MozillaZine.jp

Mozilla 関連情報の提供、啓蒙活動を行っているオンラインマガジン「MozillaZine」の日本語訳を提供しています。
リリース版 |    Firefox 94.0.2 ESR 91.3.0 Android 94.1.2 Focus 94.1.2 iOS 39.0 | Thunderbird 91.3.2 | SeaMonkey 2.53.10 |
プレビュー版 | Firefox Nightly Developer Edition Beta Android Nightly Beta | Thunderbird Nightly Beta | SeaMonkey Beta |
相互サポート | Firefox | Thunderbird | SeaMonkey | Lightning | Android | Firefox OS | iOS

SeaMonkey 2.11 がリリースされた


SeaMonkey

Mozilla Application Suite の開発をコミュニティベースで継続している The SeaMonkey® Project は米国時間 2012 年 7 月 17 日、安定性及びセキュリティ問題を修正を含む SeaMonkey のメジャーアップデート版である SeaMonkey 2.11 をリリースした。

SeaMonkey 2.11 は Firefox 14.0.1 と同じレンダリングエンジン Gecko 14 を搭載しており、バックエンドも Firefox 14/Thunderbird 14 相当となっている。アプリケーションの内容としては、これまで通りブラウザ、メール & ニュースクライアント、Chatzilla、Web 開発ツールを搭載したオールインワンパッケージとなっている。

SeaMonkey 2.11 では特に新しい機能は追加されておらず、セキュリティ修正とパフォーマンスに関わる修正が行われている。これら修正点は次のとおり。

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 12 件、重要度区分において最高 5 件、 3 件、 4 件が修正されている。

MFSA 2012-56
javascript URL を通じたコードの実行
MFSA 2012-54
証明書警告ページにおけるクリックジャッキング
MFSA 2012-53
Content Security Policy 1.0 の実装ミスによるデータ漏えい
MFSA 2012-52
JSDependentString::undepend の文字列変換によるメモリ破壊
MFSA 2012-51
重複した X-Frame-Options ヘッダが無視される
MFSA 2012-50
QCMS における領域外読み取り
MFSA 2012-49
同一コンパートメントのセキュリティラッパーが回避される
MFSA 2012-48
nsGlobalWindow::PageHidden における解放後使用の問題
MFSA 2012-47
HTML フィードビューにおける JavaScript のフィルタリング漏れ
MFSA 2012-45
location プロパティの偽装問題
MFSA 2012-44
Gecko のメモリ破壊
MFSA 2012-42
様々なメモリ安全性の問題 (rv:14.0/ rv:10.0.6)

SeaMonkey 2.11 での修正は New Features and Fixes を、SeaMonkey 2.11 についての一般的な情報は Release Notes を参照いただきたい。

SeaMonkey 2.11 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、SeaMonkey Project ウェブサイト より日本語を含む 24 言語に対応した各言語版がダウンロード可能である。既存の SeaMonkey ユーザには自動アップデート経由で通知されるが、手動でアップデートすることも可能だ。
SeaMonkey 2.11 では Windows に関するシステム要件が変更されており、Windows 2000 および XP SP1 以前への対応が打ち切りとなった

ダウンロード:
SeaMonkey® Project
リリースノート:
SeaMonkey 2.11 Release Notes
セキュリティアドバイザリ:
SeaMonkey セキュリティアドバイザリ

コメントを投稿

XHTML: これらのタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>