の問題を修正 (Bug 1538966)
修正
クラッシュに関する問題を修正 (Bug 1521370, 1539118)

Android 版

修正
WebRTC に OpenH264 ビデオコーデックを使用しているサイトで頻繁にクラッシュする問題を修正 (Bug 1535766)

Firefox 66.0.2 についての一般的な情報はリリースノートを参照されたい。

Firefox 66.0.2 は Windows, Mac, Linux, Android 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、85 以上の言語に対応した各国語版は 次世代ブラウザ Firefox – 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。また、Windows、Mac OS X、Linux 版の既存の Firefox ユーザには自動アップデート経由で、Android 版 ユーザには Google Play ストア経由でアップデートが提供されるが、手動でアップデートすることも可能だ。

ダウンロード:
デスクトップ版 66.0.2, Android 版 66.0.2
リリースノート:
デスクトップ版 66.0.2, Android 版 66.0.2
修正されたバグ:
Bug fixes (英語)

Thunderbird 60.6.1 がリリースされた


Thunderbird

Mozilla は米国時間 2019 年 3 月 25 日、Thunderbird 60.6.0リリース後に明らかとなった不具合を修正した Thunderbird 60.6.1 をリリースした。

Thunderbird 60.6.0 での改良点は次のとおり。

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 2 件、重要度区分において 最高 2 件が修正されている。

CVE-2019-9810
IonMonkey MArraySlice has incorrect alias information
CVE-2019-9813
Ionmonkey type confusion with __proto__ mutations

既知の問題

未解決
Mozilla プラットフォームの変更により、Windows のネットワーク共有においてドライブレターが割り当てられていたプロファイルは、UNC で認識される
未解決
チャット: Twitter.com での API の変更により、Twitter が機能しない

Thunderbird 60.6.1 についての一般的な情報は Thunderbird 60.6.1 リリースノート を参照いただきたい。

Thunderbird 60.6.1 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、50 以上の言語に対応した各国語版は 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。既存の Thunderbird 5 以降のユーザには自動アップデート経由で通知されるが、ヘルプメニューの “Thunderbird について” より手動でアップデートすることも可能だ。

ダウンロード:
Mozilla
リリースノート:
Thunderbird 60.6.1 リリースノート
セキュリティアドバイザリ:
MFSA 2019-12
修正されたバグ:
Bug Fixes (英語)

Firefox 66.0.1、Firefox for Android 66.0.1 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2019 年 3 月 22 日、デスクトップ版バージョン 66.0 および Android 版バージョン 66.0 リリース後に明らかとなった不具合を修正した Firefox 66.0.1 および Firefox for Android 66.0.1 をリリースした。Firefox ESR 60.6.1 も同時にリリースされている。

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 2 件、重要度区分において 最高 2 件が修正されている。

CVE-2019-9810
IonMonkey MArraySlice has incorrect alias information
CVE-2019-9813
Ionmonkey type confusion with __proto__ mutations

Firefox 66.0.1 についての一般的な情報はリリースノートを参照されたい。

Firefox 66.0.1 は Windows, Mac, Linux, Android 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、85 以上の言語に対応した各国語版は 次世代ブラウザ Firefox – 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。また、Windows、Mac OS X、Linux 版の既存の Firefox ユーザには自動アップデート経由で、Android 版 ユーザには Google Play ストア経由でアップデートが提供されるが、手動でアップデートすることも可能だ。

ダウンロード:
デスクトップ版 66.0.1, Android 版 66.0.1, ESR 60.6.1
リリースノート:
デスクトップ版 66.0.1, Android 版 66.0.1, ESR 60.6.1
セキュリティアドバイザリ:
MFSA 2019-09 (66.0.1), MFSA 2019-10 (ESR 60.6.1)
修正されたバグ:
66.0.1, ESR 60.6.1 (英語)

Thunderbird 60.6.0 がリリースされた


Thunderbird

Mozilla は米国時間 2019 年 3 月 20 日、Thunderbird 60.5.3 リリース後に明らかとなった不具合を修正した Thunderbird 60.6.0 をリリースした。

Thunderbird 60.6.0 での改良点は次のとおり。

新機能及び改良点

新機能
カレンダー: 特定のタイムゾーン (ヨーロッパ/ミンスクなど) において、終了日指定の繰り返しイベントを作成できない問題を修正

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 10 件、重要度区分において 最高 4 件、 4 件、 2 件が修正されている。

CVE-2019-9790
Use-after-free when removing in-use DOM elements
CVE-2019-9791
Type inference is incorrect for constructors entered through on-stack replacement with IonMonkey
CVE-2019-9792
IonMonkey leaks JS_OPTIMIZED_OUT magic value to script
CVE-2019-9793
Improper bounds checks when Spectre mitigations are disabled
CVE-2019-9794
Command line arguments not discarded during execution
CVE-2019-9795
Type-confusion in IonMonkey JIT compiler
CVE-2019-9796
Use-after-free with SMIL animation controller
CVE-2019-9801
Windows programs that are not ‘URL Handlers’ are exposed to web content
CVE-2018-18506
Proxy Auto-Configuration file can define localhost access to be proxied
CVE-2019-9788
Memory safety bugs fixed in Firefox 66, Firefox ESR 60.6, and Thunderbird 60.6

既知の問題

未解決
Mozilla プラットフォームの変更により、Windows のネットワーク共有においてドライブレターが割り当てられていたプロファイルは、UNC で認識される
未解決
チャット: Twitter.com での API の変更により、Twitter が機能しない

Thunderbird 60.6.0 についての一般的な情報は Thunderbird 60.6.0 リリースノート を参照いただきたい。

Thunderbird 60.6.0 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、50 以上の言語に対応した各国語版は 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。既存の Thunderbird 5 以降のユーザには自動アップデート経由で通知されるが、ヘルプメニューの “Thunderbird について” より手動でアップデートすることも可能だ。

ダウンロード:
Mozilla
リリースノート:
Thunderbird 60.6.0 リリースノート

修正されたバグ:
Bug Fixes (英語)

Firefox for Android 66 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2019 年 3 月 20 日、安定性及びセキュリティ問題を修正を含む Android 向け Firefox のメジャーアップデート版である Firefox for Android 66.0 をリリースした。

Firefox for Android 66.0 での新機能や改良点、セキュリティ修正、既知の問題は次のとおり。本バージョンは、コアエンジンおよびユーザーインターフェイスが刷新された「Firefox Quantum」と呼ばれる数回のリリースのうちの 10 回目となる。

新機能及び改良点

新機能
ウェブサイト上の音声の自動再生を抑止するようになった。サイトごとにブロック除外の例外リストに追加 することができる。この機能の詳細については Mozilla blog を参照されたい
新機能
よりスムーズなスクロール: ページ最上部の画像や広告が読み込まれてもコンテンツ上のスクロールアンカーを保持するようになった
新機能
SD カードのような外部ストレージ上のファイルを開く機能をサポート

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 21 件、重要度区分において 最高 5 件、 7 件、 4 件、 5 件が修正されている。

CVE-2019-9790
Use-after-free when removing in-use DOM elements
CVE-2019-9791
Type inference is incorrect for constructors entered through on-stack replacement with IonMonkey
CVE-2019-9792
IonMonkey leaks JS_OPTIMIZED_OUT magic value to script
CVE-2019-9793
Improper bounds checks when Spectre mitigations are disabled
CVE-2019-9794
Command line arguments not discarded during execution
CVE-2019-9795
Type-confusion in IonMonkey JIT compiler
CVE-2019-9796
Use-after-free with SMIL animation controller
CVE-2019-9797
Cross-origin theft of images with createImageBitmap
CVE-2019-9798
Library is loaded from world writable APITRACE_LIB location
CVE-2019-9799
Information disclosure via IPC channel messages
CVE-2019-9801
Windows programs that are not ‘URL Handlers’ are exposed to web content
CVE-2019-9802
Chrome process information leak
CVE-2019-9803
Upgrade-Insecure-Requests incorrectly enforced for same-origin navigation
CVE-2019-9804
Code execution through ‘Copy as cURL’ in Firefox Developer Tools on macOS
CVE-2019-9805
Potential use of uninitialized memory in Prio
CVE-2019-9806
Denial of service through successive FTP authorization prompts
CVE-2019-9807
Text sent through FTP connection can be incorporated into alert messages
CVE-2019-9809
Denial of service through FTP modal alert error messages
CVE-2019-9808
WebRTC permissions can display incorrect origin with data: and blob: URLs
CVE-2019-9789
Memory safety bugs fixed in Firefox 66
CVE-2019-9788
Memory safety bugs fixed in Firefox 66 and Firefox ESR 60.6


Firefox for Android 66.0 で修正された全ての問題は Mozilla.org bugs fixes (英語) を、Firefox for Android 66.0 についての一般的な情報は リリースノート を、開発者向けの情報は MDN を参照されたい。

Firefox for Android 66.0 は Google Play からダウンロード可能となっている。また、既存の Firefox for Android のユーザには Google Play 経由でアップデートが提供される。

ダウンロード:
Mozilla, Google Play
リリースノート:
Firefox for Android 66.0 リリースノート
セキュリティアドバイザリ:
MFSA 2019-07
修正されたバグ:
Complete list of changes in the Firefox for Android 65.0 (英語)

Firefox 66 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2019 年 3 月 20 日、安定性及びセキュリティ問題の修正を含む Firefox のメジャーアップデート版である Firefox 66.0 をリリースした。延長サポート版 である Firefox ESR もバージョン 60.6.0 にアップデートされている。

Firefox 66.0 での新機能や改良点、セキュリティ修正、既知の問題は次のとおり。本バージョンは、コアエンジンおよびユーザーインターフェイスが刷新された「Firefox Quantum」と呼ばれる数回のリリースのうちの 10 回目となる。

新機能及び改良点

新機能
ウェブサイト上の音声の自動再生を抑止するようになった。サイトごとにブロック除外の例外リストに追加 することができる。この機能の詳細については Mozilla blog を参照されたい
新機能
検索の改善:

新機能
よりスムーズなスクロール: ページ最上部の画像や広告が読み込まれてもコンテンツ上のスクロールアンカーを保持するようになった
新機能
拡張機能のパフォーマンスおよびユーザーエクスペリエンスの向上:

新機能
再デザインされた証明書のエラーページにより、問題の把握、解決が容易になった
新機能
macOS のタッチバーの基本的サポート
新機能
Pocket の改善 により、新しいタブのレイアウト・近哲の改良
新機能
コンテンツプロセス数の 4 から 8 への倍増 による、パフォーマンス向上とクラッシュ頻度の低減
新機能
より簡単な、パスワード不要のセキュリティ: Windows 10 上での Windows Hello をサポート。ウェブサイトの認証において、顔認証、指紋認証、外部セキュリティキーをサポート
修正
ダークテーマ、ライトテーマにおいて、Windows 10 のシステム設定によりタイトルバーのアクセントカラーを上書きするようになった
修正
Linux: ファイルのダウンロード中にフリーズする問題を修正
変更
Linux: Gnome ガイドラインに適合するよう、システムタイトルバーが既定で隠されるようになった
開発者
開発者ツール: デバッガーがポーズされていてもインスペクターが完全に機能するようになった
開発者
ページ読み込み中に setTimeout および setInterval の優先度を下げることで、ページ読み込み全体のパフォーマンスを向上
開発者
修正: 最新の使用に基づき、イベントディスパッチにおいて <button> 要素は特例として扱われなくなった

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 21 件、重要度区分において 最高 5 件、 7 件、 4 件、 5 件が修正されている。

CVE-2019-9790
Use-after-free when removing in-use DOM elements
CVE-2019-9791
Type inference is incorrect for constructors entered through on-stack replacement with IonMonkey
CVE-2019-9792
IonMonkey leaks JS_OPTIMIZED_OUT magic value to script
CVE-2019-9793
Improper bounds checks when Spectre mitigations are disabled
CVE-2019-9794
Command line arguments not discarded during execution
CVE-2019-9795
Type-confusion in IonMonkey JIT compiler
CVE-2019-9796
Use-after-free with SMIL animation controller
CVE-2019-9797
Cross-origin theft of images with createImageBitmap
CVE-2019-9798
Library is loaded from world writable APITRACE_LIB location
CVE-2019-9799
Information disclosure via IPC channel messages
CVE-2019-9801
Windows programs that are not ‘URL Handlers’ are exposed to web content
CVE-2019-9802
Chrome process information leak
CVE-2019-9803
Upgrade-Insecure-Requests incorrectly enforced for same-origin navigation
CVE-2019-9804
Code execution through ‘Copy as cURL’ in Firefox Developer Tools on macOS
CVE-2019-9805
Potential use of uninitialized memory in Prio
CVE-2019-9806
Denial of service through successive FTP authorization prompts
CVE-2019-9807
Text sent through FTP connection can be incorporated into alert messages
CVE-2019-9809
Denial of service through FTP modal alert error messages
CVE-2019-9808
WebRTC permissions can display incorrect origin with data: and blob: URLs
CVE-2019-9789
Memory safety bugs fixed in Firefox 66
CVE-2019-9788
Memory safety bugs fixed in Firefox 66 and Firefox ESR 60.6


Firefox 66.0 で修正された全ての問題は Mozilla.org bugs fixes (英語) を、一般的な情報は リリースノート を、開発者向けの情報は MDN を参照されたい。

アップデート及びシステム要件

Firefox 66.0 は Windows, Mac そして Linux 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、80 以上の言語に対応した各国語版は 次世代ブラウザ Firefox – 各国語版のダウンロード よりダウンロード可能となっている。また、既存の Firefox 4 以降のユーザには自動アップデート経由で通知されるが、Firefox メニューの “Firefox について” より手動でアップデートすることも可能だ。
Firefox 66.0 の利用に必要なシステム要件については、Firefox 66 システム要件 を参照されたい。

ダウンロード:
66.0, ESR 60.6.0
リリースノート:
66.0, ESR 60.6.0
セキュリティアドバイザリ:
MFSA 2019-07 (66.0), MFSA 2019-08 (ESR 60.6.0)
修正されたバグ:
66.0, ESR 60.6.0 (英語)