MozillaZine.jp

Mozilla 関連情報の提供、啓蒙活動を行っているオンラインマガジン「MozillaZine」の日本語訳を提供しています。
リリース版 |    Firefox 96.0.2 ESR 91.5.0 Android 96.2.0 Focus 96.2.0 iOS 96.0 | Thunderbird 91.5.1 | SeaMonkey 2.53.10.2 |
プレビュー版 | Firefox Nightly Developer Edition Beta Android Nightly Beta | Thunderbird Nightly Beta | SeaMonkey Beta |
相互サポート | Firefox | Thunderbird | SeaMonkey | Lightning | Android | Firefox OS | iOS

次回のCaminoリリースは1.5ヴァージョン


Lead Caminoの開発者Mike Pinkerton氏は、次回のCaminoのリリースは1.1というよりも、むしろ1.5になると発表した。Mike氏は、多くの改良の成果からバージョン数の引き上げの理由としている。「私はそれをCamino1.1と呼ぶのが正しいかもしれないが、個人的には1.5と呼んで相応しいに似ています。なぜなら、それがまさに私たちがした結果である。」

Camino1.5の新機能としては、スペルチェック、シングルのウィンドウモード、セッションのセーブ、Safariにより作成されるKeychainエントリーとの互換性、フィード検出、カスタムプロフィールと改良ポップアップ、Flash、そしてプラグインブロッキングが含んでいる。

ヴァージョンナンバーの変更は、ブランド名をつけることに影響するだけだ。そうでなければ、次のCaminoリリースのプランには変わりがない。つまり、Camino1.5には2月のCamino1.1Betaの重要段階として主に精度を高めなければならないのはバグフィックスしかないということだ。現在、1.5はリリース候補時期だが(これらのリリース候補体格は興奮し過ぎて、早とちりするレギュラーのエンドユーザーを避けるために広く促進されていない)、今月に最終版はリリースすることができました。

Camino Roadmapはpost-1.5経路を広げる。Camino1.6(1.5のようにMozilla1.8codebaseに基づく)は仮のアップデートであり、年末までと予想される。Camino2.0は多くの新機能と改良で、より大幅なアップグレードになる予定だ。Mozilla Firefox 3のように、それはMozilla1.9に基づかせる予定だ。Caminoは1.5を支持してヴァージョン1.1を避ける唯一のMozillaプロジェクトではない。2005年にFirefoxによって同じことが行われた。

次のCaminoリリースは1.5ヴァージョンナンバーで進める予定だ。

[ 原文 / 2007年5月11日(金) ]

コメントを投稿

XHTML: これらのタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>