MozillaZine.jp

Mozilla 関連情報の提供、啓蒙活動を行っているオンラインマガジン「MozillaZine」の日本語訳を提供しています。
リリース版 | Firefox 63.0.1 ESR 60.3.0 Android 63.0.2 iOS 14.0 | Thunderbird 60.3.0 | SeaMonkey 2.49.4 |
プレビュー版 | Firefox Nightly 65.0 Beta 64.0 Developer Edition 64.0 Android Nightly 65.0 Beta 64.0 | Thunderbird Beta 64.0 | SeaMonkey Nightly 2.58 |
相互サポート | Firefox | Thunderbird | SeaMonkey | Lightning | Android | Firefox OS | iOS

Firefox for Android 25.0 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2013 年 10 月 29 日、安定性及びセキュリティ問題を修正を含む Android 向け Firefox のメジャーアップデート版である Firefox for Android 25.0 をリリースした。

Firefox for Android 25.0 での新機能や改良点、セキュリティ修正は次のとおり。

新機能及び改良点

新機能
Web Audio をサポート
新機能
スマートフォンを貸した時に利用してもらうための、ゲストブラウジング機能を追加
新機能
混合コンテンツをブロックするようになった (中間者攻撃や HTTPS 通信を利用するページの盗聴を防止)
新機能
アドオンがアドレスバーにアイコンを表示できるようになった
変更
ルーマニア、アイルランド、ウクライナの各ロケールを追加
開発者
デスクトップ版 Firefox からのリモートデバッグを有効にする項目を設定に追加
開発者
CSS3 の background-attachment:local を実装
開発者
ECMAScript 6 の関数 の多くを実装
HTML5
iframe の srcdoc 属性に対する処理が実装され、インラインフレーム内に埋め込める ようになった

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 10 件。重要度区分において最高 5 件、 3 件、 2 件が修正されている。

MFSA 2013-102
HTML ドキュメントテンプレートにおける解放後使用
MFSA 2013-101
ワーカーにおけるメモリ破壊
MFSA 2013-100
ASAN ファジングを通じて発見された様々な解放後使用問題
MFSA 2013-99
iframe を使った PDF.js のセキュリティ制限回避
MFSA 2013-98
オフラインキャッシュ更新時の解放後使用
MFSA 2013-97
画像デコード時の循環回収されたオブジェクトへの書き込み
MFSA 2013-96
一部の JavaScript 関数における不適切なメモリ初期化とオーバーフロー
MFSA 2013-95
XSLT と未初期化データによるアクセス違反
MFSA 2013-94
SELECT 要素を用いたロケーションバー偽装
MFSA 2013-93
様々なメモリ安全性の問題 (rv:25.0 / rv:24.1 / rv:17.0.10)

Firefox for Android 25.0 で修正された全ての問題は Mozilla.org bugs fixes (英語) を参照されたい。

その他、Firefox for Android 25.0 についての一般的な情報は Firefox for Android 25.0 リリースノート を、開発者向けの情報は MDN を参照いただきたい。

Firefox for Android 25.0 は、Google Play からダウンロード可能となっている。また、既存の Firefox for Android のユーザにはGoogle Play 経由でアップデートが提供される。

ダウンロード:
Google Play, Mozilla Japan
リリースノート:
Firefox for Android 25.0 リリースノート
セキュリティアドバイザリ:
Firefox 25 で修正済み
Firefox for Android 25.0 で修正されたバグ:
Bug Fixes (英語)

コメントを投稿

XHTML: これらのタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>