MozillaZine.jp

Mozilla 関連情報の提供、啓蒙活動を行っているオンラインマガジン「MozillaZine」の日本語訳を提供しています。
リリース版 |    Firefox 82.0 ESR 78.4.0 Android 82.1.1 Focus 8.8.3 iOS 29.0 | Thunderbird 78.4.0 | SeaMonkey 2.53.4 |
プレビュー版 | Firefox Nightly Developer Edition Beta Android Nightly Beta | Thunderbird Nightly Beta | SeaMonkey Beta |
相互サポート | Firefox | Thunderbird | SeaMonkey | Lightning | Android | Firefox OS | iOS

新しい Android 版 Firefox の段階的な展開が開始された


Firefox

Mozilla は 2020 年 7 月下旬より、刷新された Android 版 Firefox (バージョン 79) の一般利用者向けの段階的な展開を開始した。

現時点では、以下の国の Android 版 Firefox ユーザーに対して展開が開始されている (Bug 165548 参照)。8 月 18 日に、日本向けにバージョン 79.0.4 の展開が開始された。8 月 27 日までに全世界での展開が完了した。

バージョン 79.0
南アフリカ、ウクライナ、ニュージーランド、ブルガリア、ノルウェー、フィリピン (6 か国、7/28)
バージョン 79.0.2
上記 6 か国に加えて、スロバキア、デンマーク、コロンビア、サウジアラビア、ベトナム、ポルトガル、ルーマニア、アルゼンチン (8 か国追加で計 14 か国、8/4)
ハンガリー、スイス、チェコ、アラブ首長国連邦、フィンランド、台湾、エジプト、タイ、トルコ、韓国、スウェーデン、ギリシャ、ベルギー (さらに 13 か国追加で計 27 か国、8/6)
バージョン 79.0.3
上記 27 か国 (8/11)
バージョン 79.0.4
上記 27 か国 (8/13)
オーストリア、メキシコ、オランダ、オーストラリア、インドネシア、インド、日本、ポーランド、アルジェリア、バーレーン、イラク、ヨルダン、クウェート、レバノン、モロッコ、オマーン、カタール、タンザニア、チュニジア、イエメン、ニジェール (21 か国追加で計 48 か国、8/18)
バージョン 79.0.5
ドイツ、フランス、イギリス、アメリカ、カナダを除く全世界 (計 146 か国と残りの全世界、8/19)
ドイツ、フランス、イギリス (3 か国追加で計 149 か国と残りの全世界、8/24)
アメリカ、カナダ (2 か国追加で全世界での展開完了、8/27)

何が変わったのか?

このリリースは、従来の Gecko レンダリングエンジンを搭載した現行バージョン (コードネーム Fennec) に代わり、Gecko レンダリングエンジンを Android 向けにパッケージ化した GeckoView エンジンと Android コンポーネント、新しいアーキテクチャ、コードベースに基づくものである。現行の Firefox 68 と並行して、Firefox Preview (コードネーム Fenix) として開発が続けられてきた。

強化型トラッキング防止、コレクション のような新しい機能や、ダークモードやツールバーを画面の上下に移動する機能のようなカスタマイズオプションが追加され、これまでよりも素早い改善とアップデートが提供される。

アップグレードの条件

新しい Firefox へアップグレードされるのは以下の条件を満たす場合である。ユーザーが特別な操作を行わなくても、今後 2 か月程度のうちに自動的にアップグレードが提供される。

  • Android 版 Firefox のアプリの自動更新が有効化されている
  • Android 5 以上
  • Android 版 Firefox バージョン 59 以上

古いバージョンの Android 版 Firefox (59 以前) の場合、アップグレードは提供されない。古いバージョンの Android の場合、OS をアップグレードするか、新しい Android OS をサポートする端末を入手して新しいブラウザーを使用する必要がある。

移行される項目

  • 開いているタブ
  • 履歴
  • ブックマーク
  • Firefox アカウント (ログイン情報が新しいブラウザーに移行される)
  • Cookie と一部のブラウザーキャッシュ
  • トップサイト
  • ログイン情報 (マスターパスワードを無効化している場合のみ)
  • アドオン
  • 既定の検索エンジン (カスタム検索エンジンは手動でセットアップする必要がある。この記事 を参照されたい)

アップグレードした後はどうなる?

より優れたパフォーマンスとセキュリティに加え、古い Android 版 Firefox で使用していたいくつかの機能と、新しい Firefox でのみ利用できる新しい機能を使用できるようになる。Pocket ストーリー は、アップグレード後に利用できるようになる。

アップデートされた Firefox のリリースサイクルは高速で、新しい機能を素早く簡単に入手できる。現在利用できる機能は以下の通り:

その他の機能についての詳細は、ナレッジベース を参照されたい。

アドオン

現状では、新しい Firefox に導入できるアドオンはごく一部のものに限られている。現在利用できるアドオンは以下の通り:

  • uBlock Origin
  • Dark Reader
  • HTTPS Everywhere
  • Privacy Badger
  • NoScript Security Suite
  • Decentraleyes
  • Search by Image
  • YouTube High Definition
  • Privacy Possum

サポート

新しい Firefox のサポートに関しては、以下の記事を参照されたい:

コメント 9 件 - “新しい Android 版 Firefox の段階的な展開が開始された”

  1. 匿名 :

    アドオンを切り捨てる。UIが気持ち悪い。悲しいなぁ。

  2. 匿名 :

    個人的にはいいデザインだなとは思ってるけど、如何せん機能がまだ中途半端な状態だなと思うなぁ…

  3. jj :

    Bookmark、履歴にアクセスしにくくなったし
    新規タブ開かないと無味乾燥な検索窓が出るだけ
    恐ろしいレベルの劣化。

    開発者の完全な自己満足のみで構成された
    史上最悪のアップデートだと思う
    モバイルでのシェアが完全消滅する日も近い

  4. 匿名 :

    Australisでの失敗(PC版のUI改悪で炎上)
    Quantumでの失敗(アドオン大量切り捨てで炎上)
    Mozillaには過去のやらかしから何も学んでないアホしか居ないのか?

    今回も世界中で非難されまくりで、FennecやIceCatなどのフォーク版に引っ越しが相次いでくっそ笑う
    Android版でもClassic Theme Restorerみたいなの作るのか?w

  5. 匿名 :

    「Chromeのシェアもっと伸ばしたいから使いづらくしろ」っていうGoogleの圧力で改悪したとしか思えないくらいの改悪。
    使いやすくするつもりであのUIにしたんだとしたら、開発者の頭がボイルしちゃったんだろう。

  6. 悲しくて涙が出る :

    最悪UIは慣れるようにする。

    しかし、削減がやばい。
    about:config 消えた
    view-source これも消えた
    アドオン ほぼ消滅
    あと、文字エンコーディング選択メニュー消えたのは痛い。00年代の古いサイトを良く巡るが、そういう古いサイトは文字化けしてる場合が多くタップでエンコーディング変えれたのは重宝してたのに。

    軽くはなったが、機能削減で軽くしたのならいらない、戻してほしい…

  7. 匿名 :

    マスターパスワードをセットしたまま自動更新されて、ログイン情報が飛んだ方々が居ますが、本当にこの更新は配信して良かったものなんですか?

  8. 匿名 :

    Fenix非公式ビルド
    https://github.com/interfect/fenix

  9. 匿名 :

    >>6
    ほんとこれ

    これがないと劣化版Chromeでしかない

コメントを投稿

XHTML: これらのタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>