MozillaZine.jp

Mozilla 関連情報の提供、啓蒙活動を行っているオンラインマガジン「MozillaZine」の日本語訳を提供しています。
リリース版 |    Firefox 90.0.2 ESR 78.12.0 Android 90.1.2 Focus 8.17.1 iOS 35.0 | Thunderbird 78.12.0 | SeaMonkey 2.53.8.1 |
プレビュー版 | Firefox Nightly Developer Edition Beta Android Nightly Beta | Thunderbird Nightly Beta | SeaMonkey Beta |
相互サポート | Firefox | Thunderbird | SeaMonkey | Lightning | Android | Firefox OS | iOS

SeaMonkey 2.53.8.1 がリリースされた


SeaMonkey

Mozilla Application Suite の開発をコミュニティベースで継続している The SeaMonkey® Project は米国時間 2021 年 7 月 22 日、マイナーアップデート版である SeaMonkey 2.53.8.1 をリリースした。

SeaMonkey 2.53.8.1 は Firefox ESR 60.8 と同じレンダリングエンジン Gecko 60 を搭載しており、バックエンドも Firefox ESR 60.8/Thunderbird 60.8 相当となっている。アプリケーションの内容としては、これまで通りブラウザ、メール & ニュースクライアント、Web 開発ツールを搭載したオールインワンパッケージとなっている。

ユーザープロファイルの構成の変更に伴い、バージョン 2.49.5 以前からのアップグレードに際して以下の注意点がある。

  • マスターパスワードを利用している場合にはバージョン 2.53.1 以降へのアップデートの前にこれを解除する必要がある。設定メニューの「マスターパスワードを変更」から、パスワード欄を空白にすることでマスターパスワードを解除できる。「パスワードのリセット」機能を使うと、保存されているすべてのログイン情報が削除されるため注意が必要である。
  • アップデートの完了後には、プロファイルフォルダー内の key3.db および cert8.db の 2 つのファイルを削除する必要がある。これはログイン情報を含む古い形式のファイルである。

また、SeaMonkey 2.53.1 および 2.53.2 の言語パックをインストールしている場合には、アップデートの前にこれらをアンインストールしておく必要がある。 これらは SeaMonkey 2.53.x すべてに互換性があるとされているが、実際には異なるバージョンの SeaMonkey で使用すると問題が発生する。アップデート後に、バージョン 2.53.8.1 の言語パックをインストールする必要がある。

Chatzilla、DOM Inspector、Lightning に加え、SeaMonkey Debug and QA UI のベータ版が本リリースには同梱されている。

新機能及び改良点

このアップデートでは、Firefox ESR 60.8/Thunderbird 60.8 相当の機能修正が行われているほか、以下の SeaMonkey 固有の修正が行われている。

SeaMonkey
メッセージのアーカイブ化操作が機能しない問題を修正 (bug 1718839)
SeaMonkey
フォルダー間でメッセージの移動、コピーを行うと offlineMsgSize パラメータが保存されない問題を修正 (bug 1720202, bug 1430480)
SeaMonkey
スレッドに関するコードを threadPane.js に移動し、messengerdnd.js を削除 (bug 515675)

セキュリティ修正

本項執筆時点で、新機能および改良点の詳細は公開されていないが、 Firefox ESR 60.8/Thunderbird 60.8 相当のセキュリティ修正に加え、Firefox ESR 78.12 系列からのバックポートによるセキュリティ修正が行われている。

SeaMonkey 2.53.8.1 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、SeaMonkey Project ウェブサイト より日本語を含む 23 言語に対応した各言語版がダウンロード可能である。ほとんどの環境において既存の SeaMonkey ユーザへの自動アップデート経由での通知および手動でのアップデートは提供されていないため、インストーラをダウンロードし既存のバージョンに上書きインストールする必要がある。

ダウンロード:
SeaMonkey 2.53.8.1
リリースノート:
Release notes

Firefox 90.0.2 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2021 年 7 月 22 日、デスクトップ版バージョン 90.0 リリース後に明らかとなった不具合を修正した Firefox 90.0.2 をリリースした。Firefox ESR 78.12.0 および Firefox for Android 90 はこの問題の影響を受けない。

修正
ページの印刷において、出力の一部が欠けることがある問題を修正 (bug 1720621)
修正
特定の Gtk テーマにおけるメニュースタイルを修正 (bug 1720441, bug 1720874)
変更
カナダのユーザー向けに DNS over HTTPS (DoH) を順次有効化

Firefox 90.0.2 についての一般的な情報はリリースノートを参照されたい。

Firefox 90.0.2 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、86 以上の言語に対応した各国語版は 次世代ブラウザ Firefox – 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。また、Windows、Mac OS X、Linux 版の既存の Firefox ユーザには自動アップデート経由でアップデートが提供されるが、手動でアップデートすることも可能だ。

ダウンロード:
Mozilla
リリースノート:
Firefox 90.0.2 リリースノート
修正されたバグ:
Complete list of changes in the Firefox 90.0.2 (英語)

Firefox 90.0.1 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2021 年 7 月 19 日、デスクトップ版バージョン 90.0 リリース後に明らかとなった不具合を修正した Firefox 90.0.1 をリリースした。Firefox ESR 78.12.0 および Firefox for Android 90 はこの問題の影響を受けない。

修正
Windows: 特定のアクセシビリティクライアントを使用しているとクラッシュする問題を修正 (bug 1720696)
修正
特定の HTTP3 応答において、ビジー状態でループする問題を修正 (bug 1720079)
修正
特定のスマートカードによる認証において一時的なエラーが発生する問題を修正 (bug 1715325)
修正
終了時にまれにクラッシュする問題を修正 (bug 1707057)
修正
更新後の起動時に競合が発生し、トラブルシューティング情報 (about:support) が空白となる問題を修正 (bug 1717894)

既知の問題

未解決
拡大/縮小したページの印刷において、出力の一部が欠けることがある (bug 1720621)

Firefox 90.0.1 についての一般的な情報はリリースノートを参照されたい。

Firefox 90.0.1 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、86 以上の言語に対応した各国語版は 次世代ブラウザ Firefox – 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。また、Windows、Mac OS X、Linux 版の既存の Firefox ユーザには自動アップデート経由でアップデートが提供されるが、手動でアップデートすることも可能だ。

ダウンロード:
Mozilla
リリースノート:
Firefox 90.0.1 リリースノート
修正されたバグ:
Complete list of changes in the Firefox 90.0.1 (英語)

Thunderbird 78.12.0 がリリースされた


Thunderbird

Mozilla は米国時間 2021 年 7 月 13 日、新機能の追加及び安定性の問題を修正した Thunderbird のマイナーアップデート版である Thunderbird 78.12.0 をリリースした。

Thunderbird 78.12.0 は Firefox ESR 78 と同じレンダリングエンジンを搭載しており、バックエンドも Firefox ESR 78.12 相当となっている。

Thunderbird 78.0 より、アドオンのサポートについて大きな変更が行われている。Firefox と同様、旧式のアドオンのサポートが終了し、MailExtension 形式のみのサポートとなる。現在利用中のアドオンが更新されているか確認されたい。

Thunderbird 78.12.0 での新機能や改良点は次のとおり。

新機能及び改良点

修正
URL 中にスペースがある HTML リンクを含む HTML メッセージを送信するとリンクが壊れることがある問題を修正
修正
macOS: フォルダーペインの表示に関するテーマ修正
修正
チャットアカウントの設定が正しく保存されないことがある問題を修正
修正
購読した RSS フィードが消失することがある問題を修正
修正
カレンダー: “DURATION” タイプのアラームトリガーのパースエラーにより、同期が失敗することがある問題を修正

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 4 件、重要度区分において 4 件が修正されている。

CVE-2021-29969
IMAP server responses sent by a MITM prior to STARTTLS could be processed
CVE-2021-29970
Use-after-free in accessibility features of a document
CVE-2021-30547
Out of bounds write in ANGLE
CVE-2021-29976
Memory safety bugs fixed in Thunderbird 78.12


Thunderbird 78.12.0 で修正された全ての問題は Mozilla.org bugs fixes (英語) を参照されたい。

その他、Thunderbird 78.12.0 についての一般的な情報は Thunderbird 78.12.0 リリースノート を参照いただきたい。

アップデート及びシステム要件

Thunderbird 78.12.0 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、50 以上の言語に対応した各国語版は 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。既存の Thunderbird 68 以降のユーザには自動アップデート経由で通知されるが、ヘルプメニューの “Thunderbird について” より手動でアップデートすることも可能だ。

Thunderbird 78.12.0 の利用に必要なシステム要件については、Thunderbird 78.12.0 システム要件 を参照されたい。Firefox 78 と同様 Linux における最低システム要件が変更されており、GNU libc 2.17, libstdc++ 4.8.1, GTK+ 3.14 以降が必要となる (バージョン 68 までは GNU libc 2.17, libstdc++ 4.7 以降であった)。

ダウンロード:
Mozilla
リリースノート:
Thunderbird 78.12.0 リリースノート
セキュリティアドバイザリ:
MFSA 2021-30
修正されたバグ:
Bug Fixes (英語)

Firefox for Android 90 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2021 年 7 月 13 日、安定性及びセキュリティ問題の修正を含む Firefox for Android のメジャーアップデート版である Firefox for Android 90 をリリースした。

Firefox for Android 90 での新機能や改良点は次のとおり (リリースノートおよび github の Tag 参照)。

新機能及び改良点

新機能
クレジットカード情報の保存、管理、自動入力 が可能となった
新機能
戻る/進むのキャッシュ (BFCache) がアンロードイベントリスナーを使用するウェブページでも有効となった。これにより、そのようなページでのナビゲーションが高速化する
新機能
Android の証明書ストアから証明書をインポートすることが可能となった (secret settings より)

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 9 件、重要度区分において 5 件、 4 件が修正されている。

CVE-2021-29970
Use-after-free in accessibility features of a document
CVE-2021-29971
Granted permissions only compared host; omitting scheme and port on Android
CVE-2021-30547
Out of bounds write in ANGLE
CVE-2021-29971
Use of out-of-date library included use-after-free vulnerability
CVE-2021-29973
Password autofill on HTTP websites was enabled without user interaction on Android
CVE-2021-29974
HSTS errors could be overridden when network partitioning was enabled
CVE-2021-29975
Text message could be overlaid on top of another website
CVE-2021-29976
Memory safety bugs fixed in Firefox 90 and Firefox ESR 78.12
CVE-2021-29977
Memory safety bugs fixed in Firefox 90

サポート

新しい Firefox のサポートに関しては、以下の記事を参照されたい:

ダウンロード:
Mozilla, Google Play
リリースノート:
Firefox for Android 90.0 リリースノート
セキュリティアドバイザリ:
MFSA 2021-28
修正されたバグ:
90.0 (英語)

Firefox 90 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2021 年 7 月 13 日、安定性及びセキュリティ問題の修正を含む Firefox のメジャーアップデート版である Firefox 90.0 をリリースした。延長サポート版である Firefox ESR もバージョン 78.12.0 にアップデートされている。

Firefox 90 は macOS バージョン 10.9, 10.10, 10.11 をサポートしない。これらのバージョンの macOS を利用している場合には、延長サポート版 (ESR) 78.x が今年後半まで継続してリリースされるためそちらへ移行されたい。

Firefox 90.0 での新機能や改良点、セキュリティ修正、既知の問題は次のとおり。

新機能及び改良点

新機能
Windows: Firefox が起動していない状態でも バックグラウンドで更新が適用できるようになった (順次展開)
新機能
Windows: 新しく導入された about:third-party ページから、互換性の問題の原因となるサードパーティ製モジュールの情報を確認できるようになった
新機能
HTTPS-Only モードの例外 を設定ウインドウから管理できるようになった
新機能
「PDF に保存」において機能するハイパーリンクが生成されるようになった
新機能
SmartBlock 機能のバージョン 2 によりプライバシーブラウジングが強化された。サードパーティ製の Facebook スクリプトはトラッキング防止のためにブロックされているが、「Facebook にログイン」を選択したときのみ「ジャストインタイムで」読み込まれるようになった
変更
「画像を新しいタグで開く」コンテキストメニューにおいて、既定では画像やメディアがバックグラウンドのタブで開かれるようになった (詳細)
変更
WebRender に対してハードウェアアクセラレーションを利用できない環境のほとんどにおいて、ソフトウェア WebRender が使用されるようになった
変更
ソフトウェア WebRender のパフォーマンス向上
変更
FTP サポートを終了
Enterprise
エンタープライズ用途向けの詳細は Firefox for Enterprise 90 リリースノート を参照されたい
開発者
開発者ツールにおいて Private Fields (TC39 proposal, stage 3) をサポート。オブジェクトのインスペクション、自動入力、式の評価、ツールチップ、印刷が含まれる (bug 1650188)
開発者
ネットワークパネルのレスポンスタブにおいて、フォントの HTTP リクエストのプレビューが表示されるようになった (bug 872078)
Web Platform
Fetch Metadata Request Headers をサポート。ウェブアプリケーションに対して、自身とユーザーに対するクロスオリジン攻撃からのより強力な保護を提供する
Web Platform
クライアント認証証明書をハードウェアトークンや OS ストレージに保存できるようになった

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 9 件、重要度区分において 5 件、 4 件が修正されている。

CVE-2021-29970
Use-after-free in accessibility features of a document
CVE-2021-29971
Granted permissions only compared host; omitting scheme and port on Android
CVE-2021-30547
Out of bounds write in ANGLE
CVE-2021-29971
Use of out-of-date library included use-after-free vulnerability
CVE-2021-29973
Password autofill on HTTP websites was enabled without user interaction on Android
CVE-2021-29974
HSTS errors could be overridden when network partitioning was enabled
CVE-2021-29975
Text message could be overlaid on top of another website
CVE-2021-29976
Memory safety bugs fixed in Firefox 90 and Firefox ESR 78.12
CVE-2021-29977
Memory safety bugs fixed in Firefox 90


Firefox 90.0 で修正された全ての問題は Mozilla.org bugs fixes (英語) を、一般的な情報は リリースノート を、開発者向けの情報は MDN および Mozilla Developer YouTube チャネル を参照されたい。

アップデート及びシステム要件

Firefox 90.0 は Windows, Mac そして Linux 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、90 以上の言語に対応した各国語版は 次世代ブラウザ Firefox – 各国語版のダウンロード よりダウンロード可能となっている。また、既存の Firefox 4 以降のユーザには自動アップデート経由で通知されるが、Firefox メニューの “Firefox について” より手動でアップデートすることも可能だ。
Firefox 90.0 の利用に必要なシステム要件については、Firefox 90 システム要件 を参照されたい。macOS における OS 要件および Linux におけるシステム要件の変更に注意されたい。

ダウンロード:
90.0, ESR 78.12.0
リリースノート:
90.0, ESR 78.12.0
セキュリティアドバイザリ:
MFSA 2021-28 (90.0), MFSA 2021-29 (ESR 78.12.0)
修正されたバグ:
90.0, ESR 78.12.0 (英語)

SeaMonkey 2.53.8 がリリースされた


SeaMonkey

Mozilla Application Suite の開発をコミュニティベースで継続している The SeaMonkey® Project は米国時間 2021 年 6 月 30 日、マイナーアップデート版である SeaMonkey 2.53.8 をリリースした。

SeaMonkey 2.53.8 は Firefox ESR 60.8 と同じレンダリングエンジン Gecko 60 を搭載しており、バックエンドも Firefox ESR 60.8/Thunderbird 60.8 相当となっている。アプリケーションの内容としては、これまで通りブラウザ、メール & ニュースクライアント、Web 開発ツールを搭載したオールインワンパッケージとなっている。

ユーザープロファイルの構成の変更に伴い、バージョン 2.49.5 以前からのアップグレードに際して以下の注意点がある。

  • マスターパスワードを利用している場合にはバージョン 2.53.1 以降へのアップデートの前にこれを解除する必要がある。設定メニューの「マスターパスワードを変更」から、パスワード欄を空白にすることでマスターパスワードを解除できる。「パスワードのリセット」機能を使うと、保存されているすべてのログイン情報が削除されるため注意が必要である。
  • アップデートの完了後には、プロファイルフォルダー内の key3.db および cert8.db の 2 つのファイルを削除する必要がある。これはログイン情報を含む古い形式のファイルである。

また、SeaMonkey 2.53.1 および 2.53.2 の言語パックをインストールしている場合には、アップデートの前にこれらをアンインストールしておく必要がある。 これらは SeaMonkey 2.53.x すべてに互換性があるとされているが、実際には異なるバージョンの SeaMonkey で使用すると問題が発生する。アップデート後に、バージョン 2.53.8 の言語パックをインストールする必要がある。

Chatzilla、DOM Inspector、Lightning に加え、SeaMonkey Debug and QA UI のベータ版が本リリースには同梱されている。

新機能及び改良点

このアップデートでは、Firefox ESR 60.8/Thunderbird 60.8 相当の機能修正が行われているほか、以下の SeaMonkey 固有の修正が行われている。

SeaMonkey
劇的なパフォーマンスの向上とバグ修正 (bug 1633339, bug 1711050)
SeaMonkey
ウェブサイトナビゲーションリンクツールバーのビルドの際に国別コード付きの言語要素を認識できない問題を修正 (bug 134436, bug 1709443)
SeaMonkey
SeaMonkey アイコンの速度向上のための最適化および高品質化 (bug 1362210, bug 1699322)
SeaMonkey
コマンドラインからのメッセージ作成ウインドウを開く動作において from= オプションをサポート (bug 1628671)
SeaMonkey
メッセージ作成ウインドウにおける件名の取り扱いと GenericSendMessage 関数を更新 (bug 1693994
SeaMonkey
表示設定が変更されたときにすべてのメッセージウインドウを更新するようになった (bug 1694765
SeaMonkey
複数のメッセージをまとめて既読/未読とマークする動作の改善 (bug 1700530)
SeaMonkey
アドオンマネージャーにおいてバージョン番号を再び表示するようになった (bug 1161183
SeaMonkey
ChatZilla において利用可能なネットワークを更新 (libera.chat の追加を含む) (bug 1704392, bug 1712505
SeaMonkey
IRC における既定の TLS/SSL ポートを 6697 に変更 (bug 1704280
SeaMonkey
ChatZilla および Lightning のアドオン言語パックを削除し、SeaMonkey 本体の言語パックに統合 (bug 1604663
SeaMonkey
メッセージ作成ウインドウにおけるメールアドレスのドラッグ & ドロップの挙動を修正 (bug 1712002, bug 1712227
SeaMonkey
レガシーアドオンおよびアドオン SDK、アドオンジェネレーター の修正 (bug 1702903)
SeaMonkey
DOM Inspector のレポジトリが SeaMonkey 本体 のものに統合されたことにより、個別にチェックアウトする必要がなくなった (bug 1700003)

セキュリティ修正

本項執筆時点で、新機能および改良点の詳細は公開されていないが、 Firefox ESR 60.8/Thunderbird 60.8 相当のセキュリティ修正に加え、Firefox ESR 78.11 系列からのバックポートによるセキュリティ修正が行われている。

SeaMonkey 2.53.8 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、SeaMonkey Project ウェブサイト より日本語を含む 23 言語に対応した各言語版がダウンロード可能である。ほとんどの環境において既存の SeaMonkey ユーザへの自動アップデート経由での通知および手動でのアップデートは提供されていないため、インストーラをダウンロードし既存のバージョンに上書きインストールする必要がある。

ダウンロード:
SeaMonkey 2.53.8
リリースノート:
Release notes

Firefox 89.0.2 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2021 年 6 月 23 日、デスクトップ版バージョン 89.0.1 リリース後に明らかとなった不具合を修正した Firefox 89.0.2 をリリースした。Firefox ESR 78.11.0 および Firefox for Android 89 はこの問題の影響を受けない。

修正
Linux: ソフトウェア WebRender に関連してハングアップすることがある問題を修正 (bug 1708224)


Firefox 89.0.2 についての一般的な情報はリリースノートを参照されたい。

Firefox 89.0.2 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、86 以上の言語に対応した各国語版は 次世代ブラウザ Firefox – 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。また、Windows、Mac OS X、Linux 版の既存の Firefox ユーザには自動アップデート経由でアップデートが提供されるが、手動でアップデートすることも可能だ。

ダウンロード:
Mozilla
リリースノート:
Firefox 89.0.2 リリースノート
修正されたバグ:
Complete list of changes in the Firefox 89.0.2 (英語)

Firefox 89.0.1 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2021 年 6 月 17 日、デスクトップ版バージョン 89.0 リリース後に明らかとなった不具合を修正した Firefox 89.0.1 をリリースした。Firefox ESR 78.11.0 および Firefox for Android 89 はこの問題の影響を受けない。

修正
Windows: 特定のスクリーンリーダーが正常に機能しない問題を修正 (bug 1714212)
修正
スペイン語 (メキシコ) を含む翻訳の更新およびその他の改善 (bug 1714946)
修正
フォントに関する多くのレグレッションを修正 (bug 1694174)
修正
Linux: WebRender のパフォーマンスおよび安定性に関するレグレッションを修正 (bug 1715895, bug 1715902)
修正
macOS: 外部モニターでの表示で、ページをスクロールすると画面がちらつく問題を修正 (bug 1715452)
修正
エンタープライズ: DisableDeveloperTools ポリシーが効果を示していなかった問題を修正 (bug 1715777)
修正
Linux: いくつかの GTK テーマにおいてスクロールバーが正常ではなかった問題を修正 (bug 1714103)
修正
安定性に関する修正

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 1 件、重要度区分において 1 件が修正されている。

CVE-2021-29968
Out of bounds read when drawing text characters onto a Canvas

Firefox 89.0.1 についての一般的な情報はリリースノートを参照されたい。

Firefox 89.0.1 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、86 以上の言語に対応した各国語版は 次世代ブラウザ Firefox – 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。また、Windows、Mac OS X、Linux 版の既存の Firefox ユーザには自動アップデート経由でアップデートが提供されるが、手動でアップデートすることも可能だ。

ダウンロード:
Mozilla
リリースノート:
Firefox 89.0.1 リリースノート
セキュリティアドバイザリ:
MFSA 2021-27
修正されたバグ:
Complete list of changes in the Firefox 89.0.1 (英語)

Thunderbird 78.11.0 がリリースされた


Thunderbird

Mozilla は米国時間 2021 年 6 月 1 日、新機能の追加及び安定性の問題を修正した Thunderbird のマイナーアップデート版である Thunderbird 78.11.0 をリリースした。

Thunderbird 78.11.0 は Firefox ESR 78 と同じレンダリングエンジンを搭載しており、バックエンドも Firefox ESR 78.11 相当となっている。

Thunderbird 78.0 より、アドオンのサポートについて大きな変更が行われている。Firefox と同様、旧式のアドオンのサポートが終了し、MailExtension 形式のみのサポートとなる。現在利用中のアドオンが更新されているか確認されたい。

Thunderbird 78.11.0 での新機能や改良点は次のとおり。

新機能及び改良点

修正
アカウントに対して鍵を設定したことがあると OpenPGP を無効化できない問題を修正
修正
送信者がメッセージ暗号化を OpenPGP から S/MIME に切り替えると、受信者側で復号できないメッセージとなることがある問題を修正
修正
CardDAV 形式のアドレス帳の間で移動した連絡先が新しいサーバーに同期されない問題を修正
修正
Google 連絡先に関連した CardDAV の互換性に関する修正
修正
macOS: フォルダーペインにおいてフォーカスが明瞭に表示されない問題を修正
修正
Windows: テーマの改善

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 2 件、重要度区分において 1 件、 1 件が修正されている。

CVE-2021-29964
Out of bounds-read when parsing a `WM_COPYDATA` message
CVE-2021-29967
Memory safety bugs fixed in Thunderbird 78.11


Thunderbird 78.11.0 で修正された全ての問題は Mozilla.org bugs fixes (英語) を参照されたい。

その他、Thunderbird 78.11.0 についての一般的な情報は Thunderbird 78.11.0 リリースノート を参照いただきたい。

アップデート及びシステム要件

Thunderbird 78.11.0 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、50 以上の言語に対応した各国語版は 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。既存の Thunderbird 68 以降のユーザには自動アップデート経由で通知されるが、ヘルプメニューの “Thunderbird について” より手動でアップデートすることも可能だ。

Thunderbird 78.11.0 の利用に必要なシステム要件については、Thunderbird 78.11.0 システム要件 を参照されたい。Firefox 78 と同様 Linux における最低システム要件が変更されており、GNU libc 2.17, libstdc++ 4.8.1, GTK+ 3.14 以降が必要となる (バージョン 68 までは GNU libc 2.17, libstdc++ 4.7 以降であった)。

ダウンロード:
Mozilla
リリースノート:
Thunderbird 78.11.0 リリースノート
セキュリティアドバイザリ:
MFSA 2021-26
修正されたバグ:
Bug Fixes (英語)