MozillaZine.jp

Mozilla 関連情報の提供、啓蒙活動を行っているオンラインマガジン「MozillaZine」の日本語訳を提供しています。
リリース版 |    Firefox 81.0 ESR 78.3.0 Android 81.1.1 Focus 8.8.0 iOS 28.0 | Thunderbird 78.3.1 | SeaMonkey 2.53.4 |
プレビュー版 | Firefox Nightly Developer Edition Beta Android Nightly Beta | Thunderbird Beta | SeaMonkey Beta |
相互サポート | Firefox | Thunderbird | SeaMonkey | Lightning | Android | Firefox OS | iOS

Firefox 80 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2020 年 8 月 25 日、安定性及びセキュリティ問題の修正を含む Firefox のメジャーアップデート版である Firefox 80.0 をリリースした。延長サポート版である Firefox ESR もバージョン 78.2.0 および 68.12.0 にアップデートされている。

Firefox 80 は macOS バージョン 10.9, 10.10, 10.11 をサポートしない。これらのバージョンの macOS を利用している場合には、延長サポート版 (ESR) 78.x が来年まで継続してリリースされるためそちらへ移行されたい。

Firefox 80.0 での新機能や改良点、セキュリティ修正、既知の問題は次のとおり。

新機能及び改良点

新機能
Firefox をシステム既定の PDF ビューアーとして設定できるようになった
新機能
多層的なツリー構造中のアイテムについて、アクセス支援ツールが情報を取得する際により深いレベルのアイテムからの情報を含まないようになった。これにより、スクリーンリーダーの利用時にユーザーがコンテンツの適切なレベルを受け取れるようになる
修正
JAWS スクリーンリーダー使用時に頻繁にクラッシュするなど、スクリーンリーダー使用時のクラッシュに関する複数の問題が修正された
修正
これまでスクリーンリーダーからアクセスできなかったツールのいくつかを利用できるよう、開発者ツールに多くの修正が加えられた
修正
スクリーンリーダーなどの支援技術製品に対して SVG の title および desc 要素 (ラベルと説明) が正しく展開されるようになった
変更
偏頭痛やてんかんなどへの対策としてモーションを減らす設定にしているユーザーに対して、タブの読み込みなどにおけるアニメーションを行わないようになった
変更
パフォーマンスとスケーラビリティを改善した新しいアドオンブロックリストが有効化された
Enterprise
エンタープライズ用途向けの詳細は Firefox for Enterprise 80 リリースノート を参照されたい
Enterprise
致命的なセキュリティ問題が発見されない限り、今回リリースされたバージョン 68.12 が Firefox ESR 68 系列の最終リリースとなる。9 月 22 日に予定されている次回のリリースにおいて、Firefox ESR 68 系列の利用者は自動的に Firefox ESR 78 系列の最新版であるバージョン 78.3 へアップグレードされる
開発者
MDN のデータに基づきブラウザーの互換性に関する潜在的な問題をより早く特定するための 実験的なサイドバーパネル が実装された
開発者
ネットワークリクエストリスト において、閾値よりも「遅い」リクエストに対して亀のアイコンが表示されるようになった
開発者
貧弱なネットワーク状況における通話品質の向上とネットワーク帯域の推定のために RTX および Transport-cc をサポート。これにより、WebRTC wお使用する多くのウェブサイトに対する互換性も向上する

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 10 件、重要度区分において 3 件、 4 件、 3 件が修正されている。

CVE-2020-15663
Downgrade attack on the Mozilla Maintenance Service could have resulted in escalation of privilege
CVE-2020-15664
Attacker-induced prompt for extension installation
CVE-2020-12401
Timing-attack on ECDSA signature generation
CVE-2020-6829
P-384 and P-521 vulnerable to an electro-magnetic side channel attack on signature generation
CVE-2020-12400
P-384 and P-521 vulnerable to a side channel attack on modular inversion
CVE-2020-15665
Address bar not reset when choosing to stay on a page after the beforeunload dialog is shown
CVE-2020-15666
MediaError message property leaks cross-origin response status
CVE-2020-15667
Heap overflow when processing an update file
CVE-2020-15668
Data Race when reading certificate information
CVE-2020-15670
Memory safety bugs fixed in Firefox 80 and Firefox ESR 78.2


Firefox 80.0 で修正された全ての問題は Mozilla.org bugs fixes (英語) を、一般的な情報は リリースノート を、開発者向けの情報は MDN および Mozilla Developer YouTube チャネル を参照されたい。

アップデート及びシステム要件

Firefox 80.0 は Windows, Mac そして Linux 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、80 以上の言語に対応した各国語版は 次世代ブラウザ Firefox – 各国語版のダウンロード よりダウンロード可能となっている。また、既存の Firefox 4 以降のユーザには自動アップデート経由で通知されるが、Firefox メニューの “Firefox について” より手動でアップデートすることも可能だ。
Firefox 80.0 の利用に必要なシステム要件については、Firefox 80 システム要件 を参照されたい。macOS における OS 要件および Linux におけるシステム要件の変更に注意されたい。

ダウンロード:
80.0, ESR 78.2.0, ESR 68.12.0
リリースノート:
80.0, ESR 78.2.0, ESR 68.12.0
セキュリティアドバイザリ:
MFSA 2020-36 (80.0), MFSA 2020-38 (ESR 78.2.0), MFSA 2020-37 (ESR 68.12.0)
修正されたバグ:
80.0, ESR 78.2.0, ESR 68.12.0 (英語)

コメント 2 件 - “Firefox 80 がリリースされた”

  1. mar :

    Firefox 80.0 のみ、日本語版のバグで、ズームインのキーボードショートカット Ctrl + ';' が無効になってます。
    Bug 1661895 – [ja] Keyboard shortcut(Ctrl+;) for Zoom-In stops working since Firefox80 ja win64 build with JIS keyboard

    代わりに、Ctrl + Shift + ‘;’ (Ctrl + ‘+’) で動作します。
    81.0 では修正されます。

  2. Cai :

    Firefox 80.0.1 がリリースされた
    > 日本語版においてキーボードショートカットによる拡大が機能しなかった問題を修正 (bug 1661895)

    80.0.1 にて修正されています。

コメントを投稿

XHTML: これらのタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>