MozillaZine.jp

Mozilla 関連情報の提供、啓蒙活動を行っているオンラインマガジン「MozillaZine」の日本語訳を提供しています。
リリース版 |    Firefox 109.0 ESR 102.7.0 Android 109.1.1 Focus 109.1.1 iOS 109.0 | Thunderbird 102.7.0 | SeaMonkey 2.53.15 |
プレビュー版 | Firefox Nightly Developer Edition Beta Android Nightly Beta | Thunderbird Nightly Beta | SeaMonkey Beta |
相互サポート | Firefox | Thunderbird | SeaMonkey | Lightning | Android | Firefox OS | iOS

SeaMonkey 2.53.15 がリリースされた


SeaMonkey

Mozilla Application Suite の開発をコミュニティベースで継続している The SeaMonkey® Project は米国時間 2023 年 1 月 20 日、SeaMonkey 2.53.15 をリリースした。

SeaMonkey 2.53.15 は Firefox ESR 60.8 と同じレンダリングエンジン Gecko 60 を搭載しており、バックエンドも Firefox ESR 60.8/Thunderbird 60.8 相当となっている。アプリケーションの内容としては、これまで通りブラウザ、メール & ニュースクライアント、Web 開発ツールを搭載したオールインワンパッケージとなっている。

バージョン 2.53.1 以前からのアップグレードの場合、プロファイルの完全なバックアップを必ず作成しておく必要がある。プロファイルの構成が変更されており、アップグレード後には古いバージョンの SeaMonkey に戻ることはできなくなる。

ユーザープロファイルの構成の変更に伴い、バージョン 2.49.5 以前からのアップグレードに際して以下の注意点がある。

  • マスターパスワードを利用している場合にはアップデートの前にこれを解除する必要がある。設定メニューの「マスターパスワードを変更」から、パスワード欄を空白にすることでマスターパスワードを解除できる。「パスワードのリセット」機能を使うと、保存されているすべてのログイン情報が削除されるため注意が必要である。
  • アップデートの完了後には、プロファイルフォルダー内の key3.db および cert8.db の 2 つのファイルを削除する必要がある。これはログイン情報を含む古い形式のファイルである。

また、SeaMonkey 2.53.1 および 2.53.2 の言語パックをインストールしている場合には、アップデートの前にこれらをアンインストールしておく必要がある。 これらは SeaMonkey 2.53.x すべてに互換性があるとされているが、実際には異なるバージョンの SeaMonkey で使用すると問題が発生する。アップデート後に、バージョン 2.53.15 の言語パックをインストールする必要がある。

Chatzilla、DOM Inspector、Lightning に加え、SeaMonkey Debug and QA UI のベータ版が本リリースには同梱されている。

新機能及び改良点

本リリースでは、TLS/SSL の取り扱い (NSS) が Mozilla ESR 102 相当にアップデートされている。また、macOS 13 Ventura における全画面表示への切り換えに関する問題や起動時のクラッシュも修正されている。

SeaMonkey
Microtasks および promise (bug 1193394)
SeaMonkey
queueMicrotask() の実装 (bug 1480236)
SeaMonkey
ツリーから古い同期 contentPrefService を除去 (bug 886907, bug 1392929)
SeaMonkey
いまだに ‘general.useragent.locale’ を使用しているものを除去 (bug 1410736, bug 1410738)
SeaMonkey
‘general.useragent.locale’ から intl.locale.requested.locale リストへの移行 (bug 1441016)
SeaMonkey
BCP47 ロケールリストを保存する設定を導入 (bug 1414390, bug 1423532, bug 1441026)
SeaMonkey
nsIX509CertDB から証明書検証の同期 API を除去 (bug 1453741, bug 1453778)
SeaMonkey
タスクバーのプレビューファビコンが空白になる問題を修正 (bug 1475524)
SeaMonkey
Imagelibs の decodeImageAsyncWindows 呼び出しがコールバックを使用する問題を修正 (bug 1790695)
SeaMonkey
Windows: サンドボックスコードのプロセスから PermissionsService を除去 (bug 1788233, bug 1789782, bug 1794394)
SeaMonkey
セキュリティ情報ダイアログに証明書の状態が表示されない問題を修正 (bug 1293378)
SeaMonkey
mailnews 内の nsIPlatfromCharset を置換 (bug 1381762)
SeaMonkey
nsMsgI18NFileSystemCharset() を NS_CopyUnicodeToNative/NS_CopyNativeToUnicode() に置換 (bug 1506422)
SeaMonkey
Outlook/Hotmail の ‘ごみ箱’ フォルダーに対応 (bug 1320191)
SeaMonkey
フィルターメソッドのいくつかがスクリプト可能になった (bug 1497513)
SeaMonkey
‘m_curFolder’ の非同期リセットによって nsMsgFilterAfterTheFact::ApplyFilter() でクラッシュする問題を修正 (bug 537017)
SeaMonkey
nsIMsgFolder.logRuleHitFail() からのメッセージをローカライズ (bug 1352731)
SeaMonkey
メッセージフィルターの実行、アクションのログ機能を追加 (bug 697522)
SeaMonkey
フィルターの実行前に非ヌルヘッダーかどうかを確認 (bug 1563959)
SeaMonkey
CONDSTORE により、起動時の不要なフラグ取得を削除 (bug 1428097)
SeaMonkey
カスタムタグ (キーワード) がすべてのユーザーに見えている問題を修正 (bug 583677)
SeaMonkey
共有フォルダーのタグの取り扱いを改善 (bug 1596371)
SeaMonkey
Yahoo/AOL の迷惑メールのセット/リセットが可能となった (bug 1260059)
SeaMonkey
スペルチェッカーの準備ができていない場合、件名をチェックしないようになった (bug 1069787)
SeaMonkey
mailnews_account_settings.xhtml 内の文法上の問題を修正 (bug 1793291)
SeaMonkey
nsIMemory の使用を除去 (bug 1792578)
SeaMonkey
廃止された GetStringBundleService の呼び出しを除去 (bug 1794400)
SeaMonkey
macOS Ventura 13.0 でクラッシュする問題を修正 (bug 1797696)
SeaMonkey
ウェブサイトのナビゲーションバーが機能を停止する問題を修正 (bug 1803918)
SeaMonkey
macOS Ventura 13.0 で全画面表示への切り換えが機能しない問題を修正 (bug 1804537)
SeaMonkey
ビルドシステムの Python 2 から Python 3 への移行を継続
SeaMonkey
clang 15 および macOS SDK 11.3 のサポートを追加
SeaMonkey
検証済みの Rust 1.65 への互換性を追加

セキュリティ修正

本項執筆時点で、新機能および改良点の詳細は公開されていないが、 Firefox ESR 60.8/Thunderbird 60.8 相当のセキュリティ修正に加え、Firefox ESR 102.7/Thunderbird 102.6 からのバックポートによるセキュリティ修正が行われている。

SeaMonkey 2.53.15 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、SeaMonkey Project ウェブサイト より日本語を含む 23 言語に対応した各言語版がダウンロード可能である。本リリースでは、既存のバージョン 2.53.5 以降の SeaMonkey ユーザへの自動アップデートが提供されている (詳細)。

ダウンロード:
SeaMonkey 2.53.15
リリースノート:
Release notes

コメントを投稿

XHTML: これらのタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>