MozillaZine.jp

Mozilla 関連情報の提供、啓蒙活動を行っているオンラインマガジン「MozillaZine」の日本語訳を提供しています。
リリース版 | Firefox 70.0.1 ESR 68.2.0 Android 68.2.1 Focus 8.0.24 iOS 20.1 | Thunderbird 68.2.2 | SeaMonkey 2.49.5 |
プレビュー版 | Firefox Nightly Beta Developer Edition Android Nightly Beta Preview Nightly Preview Bera | Thunderbird Beta |
相互サポート | Firefox | Thunderbird | SeaMonkey | Lightning | Android | Firefox OS | iOS

Thunderbird 68.2.0 がリリースされた


Thunderbird

Thunderbird コミュニティは米国時間 2019 年 10 月 22 日、新機能の追加及び安定性の問題を修正した Thunderbird のマイナーアップデート版である Thunderbird 68.2.0 をリリースした。

Thunderbird 68.2.0 は Firefox 68 と同じレンダリングエンジンを搭載しており、バックエンドも Firefox ESR 68.2 相当となっている。

Thunderbird 68.2.0 では、事前の予告通りに Thunderbird 60 からの自動アップグレードが行われる。カレンダーアドオンである Lightning をインストールしている場合、こちらも新しい Thunderbird に適合したバージョンへの自動アップデートが行われる。 Lightning に関して問題が発生した場合には、トラブルシューティング記事 を参照されたい。

Thunderbird 68.2.0 での新機能や改良点は次のとおり。

新機能及び改良点

新機能
メッセージの表示のための WebExtension API
新機能
メッセージの検索のための WebExtension API
修正
ダークテーマにおける未読メッセージの表示の改善
修正
メーリングリストの編集における複数の問題の修正
修正
macOS の Notarization への対応後、アドレス帳および通知との統合が機能していなかった問題を修正
修正
再起動後にアプリケーションのウインドウサイズが維持されない問題を修正
修正
32 ビット版から 64 ビット版へアップグレードする際の問題を修正。既存のプロファイルが認識されない場合、「トラブルシューティング情報」の about:profiles から、既定のプロファイルを指定してほしい

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 9 件、重要度区分において 最高 1 件、 3 件、 5 件5が修正されている。

CVE-2019-15903
Heap overflow in expat library in XML_GetCurrentLineNumber
CVE-2019-11757
Use-after-free when creating index updates in IndexedDB
CVE-2019-11758
Potentially exploitable crash due to 360 Total Security
CVE-2019-11759
Stack buffer overflow in HKDF output
CVE-2019-11760
Stack buffer overflow in WebRTC networking
CVE-2019-11761
Unintended access to a privileged JSONView object
CVE-2019-11762
document.domain-based origin isolation has same-origin-property violation
CVE-2019-11763
Incorrect HTML parsing results in XSS bypass technique
CVE-2019-11764
Memory safety bugs fixed in Thunderbird 68.2

既知の問題

未解決
言語パックの利用時に、標準フォルダーの名前がローカライズされない (バージョン 68.2.1 で修正予定)
未解決
SSL が有効な場合に LDAP 検索が機能しない。回避策: SSL を無効にする、あるいは詳細オプションの証明書タブの「OCSP レスポンダーサーバーに問い合わせて証明書の現在の正当性を確認する」オプションを無効にする

Thunderbird 68.2.0 で修正された全ての問題は Mozilla.org bugs fixes (英語) を参照されたい。

その他、Thunderbird 68.2.0 についての一般的な情報は Thunderbird 68.2.0 リリースノート を参照いただきたい。

アップデート及びシステム要件

Thunderbird 68.2.0 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、50 以上の言語に対応した各国語版は 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。既存の Thunderbird 60 のユーザには自動アップデート経由で通知されるが、ヘルプメニューの “Thunderbird について” より手動でアップデートすることも可能だ。

Thunderbird 68.2.0 の利用に必要なシステム要件については、Thunderbird 68.2.0 システム要件 を参照されたい。

ダウンロード:
thunderbird.net
リリースノート:
Thunderbird 68.2.0 リリースノート

修正されたバグ:
Bug Fixes (英語)

コメント 1 件 - “Thunderbird 68.2.0 がリリースされた”

  1. k.j :

    昨日(2019年10月30日)68.2.0に更新したら全て初期化されてしまいました。
    もう一台更新したら同じように全て初期化されました。その他のPCは怖くて更新止めています。
    尚.私はCCleanerは使っていません。
    何か良い復元方法があればご教授お願い致します。

コメントを投稿

XHTML: これらのタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>