MozillaZine.jp

Mozilla 関連情報の提供、啓蒙活動を行っているオンラインマガジン「MozillaZine」の日本語訳を提供しています。
リリース版 | Firefox 79.0 ESR 68.11.0/78.1.0 Android 68.11.0/79.0.3 Focus 8.5.1 iOS 28.0 | Thunderbird 68.11.0/78.1.1 | SeaMonkey 2.53.3 |
プレビュー版 | Firefox Nightly Developer Edition Beta Android Nightly Beta | Thunderbird Beta | SeaMonkey Beta |
相互サポート | Firefox | Thunderbird | SeaMonkey | Lightning | Android | Firefox OS | iOS

Thunderbird 78.1.1 がリリースされた


Thunderbird

Mozilla は米国時間 2020 年 8 月 6 日、新機能の追加及び安定性の問題を修正した Thunderbird のマイナーアップデート版である Thunderbird 78.1.1 をリリースした。

Thunderbird 78.1.1 は Firefox ESR 78 と同じレンダリングエンジンを搭載しており、バックエンドも Firefox ESR 78.1 相当となっている。

Thunderbird 78 は、thunderbird.net からの直接ダウンロードによってのみ提供され、Thunderbird 68 およびそれ以前のバージョンからの自動アップグレードは行われない。今後リリースされるバージョンにおいて、自動アップグレードが行われる予定である。

Thunderbird 78.0 より、アドオンのサポートについて大きな変更が行われている。Firefox と同様、旧式のアドオンのサポートが終了し、MailExtension 形式のみのサポートとなる。現在利用中のアドオンが更新されているか確認されたい。

Enigmail を利用中のユーザーは、現時点では Thunderbird 78.1 へ更新するべきではない。Thunderbird 78.1 において OpenPGP 機能の実装は完了したが、さらなるテスト・修正・ローカライズのため、バージョン 78.1.1 の時点では既定では無効化されている。自動アップグレードの開始までは、68.x 系列の利用を継続することが推奨される。テスト目的での OpenPGP 機能の有効化については こちらの記事 を参照されたい。

Thunderbird 78.1.1 での新機能や改良点は次のとおり。

新機能及び改良点

変更
システムライブラリにリンクした OpenPGP 共有ライブラリのビルドをサポート
変更
MailExtension のエラーが開発ツールのコンソールに表示されるようになった
変更
MailExtensions: カレンダープロバイダーの動的な登録をサポート
修正
OpenPGP 実装の改良
修正
Thunderbird 68 からのアップグレード後、メッセージのプレビューが空白になることがある問題を修正
修正
リモートコンテンツのホワイトリストに追加したメールアドレスが設定に表示されない問題を修正
修正
SeaMonkey からのデータのインポートが機能しない問題を修正
修正
メールリストの改名がサイドバーに反映されない問題を修正
修正
MailExtensions: messenger.* 名前空間が定義されていない問題を修正

既知の問題

未解決
メールヘッダーのツールバー (返信、転送、アーカイブ、迷惑メールのボタン) がカスタマイズできない
未解決
メッセージ作成ウインドウで固定幅フォントを利用できない

Thunderbird 78.1.1 で修正された全ての問題は Mozilla.org bugs fixes (英語) を参照されたい。

その他、Thunderbird 78.1.1 についての一般的な情報は Thunderbird 78.1.1 リリースノート を参照いただきたい。

アップデート及びシステム要件

Thunderbird 78.1.1 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、50 以上の言語に対応した各国語版は 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。

Thunderbird 78.1.1 の利用に必要なシステム要件については、Thunderbird 78.1.1 システム要件 を参照されたい。Firefox 78 と同様 Linux における最低システム要件が変更されており、GNU libc 2.17, libstdc++ 4.8.1, GTK+ 3.14 以降が必要となる (バージョン 68 までは GNU libc 2.17, libstdc++ 4.7 以降であった)。

ダウンロード:
Mozilla
リリースノート:
Thunderbird 78.1.1 リリースノート
修正されたバグ:
Bug Fixes (英語)

新しい Android 版 Firefox の段階的な展開が開始された


Firefox

Mozilla は 2020 年 7 月下旬より、刷新された Android 版 Firefox (バージョン 79) の一般利用者向けの段階的な展開を開始した。

現時点では、以下の国の Android 版 Firefox ユーザーに対して展開が開始されている (Bug 165548 参照)。

バージョン 79.0
南アフリカ、ウクライナ、ニュージーランド、ブルガリア、ノルウェー、フィリピン (6 か国、7/28)
バージョン 79.0.2
上記 6 か国に加えて、スロバキア、デンマーク、コロンビア、サウジアラビア、ベトナム、ポルトガル、ルーマニア、アルゼンチン (8 か国追加で計 14 か国、8/4)
ハンガリー、スイス、チェコ、アラブ首長国連邦、フィンランド、台湾、エジプト、タイ、トルコ、韓国、スウェーデン、ギリシャ、ベルギー (さらに 13 か国追加で計 27 か国、8/6)
バージョン 79.0.3
上記 27 か国 (8/11)

何が変わったのか?

このリリースは、従来の Gecko レンダリングエンジンを搭載した現行バージョン (コードネーム Fennec) に代わり、Gecko レンダリングエンジンを Android 向けにパッケージ化した GeckoView エンジンと Android コンポーネント、新しいアーキテクチャ、コードベースに基づくものである。現行の Firefox 68 と並行して、Firefox Preview (コードネーム Fenix) として開発が続けられてきた。

強化型トラッキング防止、コレクション のような新しい機能や、ダークモードやツールバーを画面の上下に移動する機能のようなカスタマイズオプションが追加され、これまでよりも素早い改善とアップデートが提供される。

アップグレードの条件

新しい Firefox へアップグレードされるのは以下の条件を満たす場合である。ユーザーが特別な操作を行わなくても、今後 2 か月程度のうちに自動的にアップグレードが提供される。

  • Android 版 Firefox のアプリの自動更新が有効化されている
  • Android 5 以上
  • Android 版 Firefox バージョン 59 以上

古いバージョンの Android 版 Firefox (59 以前) の場合、アップグレードは提供されない。古いバージョンの Android の場合、OS をアップグレードするか、新しい Android OS をサポートする端末を入手して新しいブラウザーを使用する必要がある。

移行される項目

  • 開いているタブ
  • 履歴
  • ブックマーク
  • Firefox アカウント (ログイン情報が新しいブラウザーに移行される)
  • Cookie と一部のブラウザーキャッシュ
  • トップサイト
  • ログイン情報 (マスターパスワードを無効化している場合のみ)
  • アドオン
  • 既定の検索エンジン (カスタム検索エンジンは手動でセットアップする必要がある。この記事 を参照されたい)

アップグレードした後はどうなる?

より優れたパフォーマンスとセキュリティに加え、古い Android 版 Firefox で使用していたいくつかの機能と、新しい Firefox でのみ利用できる新しい機能を使用できるようになる。Pocket ストーリー は、アップグレード後に利用できるようになる。

アップデートされた Firefox のリリースサイクルは高速で、新しい機能を素早く簡単に入手できる。現在利用できる機能は以下の通り:

その他の機能についての詳細は、ナレッジベース を参照されたい。

アドオン

現状では、新しい Firefox に導入できるアドオンはごく一部のものに限られている。現在利用できるアドオンは以下の通り:

  • uBlock Origin
  • Dark Reader
  • HTTPS Everywhere
  • Privacy Badger
  • NoScript Security Suite
  • Decentraleyes
  • Search by Image
  • YouTube High Definition
  • Privacy Possum

サポート

新しい Firefox のサポートに関しては、以下の記事を参照されたい:

Thunderbird 78.1.0 がリリースされた


Thunderbird

Mozilla は米国時間 2020 年 7 月 30 日、新機能の追加及び安定性の問題を修正した Thunderbird のマイナーアップデート版である Thunderbird 78.1.0 をリリースした。

Thunderbird 78.1.0 は Firefox ESR 78 と同じレンダリングエンジンを搭載しており、バックエンドも Firefox ESR 78.1 相当となっている。

Thunderbird 78 は、thunderbird.net からの直接ダウンロードによってのみ提供され、Thunderbird 68 およびそれ以前のバージョンからの自動アップグレードは行われない。今後リリースされるバージョンにおいて、自動アップグレードが行われる予定である。

Thunderbird 78.0 より、アドオンのサポートについて大きな変更が行われている。Firefox と同様、旧式のアドオンのサポートが終了し、MailExtension 形式のみのサポートとなる。現在利用中のアドオンが更新されているか確認されたい。

Enigmail を利用中のユーザーは、現時点では Thunderbird 78.1 へ更新するべきではない。Thunderbird 78.1 において OpenPGP 機能の実装は完了したが、さらなるテスト・修正・ローカライズのため、バージョン 78.1.0 の時点では既定では無効化されている。自動アップグレードの開始までは、68.x 系列の利用を継続することが推奨される。テスト目的での OpenPGP 機能の有効化については こちらの記事 を参照されたい。

Thunderbird 78.1.0 での新機能や改良点は次のとおり。

新機能及び改良点

新機能
OpenPGP 機能の実装を完了: 新しい鍵ウィザード、OpenPGP 鍵のオンライン検索など
新機能
設定タブに検索フィールドを追加
変更
メッセージリーダーにおける暗い背景を無効化
修正
多くのメッセージフォルダーの色をカスタマイズしていると Thunderbird の起動が遅くなる問題を修正。この修正に伴い、これまでの色の設定は破棄される
修正
ステータスバー上のメールクォータの使用量表示がテラバイトをサポートしていない問題を修正
修正
迷惑メールの設定のキーボードトグルによる変更が正しく機能しない問題を修正
修正
IMAP サーバー設定の詳細が保存されない問題を修正
修正
アドレス帳の移行に関する更新と修正
修正
アドレス帳: 最終更新日時が更新されない問題を修正
修正
ダークモードの改善

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 10 件、重要度区分において 4 件、 3 件、 3 件が修正されている。

CVE-2020-15652
Potential leak of redirect targets when loading scripts in a worker
CVE-2020-6514
WebRTC data channel leaks internal address to peer
CVE-2020-15655
Extension APIs could be used to bypass Same-Origin Policy
CVE-2020-15653
Bypassing iframe sandbox when allowing popups
CVE-2020-6463
Use-after-free in ANGLE gl::Texture::onUnbindAsSamplerTexture
CVE-2020-15656
Type confusion for special arguments in IonMonkey
CVE-2020-15658
Overriding file type when saving to disk
CVE-2020-15657
DLL hijacking due to incorrect loading path
CVE-2020-15654
Custom cursor can overlay user interface
CVE-2020-15659
Memory safety bugs fixed in Thunderbird 78.1

既知の問題

未解決
メールヘッダーのツールバー (返信、転送、アーカイブ、迷惑メールのボタン) がカスタマイズできない
未解決
メッセージ作成ウインドウで固定幅フォントを利用できない

Thunderbird 78.1.0 で修正された全ての問題は Mozilla.org bugs fixes (英語) を参照されたい。

その他、Thunderbird 78.1.0 についての一般的な情報は Thunderbird 78.1.0 リリースノート を参照いただきたい。

アップデート及びシステム要件

Thunderbird 78.1.0 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、50 以上の言語に対応した各国語版は 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。

Thunderbird 78.1.0 の利用に必要なシステム要件については、Thunderbird 78.1.0 システム要件 を参照されたい。Firefox 78 と同様 Linux における最低システム要件が変更されており、GNU libc 2.17, libstdc++ 4.8.1, GTK+ 3.14 以降が必要となる (バージョン 68 までは GNU libc 2.17, libstdc++ 4.7 以降であった)。

ダウンロード:
Mozilla
リリースノート:
Thunderbird 78.1.0 リリースノート
セキュリティアドバイザリ:
MFSA 2019-33
修正されたバグ:
Bug Fixes (英語)

Thunderbird 68.11 がリリースされた


Thunderbird

Thunderbird コミュニティは米国時間 2020 年 7 月 30 日、新機能の追加及び安定性の問題を修正した Thunderbird のマイナーアップデート版である Thunderbird 68.11.0 をリリースした。

Thunderbird 68.11.0 は Firefox 68 と同じレンダリングエンジンを搭載しており、バックエンドも Firefox ESR 68.11 相当となっている。

Thunderbird 68.11.0 での新機能や改良点は次のとおり。

新機能及び改良点

修正
ネットワークドライブからのドラッグ & ドロップによって FileLink として添付ファイルを追加すると、リンクとファイルとして追加される問題を修正

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 4 件、重要度区分において 3 件、 1 件が修正されている。

CVE-2020-15652
Potential leak of redirect targets when loading scripts in a worker
CVE-2020-6514
WebRTC data channel leaks internal address to peer
CVE-2020-6463
Use-after-free in ANGLE gl::Texture::onUnbindAsSamplerTexture
CVE-2020-15659
Memory safety bugs fixed in Thunderbird 68.11


Thunderbird 68.11.0 で修正された全ての問題は Mozilla.org bugs fixes (英語) を参照されたい。

その他、Thunderbird 68.11.0 についての一般的な情報は Thunderbird 68.11.0 リリースノート を参照いただきたい。

アップデート及びシステム要件

Thunderbird 68.11.0 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、50 以上の言語に対応した各国語版は 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。既存の Thunderbird 60 以降のユーザには自動アップデート経由で通知されるが、ヘルプメニューの “Thunderbird について” より手動でアップデートすることも可能だ。

Thunderbird 68.11.0 の利用に必要なシステム要件については、Thunderbird 68.11.0 システム要件 を参照されたい。

ダウンロード:
thunderbird.net
リリースノート:
Thunderbird 68.11.0 リリースノート
セキュリティアドバイザリ:
MFSA 2020-35
修正されたバグ:
Bug Fixes (英語)

Firefox for Android 68.11 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2020 年 7 月 28 日、安定性及びセキュリティ問題を修正を含む Android 向け Firefox のマイナーアップデート版である Firefox for Android 68.11 をリリースした。

本リリースは現行バージョンの Android 版 Firefox (コードネーム Fennec) の最終版となり、今後セキュリティ修正やバグ修正は行われない。従来の Gecko レンダリングエンジンを Android 向けにパッケージ化した GeckoView エンジンと刷新された UI を搭載した新しい Firefox (コードネーム Fenix) が、今後数週間のうちに Android 5.0 以降を対象に公開される予定である。

Firefox for Android 68.11 での新機能や改良点、セキュリティ修正、既知の問題は次のとおり。

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 4 件、重要度区分において 3 件、 1 件が修正されている。

CVE-2020-15652
Potential leak of redirect targets when loading scripts in a worker
CVE-2020-6514
WebRTC data channel leaks internal address to peer
CVE-2020-6463
Use-after-free in ANGLE gl::Texture::onUnbindAsSamplerTexture
CVE-2020-15659
Memory safety bugs fixed in Firefox 79 and Firefox ESR 68.11


Firefox for Android 68.11 で修正された全ての問題は Mozilla.org bugs fixes (英語) を、Firefox for Android 68.11 についての一般的な情報は リリースノート を、開発者向けの情報は MDN を参照されたい。

Firefox for Android 68.11 は Google Play からダウンロード可能となっている。また、既存の Firefox for Android のユーザには Google Play 経由でアップデートが提供される。

ダウンロード:
Mozilla, Google Play
リリースノート:
Firefox for Android 68.11 リリースノート
セキュリティアドバイザリ:
MFSA 2020-31
修正されたバグ:
Complete list of changes in the Firefox for Android 68.11 (英語)

Firefox 79 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2020 年 7 月 28 日、安定性及びセキュリティ問題の修正を含む Firefox のメジャーアップデート版である Firefox 79.0 をリリースした。延長サポート版である Firefox ESR もバージョン 78.1.0 および 68.11.0 にアップデートされている。

Firefox 79 は macOS バージョン 10.9, 10.10, 10.11 をサポートしない。これらのバージョンの macOS を利用している場合には、延長サポート版 (ESR) 78.x が来年まで継続してリリースされるためそちらへ移行されたい。

Firefox 79.0 での新機能や改良点、セキュリティ修正、既知の問題は次のとおり。

新機能及び改良点

新機能
WebRender が AMD GPU 搭載のバッテリー環境の Windows ユーザーで利用可能となった
新機能
Pocket からのおすすめ がドイツの利用者に表示されるようになった。新しいタブに Pocket の記事が表示されない場合は サポート記事 を参照されたい
修正
JAWS スクリーンリーダー使用時に頻繁にクラッシュするなど、スクリーンリーダー使用時のクラッシュに関する複数の問題が修正された
修正
スクリーンリーダー使用時に、開発者ツールのいくつかのツールにアクセスできない問題を修正
修正
スクリーンリーダーなどに対して、SVG の title および desc 要素 (ラベルおよび詳細) が適切に展開されるようになった
Enterprise
エンタープライズ用途向けの詳細は Firefox for Enterprise 79 リリースノート を参照されたい
Enterprise
Updates to the パスワードポリシー が更新され、管理者がユーザーに対してマスターパスワードを強制することが可能となった。これまでは、マスターパスワードを無効化することは可能だったが強制することはできなかった。このポリシーによりマスターパスワードを強制されたユーザーは、パスワードを保存しようとしたときにマスターパスワードの設定を求められる
開発者
非同期コールスタック が追加され、非同期コードの追跡が可能となった。非同期実行チェーンはデバッガーのコールスタックに表示されるだけでなく、コンソールエラーとネットワークパネルの「初期化」列に表示される
開発者
ステータスコード 4xx/5xx を伴う誤ったネットワーク応答が コンソールにエラーとして表示されるようになった
開発者
JavaScript エラーがコンソールだけでなくデバッガーにも表示されるようになった。関連する行がハイライト表示されるほか、ホバーでエラーの詳細が表示される
開発者
インスペクターから SCSS および CSS-in-JS のソースを開く際に、すべてのパネルを跨いだソースマップハンドリングを反映するようになった
開発者
すべての利用者に対して アクセシビリティプロパティの調査 がブラウザーのコンテキストメニューから可能となった

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 10 件、重要度区分において 4 件、 3 件、 3 件が修正されている。

CVE-2020-15652
Potential leak of redirect targets when loading scripts in a worker
CVE-2020-6514
WebRTC data channel leaks internal address to peer
CVE-2020-15655
Extension APIs could be used to bypass Same-Origin Policy
CVE-2020-15653
Bypassing iframe sandbox when allowing popups
CVE-2020-6463
Use-after-free in ANGLE gl::Texture::onUnbindAsSamplerTexture
CVE-2020-15656
Type confusion for special arguments in IonMonkey
CVE-2020-15658
Overriding file type when saving to disk
CVE-2020-15657
DLL hijacking due to incorrect loading path
CVE-2020-15654
Custom cursor can overlay user interface
CVE-2020-15659
Memory safety bugs fixed in Firefox 79


Firefox 79.0 で修正された全ての問題は Mozilla.org bugs fixes (英語) を、一般的な情報は リリースノート を、開発者向けの情報は MDN および Mozilla Developer YouTube チャネル を参照されたい。

アップデート及びシステム要件

Firefox 79.0 は Windows, Mac そして Linux 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、80 以上の言語に対応した各国語版は 次世代ブラウザ Firefox – 各国語版のダウンロード よりダウンロード可能となっている。また、既存の Firefox 4 以降のユーザには自動アップデート経由で通知されるが、Firefox メニューの “Firefox について” より手動でアップデートすることも可能だ。
Firefox 79.0 の利用に必要なシステム要件については、Firefox 79 システム要件 を参照されたい。macOS における OS 要件および Linux におけるシステム要件の変更に注意されたい。

ダウンロード:
79.0, ESR 78.1.0, ESR 68.11.0
リリースノート:
79.0, ESR 78.1.0, ESR 68.11.0
セキュリティアドバイザリ:
MFSA 2020-30 (79.0), MFSA 2020-32 (ESR 78.1.0), MFSA 2020-31 (ESR 68.11.0)
修正されたバグ:
79.0, ESR 78.1.0, ESR 68.11.0 (英語)

Thunderbird 78.0.1 がリリースされた


Thunderbird

Thunderbird コミュニティは米国時間 2020 年 7 月 21 日、新機能の追加及び安定性の問題を修正した Thunderbird 78 のマイナーアップデート版である Thunderbird 78.0.1 をリリースした。

Thunderbird 78.0.1 は Firefox 78 と同じレンダリングエンジンを搭載しており、バックエンドも Firefox ESR 78 相当となっている。

Thunderbird 78.0.1 は、thunderbird.net からの直接ダウンロードによってのみ提供され、Thunderbird 68 およびそれ以前のバージョンからの自動アップグレードは行われない。今後リリースされるバージョンにおいて、自動アップグレードが行われる予定である。

本リリースから、アドオンのサポートについて大きな変更が行われている。Firefox と同様、旧式のアドオンのサポートが終了し、MailExtension 形式のみのサポートとなる。現在利用中のアドオンが更新されているか確認されたい。

Enigmail を利用中のユーザーは、現時点では Thunderbird 78 へ更新するべきではない。Thunderbird 78 では Enigmail のサポートは終了し、Thunderbird 本体に OpenPGP 機能が追加される。しかし、バージョン 78.0.1 の時点ではその実装は完全ではなく既定では無効化されているため、バージョン 78.0.1 に更新するとメッセージの暗号化・署名機能を利用することができなくなる。自動アップグレードの開始までは、68.x 系列の利用を継続することが推奨される。テスト目的での OpenPGP 機能の有効化については こちらの記事 を参照されたい。

Thunderbird 78.0.1 での新機能や改良点は次のとおり。

新機能及び改良点

新機能
OpenPGP: 鍵の失効、有効期限の延長、秘密鍵のバックアップをサポート
修正
macOS: Finder へ複数の添付ファイルをドラッグ & ドロップしたときに重複したファイルが作成される問題を修正
修正
ファセット検索の日時と関連性に関する設定が保存されない問題を修正
修正
ネットワークドライブからのドラッグ & ドロップによって FileLink として添付ファイルを追加すると、リンクとファイルとして追加される問題を修正
修正
「Thunderbird について」ダイアログのキーボードショートカットが機能しない問題を修正
修正
CC に追加された受信者が、ヘッダーペイン中で正しく表示されないことがある問題を修正
修正
LDAP サーバーを併用していると、連絡先のサイドバー内でのインクリメンタル検索でローカルの連絡先が表示されないことがある問題を修正
修正
連絡先を削除すると、連絡先のサイドバー内での検索結果が消去される問題を修正
修正
OpenPGP: 長い Armor ヘッダー行を含むメッセージが表示されない問題を修正
修正
OpenPGP: UTF-8 以外のテキストを含むメッセージをサポートしていなかった問題を修正
修正
UI とテーマに関する多くの修正
修正
チャット: 参加者一覧にオペレーターのフラグが表示されない問題を修正


Thunderbird 78.0.1 で修正された全ての問題は Mozilla.org bugs fixes (英語) を参照されたい。

その他、Thunderbird 78.0.1 についての一般的な情報は Thunderbird 78.0.1 リリースノート を参照いただきたい。

アップデート及びシステム要件

Thunderbird 78.0.1 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、50 以上の言語に対応した各国語版は 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。

Thunderbird 78.0.1 の利用に必要なシステム要件については、Thunderbird 78.0.1 システム要件 を参照されたい。Firefox 78 と同様 Linux における最低システム要件が変更されており、Thunderbird 78 より GNU libc 2.17, libstdc++ 4.8.1, GTK+ 3.14 以降が必要となる (バージョン 68 までは GNU libc 2.17, libstdc++ 4.7 以降であった)。

ダウンロード:
Mozilla
リリースノート:
Thunderbird 78.0.1 リリースノート
修正されたバグ:
Bug Fixes (英語)

Thunderbird 78.0 がリリースされた


Thunderbird

Mozilla は米国時間 2020 年 7 月 17 日、新機能の追加及び安定性の問題を修正した Thunderbird のメジャーアップデート版である Thunderbird 78.0 をリリースした。

Thunderbird 78.0 は Firefox 78 と同じレンダリングエンジンを搭載しており、バックエンドも Firefox ESR 78 相当となっている。

Thunderbird 78 は、thunderbird.net からの直接ダウンロードによってのみ提供され、Thunderbird 68 およびそれ以前のバージョンからの自動アップグレードは行われない。今後リリースされるバージョンにおいて、自動アップグレードが行われる予定である。

本リリースから、アドオンのサポートについて大きな変更が行われている。Firefox と同様、旧式のアドオンのサポートが終了し、MailExtension 形式のみのサポートとなる。現在利用中のアドオンが更新されているか確認されたい。

Enigmail を利用中のユーザーは、現時点では Thunderbird 78 へ更新するべきではない。Thunderbird 78 では Enigmail のサポートは終了し、Thunderbird 本体に OpenPGP 機能が追加される。しかし、バージョン 78.0 の時点ではその実装は完全ではなく既定では無効化されているため、バージョン 78.0 に更新するとメッセージの暗号化・署名機能を利用することができなくなる。自動アップグレードの開始までは、68.x 系列の利用を継続することが推奨される。テスト目的での OpenPGP 機能の有効化については こちらの記事 を参照されたい。

Thunderbird 78.0 での新機能や改良点は次のとおり。

新機能及び改良点

新機能
集中化されたアカウントセットアップのための新しいアカウントハブ
新機能
再デザインされたアドレスフィールド。これまでのアドレスごとに一行ずつ必要だったものから、複数のアドレスを一行にまとめて入力できるようになった。今後も改善が予定されている
新機能
フォルダーペインアイコンの色のカスタマイズ
新機能
従来の選択方法に代わり、選択ボックスからメッセージを選択できるようになった。スレッドペインのピッカーから「メッセージを選択」カラムを選択する必要がある
新機能
スレッドペインにおいて「メッセージを削除」を行えるようになった。スレッドペインのピッカーから「メッセージを選択」カラムを選択する必要がある
新機能
アドオンマネージャー上でテーマのプレビューが可能となった
新機能
Windows: タスクトレイへの最小化が可能となった
新機能
匿名化したメッセージ日時ヘッダーのための新しい設定オプション
新機能
アプリケーションメニューへのグローバル検索メニューアイテムの追加
新機能
新しいエンタープライズポリシー
新機能
カレンダー: -file コマンドラインオプションにおける ICS 形式でのインポートのサポート
新機能
カレンダー: ICS インポートダイアログでのイベントプレビュー
新機能
チャット: OTR メッセージのサポート
新機能
チャット: IRC エコーメッセージ
変更
アドオン: 旧式のアドオン (再起動不要、必要を問わず XUL オーバーレイを利用するもの) のサポートが終了し、MailExtension および MailExtension Experiments 形式のみのサポートとなる
変更
Linux における 最低システム要件 が変更された。本リリースより GNU libc 2.17, libstdc++ 4.8.1, GTK+ 3.14 以降が必要となる (バージョン 68 までは GNU libc 2.17, libstdc++ 4.7 以降であった)
変更
オプション/設定タブの新しいインターフェイスによる再デザイン
変更
アカウント作成ダイアログの新しいインターフェイスによる再デザイン
変更
アカウントマネージャーがタブに移動された
変更
新しいインターフェイスと通知によるアドオンマネージャー
変更
メッセージのコンテキストメニューの「メッセージを移動」「メッセージをコピー」における「使用履歴」フォルダーリストの改善
変更
グローバル検索結果タブの UI の改善
変更
タブで表示されたウェブページのロケーションバーの改善
変更
Thunderbird 全体でのサイズ可変アイコンの採用。これにより高 DPI 環境およびダークモードのサポートが改善される
変更
保存されたログイン情報の表示の際に OS のアカウントパスワードを尋ねるようになった
変更
将来の改善に備え、アドレス帳が SQLite データベースに保存されるようになった。既存の MAB 形式 (Mork データベース) のアドレス帳は自動的に変換される予定
変更
vCard 3.0 および 4.0 サポートのための新しいパーサー、フォーマッター
変更
テーマおよびダークモードにおける多くの改善
変更
外観と操作感の改善
変更
フォルダーの最適化ダイアログの改善
変更
グラフィックのハードウェアアクセラレーションが既定で有効化された
変更
TLS 1.0 および 1.1 が既定で無効化 された
変更
カレンダー: カレンダーアドオンである Lightning が Thunderbird に統合された
変更
カレンダー: Lightning のバージョンが Thunderbird のユーザーエージェント文字列に含まれなくなった
変更
カレンダー: Web Calendar Access Protocol (WCAP) のサポートを除去
変更
カレンダー: ストレージへのアクセスが非同期となり、パフォーマンスが向上
変更
カレンダー: 「場所」の URL がクリック可能となった
変更
アドオン開発者向け: MailExtensions API の更新および拡張 (詳細)
修正
パスワード表示のためのフォントに読みにくい文字が含まれている問題を修正
修正
IMAP フォルダーからローカルフォルダーにメッセージをコピーするときに、オフラインストアが利用されない問題を修正
修正
セーフモードにおいて、ヘルプメニューに「アドオンを有効にして再起動」アイテムが表示されない問題を修正
修正
メールボックスのクォータが正しく表示されない問題を修正
修正
メッセージの作成時に画像が回転されない問題を修正
修正
メッセージ作成時にメールアドレスが正しく表示されないことがある問題を修正
修正
アクセシビリティに関する多くの修正と改善: メッセージ作成ウインドウ、アカウントセットアップ、添付ファイルペイン
修正
メールボックスのフォーマット変換に関する問題を修正
修正
アドレス帳の改善: エクスポート、連絡先の編集、写真
修正
チャット: コンテキストメニューにおける連絡先の名前の変更が機能しない問題を修正
修正
カレンダー: ToDo と予定のダイアログがコンテンツに対して小さすぎることがある問題を修正
修正
カレンダー: 予定のリマインダーダイアログ中の URL をクリックできない問題を修正

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 14 件、重要度区分において 7 件、 5 件、 2 件が修正されている。

CVE-2020-12415
AppCache manifest poisoning due to url encoded character processing
CVE-2020-12416
Use-after-free in WebRTC VideoBroadcaster
CVE-2020-12417
Memory corruption due to missing sign-extension for ValueTags on ARM64
CVE-2020-12418
Information disclosure due to manipulated URL object
CVE-2020-12419
Use-after-free in nsGlobalWindowInner
CVE-2020-12420
Use-After-Free when trying to connect to a STUN server
CVE-2020-15648
X-Frame-Options bypass using object or embed tags
CVE-2020-12402
RSA Key Generation vulnerable to side-channel attack
CVE-2020-12421
Add-On updates did not respect the same certificate trust rules as software updates
CVE-2020-12422
Integer overflow in nsJPEGEncoder::emptyOutputBuffer
CVE-2020-12423
DLL Hijacking due to searching %PATH% for a library
CVE-2020-12424
WebRTC permission prompt could have been bypassed by a compromised content process
CVE-2020-12425
Out of bound read in Date.parse()
CVE-2020-12426
Memory safety bugs fixed in Thunderbird 78

既知の問題

未解決
メールヘッダーのツールバー (返信、転送、アーカイブ、迷惑メールのボタン) がカスタマイズできない
未解決
設定の検索ができない
未解決
アドレス帳の連絡先のドラッグ & ドロップができないことがある

Thunderbird 78.0 で修正された全ての問題は Mozilla.org bugs fixes (英語) を参照されたい。

その他、Thunderbird 78.0 についての一般的な情報は Thunderbird 78.0 リリースノート を参照いただきたい。

アップデート及びシステム要件

Thunderbird 78.0 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、50 以上の言語に対応した各国語版は 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。

Thunderbird 78.0 の利用に必要なシステム要件については、Thunderbird 78.0 システム要件 を参照されたい。Firefox 78 と同様 Linux における最低システム要件が変更されており、本リリースより GNU libc 2.17, libstdc++ 4.8.1, GTK+ 3.14 以降が必要となる (バージョン 68 までは GNU libc 2.17, libstdc++ 4.7 以降であった)。

ダウンロード:
Mozilla
リリースノート:
Thunderbird 78.0 リリースノート
セキュリティアドバイザリ:
MFSA 2020-29
修正されたバグ:
Bug Fixes (英語)

Firefox 78.0.2 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2020 年 7 月 9 日、デスクトップ版バージョン 78.0.1 リリース後に明らかとなった不具合を修正した Firefox 78.0.2 および Firefox ESR 78.0.2 をリリースした。Firefox for Android 68.10.1 および Firefox ESR 68.10.0 はこの問題の影響を受けない。

修正
リーダーモードにおけるアクセシビリティに関するレグレッションを修正 (bug 1650922)
修正
ユーザープロファイルのデータ破損に対してアドレスバーがより回復性を持つよう修正 (bug 1649981)
修正
特定の外部アプリケーションを開くことに関するレグレッションを修正 (bug 1650162)

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 1 件、重要度区分において 1 件が修正されている。

CVE-2020-15648
X-Frame-Options bypass using object or embed tags

Firefox 78.0.1 についての一般的な情報はリリースノートを参照されたい。

Firefox 78.0.1 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、85 以上の言語に対応した各国語版は 次世代ブラウザ Firefox – 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。また、Windows、Mac OS X、Linux 版の既存の Firefox ユーザには自動アップデート経由でアップデートが提供されるが、手動でアップデートすることも可能だ。

ダウンロード:
78.0.2, ESR 78.0.2
リリースノート:
78.0.2, ESR 78.0.1
セキュリティアドバイザリ:
MFSA 2020-28
修正されたバグ:
78.0.2, ESR 78.0.2 (英語)

SeaMonkey 2.53.3 がリリースされた


SeaMonkey

Mozilla Application Suite の開発をコミュニティベースで継続している The SeaMonkey® Project は米国時間 2020 年 7 月 7 日、安定性及びセキュリティ問題を修正を含む SeaMonkey のメジャーアップデート版である SeaMonkey 2.53.3 をリリースした。

SeaMonkey 2.53.3 は Firefox ESR 60.4 と同じレンダリングエンジン Gecko 60 を搭載しており、バックエンドも Firefox ESR 60.4/Thunderbird 60.4 相当となっている。アプリケーションの内容としては、これまで通りブラウザ、メール & ニュースクライアント、Web 開発ツールを搭載したオールインワンパッケージとなっている。

ユーザープロファイルの構成の変更に伴い、バージョン 2.49.5 以前からのアップグレードに際して以下の注意点がある。

  • マスターパスワードを利用している場合にはバージョン 2.53.1 以降へのアップデートの前にこれを解除する必要がある。設定メニューの「マスターパスワードを変更」から、パスワード欄を空白にすることでマスターパスワードを解除できる。「パスワードのリセット」機能を使うと、保存されているすべてのログイン情報が削除されるため注意が必要である。
  • アップデートの完了後には、プロファイルフォルダー内の key3.db および cert8.db の 2 つのファイルを削除する必要がある。これはログイン情報を含む古い形式のファイルである。

Chatzilla、DOM Inspector、Lightning に加え、SeaMonkey Debug and QA UI のベータ版が本リリースには同梱されている。

新機能及び改良点

このアップデートでは、Firefox ESR 60.4/Thunderbird 60.4 相当の機能修正が行われているほか、以下の SeaMonkey 固有の修正が行われている。

SeaMonkey
数式の挿入に使われる LaTex ツールである TexZilla がバージョン 1.0.2 に更新された
SeaMonkey
コンポーザーのツールバーとメッセージ編集ウインドウのツールバーのフォーマットがカスタマイズできるようになった
SeaMonkey
アカウントのすべてのフォルダーを一括で既読にできるようになった
SeaMonkey
ユーザーエージェント文字列に SeaMonkey を含まないようにするオプションが追加された
SeaMonkey
ツールバーとメニューバーを隠す設定が “Preferences->Appearance” に移動された
SeaMonkey
ウインドウにタブが一つだけの場合、タブバーが自動的に隠されないよう既定の設定が変更された
SeaMonkey
ヘルプページのコンテンツとリンクが更新された
SeaMonkey
SeaMonkey の言語パックが本体のバージョンごとに固有のものとなった。これにより、今後のバージョンアップにおいて、言語パックは無効化される
SeaMonkey
これまで言語ごとに個別に管理されていた検索エンジンの初期設定が言語共通の単一リソースに集約された (bug 1300198)
SeaMonkey
アドレス帳の IM フィールドが更新された。カードビューペインのレイアウト、複数語での検索、アドレス帳を跨いだ検索、アイテムを削除する際のより粒度の細かいプロンプト、コンテキストメニューおよびツールバーの「印刷」メニュー
SeaMonkey
次期リリースでのより多くのフォーマットのサポートのために、マルチメディアサポートが更新された。セキュリティ向上のため、これまで使われてきた libstagefright ライブラリーが除去され、Rust マルチメディアパーサーが使われるようになった
SeaMonkey
Lunix: gtk3 を使用するようになった。これにより問題が起きた場合には、バグを登録し Switch Linux builds to GTK3 with SeaMonkey 2.49 に関連付けされたい。SeaMonkey だけでなく Thunderbird、Firefox においても同様の問題が発生している

セキュリティ修正

本項執筆時点で、新機能および改良点の詳細は公開されていないが、 Firefox ESR 60.4/Thunderbird 60.4 相当のセキュリティ修正に加え、Firefox 77 系列からのバックポートによるセキュリティ修正が行われている。

SeaMonkey 2.53.3 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、SeaMonkey Project ウェブサイト より日本語を含む 22 言語に対応した各言語版がダウンロード可能である。ほとんどの環境において既存の SeaMonkey ユーザへの自動アップデート経由での通知および手動でのアップデートは提供されていないため、インストーラをダウンロードし既存のバージョンに上書きインストールする必要がある。

ダウンロード:
SeaMonkey 2.53.3
リリースノート:
Release notes