MozillaZine.jp

Mozilla 関連情報の提供、啓蒙活動を行っているオンラインマガジン「MozillaZine」の日本語訳を提供しています。
リリース版 |    Firefox 81.0 ESR 78.3.0 Android 81.1.1 Focus 8.8.0 iOS 28.0 | Thunderbird 78.3.1 | SeaMonkey 2.53.4 |
プレビュー版 | Firefox Nightly Developer Edition Beta Android Nightly Beta | Thunderbird Beta | SeaMonkey Beta |
相互サポート | Firefox | Thunderbird | SeaMonkey | Lightning | Android | Firefox OS | iOS

SeaMonkey 2.22 がリリースされた


SeaMonkey

Mozilla Application Suite の開発をコミュニティベースで継続している The SeaMonkey® Project は米国時間 2013 年 10 月 30 日、安定性及びセキュリティ問題を修正を含む SeaMonkey のメジャーアップデート版である SeaMonkey 2.22 をリリースした。

SeaMonkey 2.22 は Firefox 25 と同じレンダリングエンジン Gecko 25 を搭載しており、バックエンドも Firefox 25 / Thunderbird 25 Beta 相当となっている。アプリケーションの内容としては、これまで通りブラウザ、メール & ニュースクライアント、Chatzilla、Web 開発ツールを搭載したオールインワンパッケージとなっている。

SeaMonkey 2.22 での新機能や改良点、セキュリティ修正は次のとおり。

新機能及び改良点

新機能
Web Audio をサポート
開発者
CSS3 の background-attachment:local を実装
開発者
ECMAScript 6 の関数 の多くを実装
HTML5
iframe の srcdoc 属性に対する処理が実装され、インラインフレーム内に埋め込める ようになった
修正
安定性の向上

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 9 件。重要度区分において最高 5 件、 2 件、 2 件が修正されている。

MFSA 2013-102
HTML ドキュメントテンプレートにおける解放後使用
MFSA 2013-101
ワーカーにおけるメモリ破壊
MFSA 2013-100
ASAN ファジングを通じて発見された様々な解放後使用問題
MFSA 2013-98
オフラインキャッシュ更新時の解放後使用
MFSA 2013-97
画像デコード時の循環回収されたオブジェクトへの書き込み
MFSA 2013-96
一部の JavaScript 関数における不適切なメモリ初期化とオーバーフロー
MFSA 2013-95
XSLT と未初期化データによるアクセス違反
MFSA 2013-94
SELECT 要素を用いたロケーションバー偽装
MFSA 2013-93
様々なメモリ安全性の問題 (rv:25.0 / rv:24.1 / rv:17.0.10)

SeaMonkey 2.22 での修正は New Features and Fixes を、既知の問題は Known Issues を、SeaMonkey 2.22 についての一般的な情報は SeaMonkey 2.22 Release Notes を参照いただきたい。

アップデート及びシステム要件

SeaMonkey 2.22 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、SeaMonkey Project ウェブサイト より日本語を含む 26 言語に対応した各言語版がダウンロード可能である。既存の SeaMonkey ユーザには自動アップデート経由で通知されるが、手動でアップデートすることも可能だ。

ダウンロード:
SeaMonkey® Project
リリースノート:
SeaMonkey 2.22 Release Note
セキュリティアドバイザリ:
SeaMonkey 2.22 で修正済み
修正されたバグ:
New Features and Fixes (英語)

コメントを投稿

XHTML: これらのタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>