MozillaZine.jp

Mozilla 関連情報の提供、啓蒙活動を行っているオンラインマガジン「MozillaZine」の日本語訳を提供しています。
リリース版 | Firefox 71.0 ESR 68.3.0 Android 68.3.0 Focus 8.0.24 iOS 20.2 | Thunderbird 68.3.0 | SeaMonkey 2.49.5 |
プレビュー版 | Firefox Nightly Beta Developer Edition Android Nightly Beta Preview Nightly Preview Bera | Thunderbird Beta |
相互サポート | Firefox | Thunderbird | SeaMonkey | Lightning | Android | Firefox OS | iOS

Thunderbird 68.3.0 がリリースされた


Thunderbird

Thunderbird コミュニティは米国時間 2019 年 12 月 3 日、新機能の追加及び安定性の問題を修正した Thunderbird のマイナーアップデート版である Thunderbird 68.3.0 をリリースした。

Thunderbird 68.3.0 は Firefox 68 と同じレンダリングエンジンを搭載しており、バックエンドも Firefox ESR 68.3 相当となっている。

Thunderbird 68.3.0 では、Thunderbird 60 からの自動アップグレードが行われる。カレンダーアドオンである Lightning をインストールしている場合、こちらも新しい Thunderbird に適合したバージョンへの自動アップデートが行われる。 Lightning に関して問題が発生した場合には、トラブルシューティング記事 を参照されたい。

Thunderbird 68.3.0 での新機能や改良点は次のとおり。

新機能及び改良点

新機能
メッセージ表示のツールバーアクションのための WebExtension API
新機能
アドオン検索から開かれたタブなど、コンテンツタブ内でナビゲーションボタンを利用可能になった
変更
Windows のタスクバーに表示される「新着メッセージ」アイコンが、「トレイに向かう矢印」から「封筒」に変更された
修正
メッセージ作成ウインドウの添付ファイルペイン内のアイコンが正しく表示されないことがある問題を修正
修正
Thunderbird の起動後に、アドオンメニューのツールバーボタンが表示されない問題を修正
修正
SSL が有効な場合および「すべてのアドレス帳」を選択した場合に LDAP 検索が機能しない問題を修正
修正
詐欺コンテンツへのリンクの確認パネルが機能しない問題を修正
修正
メッセージ作成ウインドウにおいて、リンクのプロパティダイアログが表示されない問題を修正
修正
カレンダー: カレンダーのツールバーにアプリケーションメニューが存在しない場合に起動に失敗する問題を修正
修正
チャット: インスタントメッセージのステータスダイアログにおいて、ドラッグ & ドロップによるアカウントの並び替えができない問題を修正

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 8 件、重要度区分において 4 件、 4 件が修正されている。

CVE-2019-17008
Use-after-free in worker destruction
CVE-2019-13722
Stack corruption due to incorrect number of arguments in WebRTC code
CVE-2019-11745
Out of bounds write in NSS when encrypting with a block cipher
CVE-2019-17009
Updater temporary files accessible to unprivileged processes
CVE-2019-17010
Use-after-free when performing device orientation checks
CVE-2019-17005
Buffer overflow in plain text serializer
CVE-2019-17011
Use-after-free when retrieving a document in antitracking
CVE-2019-17012
Memory safety bugs fixed in Firefox 71, Firefox ESR 68.3, and Thunderbird 68.3

既知の問題

未解決
バージョン 60 から 68 にアップグレードのプロセス中に、アドオンが自動的にアップデートされない。アドオンの更新を確認するとアップデートされる。アドオンマネージャーあるいは addons.thunderbird.net からバージョン 68 に適合するバージョンのアドオンを再インストールすることはもちろん可能である

Thunderbird 68.3.0 で修正された全ての問題は Mozilla.org bugs fixes (英語) を参照されたい。

その他、Thunderbird 68.3.0 についての一般的な情報は Thunderbird 68.3.0 リリースノート を参照いただきたい。

アップデート及びシステム要件

Thunderbird 68.3.0 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、50 以上の言語に対応した各国語版は 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。既存の Thunderbird 60 のユーザには自動アップデート経由で通知されるが、ヘルプメニューの “Thunderbird について” より手動でアップデートすることも可能だ。

Thunderbird 68.3.0 の利用に必要なシステム要件については、Thunderbird 68.3.0 システム要件 を参照されたい。

ダウンロード:
thunderbird.net
リリースノート:
Thunderbird 68.3.0 リリースノート
セキュリティアドバイザリ:
MFSA 2019-38
修正されたバグ:
Bug Fixes (英語)

Firefox for Android 68.3 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2019 年 12 月 3 日、安定性及びセキュリティ問題を修正を含む Android 向け Firefox のメジャーアップデート版である Firefox for Android 68.3 をリリースした。

Firefox for Android 68.3 での新機能や改良点、セキュリティ修正、既知の問題は次のとおり。

新機能及び改良点

修正
パフォーマンスおよび安定性向上のための更新 (修正の一覧)

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 8 件、重要度区分において 4 件、 4 件が修正されている。

CVE-2019-17008
Use-after-free in worker destruction
CVE-2019-13722
Stack corruption due to incorrect number of arguments in WebRTC code
CVE-2019-11745
Out of bounds write in NSS when encrypting with a block cipher
CVE-2019-17009
Updater temporary files accessible to unprivileged processes
CVE-2019-17010
Use-after-free when performing device orientation checks
CVE-2019-17005
Buffer overflow in plain text serializer
CVE-2019-17011
Use-after-free when retrieving a document in antitracking
CVE-2019-17012
Memory safety bugs fixed in Firefox 71 and Firefox ESR 68.3


Firefox for Android 68.3 で修正された全ての問題は Mozilla.org bugs fixes (英語) を、Firefox for Android 68.3 についての一般的な情報は リリースノート を、開発者向けの情報は MDN を参照されたい。

Firefox for Android 68.3 は Google Play からダウンロード可能となっている。また、既存の Firefox for Android のユーザには Google Play 経由でアップデートが提供される。

ダウンロード:
Mozilla, Google Play
リリースノート:
Firefox for Android 68.3 リリースノート
セキュリティアドバイザリ:
MFSA 2019-37
修正されたバグ:
Complete list of changes in the Firefox for Android 68.3 (英語)

Firefox 71 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2019 年 12 月 3 日、安定性及びセキュリティ問題の修正を含む Firefox のメジャーアップデート版である Firefox 71.0 をリリースした。延長サポート版 である Firefox ESR もバージョン 68.3.0 にアップデートされている。

Firefox 71.0 での新機能や改良点、セキュリティ修正、既知の問題は次のとおり。

新機能及び改良点

新機能
統合パスワードマネージャーである Lockwise の改良:

  • サブドメインを認識し、Lockwise からログイン情報を自動入力するようになった
  • Firefox Monitor と 統合された漏洩アラート がスクリーンリーダー環境からも利用可能となった
新機能
強化型トラッキング防止機能 (ETP) からの情報提供の強化:

  • 暗号通貨マイニングをブロックしたときの通知
  • アドレスバーの盾のアイコンからアクセスできる保護パネルから、ブロックされたトラッカーを確認できるようになった
新機能
Windows 版でピクチャーインピクチャーが利用可能となった: 動画の右端の青いアイコンをクリックすることで、フローティングウインドウを開くことができる。これにより、動画を視聴しながら他のタブのコンテンツを閲覧することが可能となる
新機能
Windows、Linux、macOS 版において、ネイティブの MP3 デコーダーを利用可能となった
変更
設定エディター (about:config) が HTML で再実装された
変更
Firefox will now ship with カタルーニャ語 (バレンシア語) (ca-valencia)、タガログ語 (tl)、トリケ語 (trs) ロケールが利用可能となった
Enterprise
キオスクモード の実装。顧客向けの画面において、ツールバーなどのインターフェイス要素を排除し、全画面でコンテンツを表示する (通常の全画面表示とは異なる)
開発者
開発者向けのサポートの追加:

  • 開発者ツールのネットワークパネルにおいて、DevTools’ Network panel can now WebSocket メッセージの調査 が可能となり、様々なフレームワークのフォーマットに従って自動的に整形されるようになった
  • コンソールの新しい 複数行の編集モード によって、長いコードの編集において IDE のような利便性を得ることができるようになった
  • ネットワークパネルの新しい リソースブロッキング によって、トラッキング防止、セキュリティ機能、サービス停止、ネットワーク普通などの影響をシミュレートすることが可能となった
  • 開発者ツールの「新着情報」から、リリースごとの新機能や改良点を確認できるようになった (en-US 版のみ)
開発者
Mozilla Developer YouTube チャネル で毎週公開される新しい動画
開発者
ウェブサイトの証明書ビュアーの機能追加および詳細情報の表示
開発者
ダウンロードの失敗を取り扱う アドオンのダウンロード API の 改良
開発者
windows.create API の利用時に、アドオンによるポップアップウインドウに moz-extension:// url ではなくアドオンの名前が表示されるようになった
開発者
スクリーンリーダー環境において、アドオンに紐づいた開発者パネルの挙動が改善

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 11 件、重要度区分において 6 件、 5 件が修正されている。

CVE-2019-11756
Use-after-free of SFTKSession object
CVE-2019-17008
Use-after-free in worker destruction
CVE-2019-13722
Stack corruption due to incorrect number of arguments in WebRTC code
CVE-2019-11745
Out of bounds write in NSS when encrypting with a block cipher
CVE-2019-17014
Dragging and dropping a cross-origin resource, incorrectly loaded as an image, could result in information disclosure
CVE-2019-17009
Updater temporary files accessible to unprivileged processes
CVE-2019-17010
Use-after-free when performing device orientation checks
CVE-2019-17005
Buffer overflow in plain text serializer
CVE-2019-17011
Use-after-free when retrieving a document in antitracking
CVE-2019-17012
Memory safety bugs fixed in Firefox 71 and Firefox ESR 68.3
CVE-2019-17013
Memory safety bugs fixed in Firefox 71


Firefox 71.0 で修正された全ての問題は Mozilla.org bugs fixes (英語) を、一般的な情報は リリースノート を、開発者向けの情報は MDN および Mozilla Developer YouTube チャネル を参照されたい。

アップデート及びシステム要件

Firefox 71.0 は Windows, Mac そして Linux 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、80 以上の言語に対応した各国語版は 次世代ブラウザ Firefox – 各国語版のダウンロード よりダウンロード可能となっている。また、既存の Firefox 4 以降のユーザには自動アップデート経由で通知されるが、Firefox メニューの “Firefox について” より手動でアップデートすることも可能だ。
Firefox 71.0 の利用に必要なシステム要件については、Firefox 71 システム要件 を参照されたい。

ダウンロード:
71.0, ESR 68.3.0
リリースノート:
71.0, ESR 68.3.0
セキュリティアドバイザリ:
MFSA 2019-36 (71.0), MFSA 2019-37 (ESR 68.3.0)
修正されたバグ:
71.0, ESR 68.3.0 (英語)

Thunderbird 60.9.1 がリリースされた


Thunderbird

Mozilla は米国時間 2019 年 11 月 5 日、Thunderbird 60.9.0 リリース後に明らかとなった不具合を修正した Thunderbird 60.9.1 をリリースした。

Thunderbird 60.x 系列は、68.x 系列からサポートされなくなった古い形式のアドオンを利用可能なバージョンとして継続して提供されている。

Thunderbird 60.9.1 での改良点は次のとおり。

新機能及び改良点

修正
Google 認証 (OAuth2) に関する問題を修正

既知の問題

未解決
Mozilla プラットフォームの変更により、Windows のネットワーク共有においてドライブレターが割り当てられていたプロファイルは、UNC で認識される
未解決
チャット: Twitter.com での API の変更により、Twitter が機能しない

Thunderbird 60.9.1 についての一般的な情報は Thunderbird 60.9.1 リリースノート を参照いただきたい。

Thunderbird 60.9.1 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、50 以上の言語に対応した各国語版は 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。既存の Thunderbird 5 以降のユーザには自動アップデート経由で通知されるが、ヘルプメニューの “Thunderbird について” より手動でアップデートすることも可能だ。

ダウンロード:
thunderbird.net
リリースノート:
Thunderbird 60.9.1 リリースノート

修正されたバグ:
Bug Fixes (英語)

Firefox for Android 68.2.1 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2019 年 11 月 13 日、バージョン 68.2 リリース後に明らかとなった不具合を修正した Firefox for Android 68.2.1 をリリースした。デスクトップ版 Firefox 70.0.1 および Firefox ESR 68.2.0 はこの問題の影響を受けない。

新機能及び改良点

修正
最新の Firefox ブランディングへの更新
修正
バージョン 68.2 で導入された、新規インストール直後の新機能に新しい言語を追加



Firefox for Android 68.2.1 で修正された全ての問題は Mozilla.org bugs fixes (英語) を、Firefox for Android 68.2 についての一般的な情報は リリースノート を参照されたい。

Firefox for Android 68.2.1 は Google Play からダウンロード可能となっている。また、既存の Firefox for Android のユーザには Google Play 経由でアップデートが提供される。

ダウンロード:
Mozilla, Google Play
リリースノート:
Firefox for Android 68.2.1 リリースノート

修正されたバグ:
Complete list of changes in the Firefox for Android 68.2.1 (英語)

Thunderbird 68.2.2 がリリースされた


Thunderbird

Thunderbird コミュニティは米国時間 2019 年 11 月 7 日、バージョン 68.2.1 リリース後に明らかとなった不具合を修正した Thunderbird 68.2.2 をリリースした。

Thunderbird 68.2.2 では、Thunderbird 60 からの自動アップグレードが行われる。 カレンダーアドオンである Lightning をインストールしている場合、こちらも新しい Thunderbird に適合したバージョンへの自動アップデートが行われる。Lightning に関して問題が発生した場合には、トラブルシューティング記事 を参照されたい。

Thunderbird 68.2.2 での新機能や改良点は次のとおり。

新機能及び改良点

修正
64 ビット版の Thunderbird をバージョン 60 から 68 にアップグレードすると、新しいプロファイルが作成されてしまう問題を修正。注: 本バージョンでも万が一プロファイルが認識されない場合は、トラブルシューティング情報から about:profile を訪れ正しいプロファイルを指定されたい

既知の問題

未解決
バージョン 60 から 68 にアップグレードのプロセス中に、アドオンが自動的にアップデートされない。アドオンの更新を確認するとアップデートされる。アドオンマネージャーあるいは addons.thunderbird.net からバージョン 68 に適合するバージョンのアドオンを再インストールすることはもちろん可能である
未解決
SSL が有効な場合に LDAP 検索が機能しない。回避策: SSL を無効にする、あるいは詳細オプションの証明書タブの「OCSP レスポンダーサーバーに問い合わせて証明書の現在の正当性を確認する」オプションを無効にする

Thunderbird 68.2.2 で修正された全ての問題は Mozilla.org bugs fixes (英語) を参照されたい。

その他、Thunderbird 68.2.2 についての一般的な情報は Thunderbird 68.2.2 リリースノート を参照いただきたい。

アップデート及びシステム要件

Thunderbird 68.2.2 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、50 以上の言語に対応した各国語版は 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。

Thunderbird 68.2.2 の利用に必要なシステム要件については、Thunderbird 68.2.2 システム要件 を参照されたい。

ダウンロード:
thunderbird.net
リリースノート:
Thunderbird 68.2.2 リリースノート

修正されたバグ:
Bug Fixes (英語)

Thunderbird 68.2.1 がリリースされた


Thunderbird

Thunderbird コミュニティは米国時間 2019 年 10 月 31 日、バージョン 68.2.0 リリース後に明らかとなった不具合を修正した Thunderbird 68.2.1 をリリースした。

Thunderbird 68.2.1 では、Thunderbird 60 からの自動アップグレードが行われる。 カレンダーアドオンである Lightning をインストールしている場合、こちらも新しい Thunderbird に適合したバージョンへの自動アップデートが行われる。Lightning に関して問題が発生した場合には、トラブルシューティング記事 を参照されたい。

Thunderbird 68.2.1 での新機能や改良点は次のとおり。

新機能及び改良点

新機能
ユーザーインターフェイスの表示言語を詳細設定から選択できるようになった (多言語 UI)
修正
Google 認証 (OAuth2) に関する問題を修正
修正
いくつかの環境において、スレッドペイン中の選択されたあるいは未読のメッセージが正しい色で表示されない問題を修正
修正
言語パックの利用時に、標準フォルダーの名前がローカライズされない問題を修正
修正
アドレス帳の既定のフォルダーに関する設定が維持されない問題を修正
修正
外観上の問題を修正: メッセージフィルターの編集の高さが十分ではない、フォルダーの場所のウィジェットにおいてフォルダー名が表示されない、メニューバーのカスタムにおける問題、アドオンのホームページへのリンク、Windows 7 におけるテーマ
修正
チャット: インスタントメッセージのステータスダイアログのコンテキストメニューの展開に関する問題を修正 (アカウントの表示)

既知の問題

未解決
64 ビット版の Thunderbird をバージョン 60 から 68 にアップグレードすると、新しいプロファイルが作成されてしまう。回避策: トラブルシューティング情報から about:profile を訪れ、正しいプロファイルを指定する
未解決
バージョン 60 から 68 にアップグレードのプロセス中に、アドオンが自動的にアップデートされない。アドオンの更新を確認するとアップデートされる。アドオンマネージャーあるいは addons.thunderbird.net からバージョン 68 に適合するバージョンのアドオンを再インストールすることはもちろん可能である
未解決
SSL が有効な場合に LDAP 検索が機能しない。回避策: SSL を無効にする、あるいは詳細オプションの証明書タブの「OCSP レスポンダーサーバーに問い合わせて証明書の現在の正当性を確認する」オプションを無効にする

Thunderbird 68.2.1 で修正された全ての問題は Mozilla.org bugs fixes (英語) を参照されたい。

その他、Thunderbird 68.2.1 についての一般的な情報は Thunderbird 68.2.1 リリースノート を参照いただきたい。

アップデート及びシステム要件

Thunderbird 68.2.1 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、50 以上の言語に対応した各国語版は 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。

Thunderbird 68.2.1 の利用に必要なシステム要件については、Thunderbird 68.2.1 システム要件 を参照されたい。

ダウンロード:
thunderbird.net
リリースノート:
Thunderbird 68.2.1 リリースノート

修正されたバグ:
Bug Fixes (英語)

Firefox 70.0.1 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2019 年 10 月 31 日、デスクトップ版バージョン 70.0 リリース後に明らかとなった不具合を修正した Firefox 70.0.1 をリリースした。Firefox for Android 68.2.0 および Firefox ESR 68.2.0 はこの問題の影響を受けない。

修正
動的 JavaScript を利用する一部のウェブサイトあるいは要素の読み込みに失敗する問題を修正 (Bug 1592136)
修正
macOS 10.15 ユーザー向けの OpenH264 プラグインの更新 (Bug 1587543)
修正
フルスクリーン表示でタイトルバーが表示されない問題を修正 (Bug 1588747)
変更
macOS 10.15 ユーザー向けの OpenH264 プラグインのバージョンの引き上げ (Bug 1587543)

Firefox 70.0.1 についての一般的な情報はリリースノートを参照されたい。

Firefox 70.0.1 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、85 以上の言語に対応した各国語版は 次世代ブラウザ Firefox – 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。また、Windows、Mac OS X、Linux 版の既存の Firefox ユーザには自動アップデート経由でアップデートが提供されるが、手動でアップデートすることも可能だ。

ダウンロード:
Mozilla
リリースノート:
Firefox 70.0.1 リリースノート
修正されたバグ:
Complete list of changes in the Firefox 70.0.1 (英語)

Thunderbird 68.2.0 がリリースされた


Thunderbird

Thunderbird コミュニティは米国時間 2019 年 10 月 22 日、新機能の追加及び安定性の問題を修正した Thunderbird のマイナーアップデート版である Thunderbird 68.2.0 をリリースした。

Thunderbird 68.2.0 は Firefox 68 と同じレンダリングエンジンを搭載しており、バックエンドも Firefox ESR 68.2 相当となっている。

Thunderbird 68.2.0 では、事前の予告通りに Thunderbird 60 からの自動アップグレードが行われる。カレンダーアドオンである Lightning をインストールしている場合、こちらも新しい Thunderbird に適合したバージョンへの自動アップデートが行われる。 Lightning に関して問題が発生した場合には、トラブルシューティング記事 を参照されたい。

Thunderbird 68.2.0 での新機能や改良点は次のとおり。

新機能及び改良点

新機能
メッセージの表示のための WebExtension API
新機能
メッセージの検索のための WebExtension API
修正
ダークテーマにおける未読メッセージの表示の改善
修正
メーリングリストの編集における複数の問題の修正
修正
macOS の Notarization への対応後、アドレス帳および通知との統合が機能していなかった問題を修正
修正
再起動後にアプリケーションのウインドウサイズが維持されない問題を修正
修正
32 ビット版から 64 ビット版へアップグレードする際の問題を修正。既存のプロファイルが認識されない場合、「トラブルシューティング情報」の about:profiles から、既定のプロファイルを指定してほしい

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 9 件、重要度区分において 最高 1 件、 3 件、 5 件5が修正されている。

CVE-2019-15903
Heap overflow in expat library in XML_GetCurrentLineNumber
CVE-2019-11757
Use-after-free when creating index updates in IndexedDB
CVE-2019-11758
Potentially exploitable crash due to 360 Total Security
CVE-2019-11759
Stack buffer overflow in HKDF output
CVE-2019-11760
Stack buffer overflow in WebRTC networking
CVE-2019-11761
Unintended access to a privileged JSONView object
CVE-2019-11762
document.domain-based origin isolation has same-origin-property violation
CVE-2019-11763
Incorrect HTML parsing results in XSS bypass technique
CVE-2019-11764
Memory safety bugs fixed in Thunderbird 68.2

既知の問題

未解決
言語パックの利用時に、標準フォルダーの名前がローカライズされない (バージョン 68.2.1 で修正予定)
未解決
SSL が有効な場合に LDAP 検索が機能しない。回避策: SSL を無効にする、あるいは詳細オプションの証明書タブの「OCSP レスポンダーサーバーに問い合わせて証明書の現在の正当性を確認する」オプションを無効にする

Thunderbird 68.2.0 で修正された全ての問題は Mozilla.org bugs fixes (英語) を参照されたい。

その他、Thunderbird 68.2.0 についての一般的な情報は Thunderbird 68.2.0 リリースノート を参照いただきたい。

アップデート及びシステム要件

Thunderbird 68.2.0 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、50 以上の言語に対応した各国語版は 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。既存の Thunderbird 60 のユーザには自動アップデート経由で通知されるが、ヘルプメニューの “Thunderbird について” より手動でアップデートすることも可能だ。

Thunderbird 68.2.0 の利用に必要なシステム要件については、Thunderbird 68.2.0 システム要件 を参照されたい。

ダウンロード:
thunderbird.net
リリースノート:
Thunderbird 68.2.0 リリースノート
セキュリティアドバイザリ:
MFSA 2019-35
修正されたバグ:
Bug Fixes (英語)

Firefox for Android 68.2 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2019 年 10 月 22 日、安定性及びセキュリティ問題を修正を含む Android 向け Firefox のメジャーアップデート版である Firefox for Android 68.2 をリリースした。

Firefox for Android 68.2 での新機能や改良点、セキュリティ修正、既知の問題は次のとおり。

新機能及び改良点

新機能
Firefox アカウントに、新しいタブからだけでなく新規インストール直後からサインインできるようになった
修正
「ようこそ」画面でクラッシュする問題を修正

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 9 件、重要度区分において 最高 1 件、 3 件、 5 件が修正されている。

CVE-2019-15903
Heap overflow in expat library in XML_GetCurrentLineNumber
CVE-2019-11757
Use-after-free when creating index updates in IndexedDB
CVE-2019-11758
Potentially exploitable crash due to 360 Total Security
CVE-2019-11759
Stack buffer overflow in HKDF output
CVE-2019-11760
Stack buffer overflow in WebRTC networking
CVE-2019-11761
Unintended access to a privileged JSONView object
CVE-2019-11762
document.domain-based origin isolation has same-origin-property violation
CVE-2019-11763
Incorrect HTML parsing results in XSS bypass technique
CVE-2019-11764
Memory safety bugs fixed in Firefox 70 and Firefox ESR 68.2


Firefox for Android 68.2 で修正された全ての問題は Mozilla.org bugs fixes (英語) を、Firefox for Android 68.2 についての一般的な情報は リリースノート を、開発者向けの情報は MDN を参照されたい。

Firefox for Android 68.2 は Google Play からダウンロード可能となっている。また、既存の Firefox for Android のユーザには Google Play 経由でアップデートが提供される。

ダウンロード:
Mozilla, Google Play
リリースノート:
Firefox for Android 68.2 リリースノート
セキュリティアドバイザリ:
MFSA 2019-33
修正されたバグ:
Complete list of changes in the Firefox for Android 68.2 (英語)