MozillaZine.jp

Mozilla 関連情報の提供、啓蒙活動を行っているオンラインマガジン「MozillaZine」の日本語訳を提供しています。
リリース版 | Firefox 76.0.1 ESR 68.8.0 Android 68.8.1 Focus 8.3.0 iOS 25.1 | Thunderbird 68.8.1 | SeaMonkey 2.53.2 |
プレビュー版 | Firefox Nightly Beta Developer Edition Android Nightly Beta Preview Nightly Preview | Thunderbird Beta |
相互サポート | Firefox | Thunderbird | SeaMonkey | Lightning | Android | Firefox OS | iOS

Thunderbird 31.3 がリリースされた


Thunderbird

Mozilla は米国時間 2014 年 12 月 1 日、安定性及びセキュリティ問題を修正した Thunderbird 31.3.0 をリリースした。

Thunderbird 31.3.0 での新機能や改良点、セキュリティ修正、既知の問題は次のとおり。

新機能及び改良点

修正
アドレスリストの編集中に、LDAP の自動補完が終了し空白のエントリーができることがある不具合を修正 (Bug 1045753)
修正
チャンネルから離れる際に、チャンネルの参加者が表示から削除されない不具合を修正
修正
標準のクライアントを設定するダイアログ中の「統合をスキップ」を認識しない不具合を修正

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 6 件、重要度区分において 最高 3 件、 2 件、 1 件が修正されている。

MFSA 2014-90
OS X 10.10 上の Apple CoreGraphics フレームワークによって入力データが /tmp ディレクトリへ記録される
MFSA 2014-89
BasicThebesLayer から BasicContainerLayer への問題あるキャスト
MFSA 2014-88
メディアコンテンツ解析中のバッファオーバーフロー
MFSA 2014-87
HTML5 解析中の解放後使用
MFSA 2014-85
一部の入力ストリームによる XMLHttpRequest のクラッシュ
MFSA 2014-83
様々なメモリ安全性の問題 (rv:34.0 / rv:31.3)

Thunderbird 31.3.0 で修正された全ての問題は bugs fixes (英語) を参照されたい。

その他、Thunderbird 31.3.0 についての一般的な情報は Thunderbird 31.3.0 リリースノート を参照いただきたい。

アップデート及びシステム要件

Thunderbird 31.3.0 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、ウェブサイト よりダウンロード可能となっている。また、50 以上の言語に対応した各国語版は 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。既存の Thunderbird 5 以降のユーザには自動アップデート経由で通知されるが、ヘルプメニューの “Thunderbird について” より手動でアップデートすることも可能だ。
Thunderbird 31.3.0 の利用に必要なシステム要件については、Thunderbird 31.3.0 システム要件 を参照されたい。

ダウンロード:
Mozilla Japan
リリースノート:
Thunderbird 31.3.0 リリースノート
セキュリティアドバイザリ:
Thunderbird 31.3.0 で修正済み
修正されたバグ:
Bug Fixes (英語)

コメント 1 件 - “Thunderbird 31.3 がリリースされた”

  1. M.Nagatomo :

    メールアドレス補完機能に不具合があるようです。

    メールアドレスの一部の文字を入れるとリストが表示されますが、その中でメールアドレスを選択しても、Enterキーを押す(次のメールアドレス入力欄を表示させるため)と、なぜかリストの先頭のメールアドレスが入力されてしまいます。

    また、不具合と言うほどではないけれども不便な点があります。
    アドレスの先頭のアルファベットを入れると、途中にそのアルファベットが含まれるメールアドレスまで拾ってきて、リストに表示されるものが多くなって使いにくいです。

コメントを投稿

XHTML: これらのタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>