MozillaZine.jp

Mozilla 関連情報の提供、啓蒙活動を行っているオンラインマガジン「MozillaZine」の日本語訳を提供しています。
リリース版 |    Firefox 109.0 ESR 102.7.0 Android 109.1.1 Focus 109.1.1 iOS 109.0 | Thunderbird 102.7.0 | SeaMonkey 2.53.15 |
プレビュー版 | Firefox Nightly Developer Edition Beta Android Nightly Beta | Thunderbird Nightly Beta | SeaMonkey Beta |
相互サポート | Firefox | Thunderbird | SeaMonkey | Lightning | Android | Firefox OS | iOS

Firefox for Android 108 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2022 年 12 月 13 日、安定性及びセキュリティ問題の修正を含む Firefox for Android のメジャーアップデート版である Firefox for Android 108 をリリースした。

Firefox for Android 108 での新機能や改良点は次のとおり (リリースノートおよび github の Tag 参照)。

新機能及び改良点

新機能
ウェブページを PDF として保存 することができるようになった。ダウンロードフォルダーから簡単にアクセスできるようになった
新機能
タブトレイ上でタブを長押しすることで、タブを並べ替えられるようになった
新機能
フォルダー内の すべてのブックマークを開く ことができるようになった (新しいタブあるいはプライベートタブで)
新機能
高負荷時のフレームスケジューリングを改善。これによりベンチマークテスト MotionMark のスコアも向上
修正
ホームページ上の Talkback ショートカットをリンクとして認識するようになった。プライベートブラウジングのホームスクリーン上の「プライベートブラウジングについての誤解」を記事として認識するようになった
修正
2×1 に設定した検索ウィジェットに音声検索のアイコンが表示されるようになった。これまではデバイスによっては表示されないことがあった
修正
Android のブラウザー設定が Firefox 上の既定のブラウザーアプリの設定に正しく反映されるようになった

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 8 件、重要度区分において 4 件、 3 件、 1 件が修正されている。

CVE-2022-46871
libusrsctp library out of date
CVE-2022-46872
Arbitrary file read from a compromised content process
CVE-2022-46873
Firefox did not implement the CSP directive unsafe-hashes
CVE-2022-46874
Drag and Dropped Filenames could have been truncated to malicious extensions
CVE-2022-46875
Download Protections were bypassed by .atloc and .ftploc files on Mac OS
CVE-2022-46877
Fullscreen notification bypass
CVE-2022-46878
Memory safety bugs fixed in Firefox 108 and Firefox ESR 102.6
CVE-2022-46879
Memory safety bugs fixed in Firefox 108

サポート

新しい Firefox のサポートに関しては、以下の記事を参照されたい:

ダウンロード:
Mozilla, Google Play
リリースノート:
Firefox for Android 108.0 リリースノート
セキュリティアドバイザリ:
MFSA 2022-51
修正されたバグ:
108.0 (英語)

コメントを投稿

XHTML: これらのタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>