MozillaZine.jp

Mozilla 関連情報の提供、啓蒙活動を行っているオンラインマガジン「MozillaZine」の日本語訳を提供しています。
リリース版 |    Firefox 124.0.2 ESR 115.9.1 Android 124.2.0 Focus 124.2.0 iOS 124.2 | Thunderbird 115.9.0 | SeaMonkey 2.53.18.2 |
プレビュー版 | Firefox Nightly Developer Edition Beta Android Nightly Beta | Thunderbird Nightly Beta | SeaMonkey Beta |
相互サポート | Firefox | Thunderbird | SeaMonkey | Lightning | Android | Firefox OS | iOS

Firefox for Android 124 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2024 年 3 月 19 日、安定性及びセキュリティ問題の修正を含む Firefox for Android のメジャーアップデート版である Firefox for Android 124 をリリースした。

Firefox for Android 124 での新機能や改良点は次のとおり (リリースノートおよび GitHub の Releases 参照)。

新機能及び改良点

新機能
Pull to Refresh (引っ張って更新) を既定で有効化。以前より使いやすくなった
新機能
マウス使用時の HTML ドラッグ & ドロップ API をサポート。外部アプリケーションからのプレーンテキストや HTML テキストのドロップ操作も受け付けるようになった

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 12 件、重要度区分において 最高 1 件、 5 件、 5 件、 1 件が修正されている。

CVE-2024-2605
Windows Error Reporter could be used as a Sandbox escape vector
CVE-2024-2606
Mishandling of WASM register values
CVE-2024-2607
JIT code failed to save return registers on Armv7-A
CVE-2024-2608
Integer overflow could have led to out of bounds write
CVE-2024-5388
NSS susceptible to timing attack against RSA decryption
CVE-2024-2609
Permission prompt input delay could expire when not in focus
CVE-2024-2610
Improper handling of html and body tags enabled CSP nonce leakage
CVE-2024-2611
Clickjacking vulnerability could have led to a user accidentally granting permissions
CVE-2024-2612
Self referencing object could have potentially led to a use-after-free
CVE-2024-2613
Improper handling of QUIC ACK frame data could have led to OOM
CVE-2024-2614
Memory safety bugs fixed in Firefox 124, Firefox ESR 115.9, and Thunderbird 115.9
CVE-2024-2615
Memory safety bugs fixed in Firefox 124

サポート

新しい Firefox のサポートに関しては、以下の記事を参照されたい:

ダウンロード:
Mozilla, Google Play
リリースノート:
Firefox for Android 124.0 リリースノート
セキュリティアドバイザリ:
MFSA 2024-05
修正されたバグ:
124.0 (英語)

コメントを投稿

XHTML: これらのタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>