MozillaZine.jp

Mozilla 関連情報の提供、啓蒙活動を行っているオンラインマガジン「MozillaZine」の日本語訳を提供しています。
リリース版 |    Firefox 123.0 ESR 115.8.0 Android 123.0 Focus 123.0 iOS 123.0 | Thunderbird 115.8.0 | SeaMonkey 2.53.18.1 |
プレビュー版 | Firefox Nightly Developer Edition Beta Android Nightly Beta | Thunderbird Nightly Beta | SeaMonkey Beta |
相互サポート | Firefox | Thunderbird | SeaMonkey | Lightning | Android | Firefox OS | iOS

Thunderbird 102.7.1 がリリースされた


Thunderbird

Mozilla は米国時間 2023 年 2 月 1 日、新機能の追加及び安定性の問題を修正した Thunderbird のマイナーアップデート版である Thunderbird 102.7.1 をリリースした。

Thunderbird 102.7.1 は Firefox ESR 102.7 と同じレンダリングエンジンを搭載しており、バックエンドも Firefox ESR 102.7 相当となっている。

修正
Microsoft Office 365 アカウントの OAuth2 認証に失敗する問題を修正
2/2 編者追記: 現状、Linux 版で OAuth2 認証が利用できないとの報告がある (Bug 1810760) ほか、法人アカウントの一部および個人アカウントでは SMTP のみ OAuth2 認証が利用できないことが確認されている (フォーラムトピック, Bug 1775077) ので注意されたい
2/3 編者追記: Linux 版における問題は、本バージョンの公式ビルドにおける新たなバグではなく、この問題が修正される前の古いコードに基づくパッケージがディストリビューションによって配布されていたことが原因であることが判明している。また、SMTP での問題の回避法 (法人アカウント限定) をフォーラムに記載しているので参照されたい。
修正
差出人情報を切り替えると HTML 署名中のリモート画像が表示されない問題を修正
修正
行末に “\r\r\n” を含む vCard のインポートに失敗する問題を修正
修正
アドオンの「寄付」ボタンをクリックすると、外部ブラウザーではなく Thunderbird のタブページとして開かれる問題を修正
修正
未認識の IQ クエリーに XMPP が応答せず、サーバーが接続を終了することがある問題を修正
修正
Windows: Windows 10 のダークカラーモードで、ウインドウのタイトルバーボタン (最小化/最大化/閉じる) が表示されない問題を修正

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 1 件、重要度区分において 1 件が修正されている。

CVE-2023-0430
Revocation status of S/Mime signature certificates was not checked


Thunderbird 102.7.1 で修正された全ての問題は Mozilla.org bugs fixes (英語) を参照されたい。

その他、Thunderbird 102.7.1 についての一般的な情報は Thunderbird 102.7.1 リリースノート を参照いただきたい。

アップデート及びシステム要件

Thunderbird 102.7.1 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、50 以上の言語に対応した各国語版は 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。既存の Thunderbird 78 以降のユーザには自動アップデート経由で通知されるが、ヘルプメニューの “Thunderbird について” より手動でアップデートすることも可能だ。

ダウンロード:
Mozilla
リリースノート:
Thunderbird 102.7.1 リリースノート
セキュリティアドバイザリ:
MFSA 2023-04
修正されたバグ:
Bug Fixes (英語)

コメントを投稿

XHTML: これらのタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>