MozillaZine.jp

Mozilla 関連情報の提供、啓蒙活動を行っているオンラインマガジン「MozillaZine」の日本語訳を提供しています。
リリース版 | Firefox 65.0.1 ESR 60.5.1 Android 65.0.1 iOS 14.0 | Thunderbird 60.5.1 | SeaMonkey 2.49.4 |
プレビュー版 | Firefox Nightly 67.0 Beta 66.0 Developer Edition 66.0 Android Nightly 67.0 Beta 65.0 | Thunderbird Beta 65.0 | SeaMonkey Nightly 2.58 |
相互サポート | Firefox | Thunderbird | SeaMonkey | Lightning | Android | Firefox OS | iOS

Thunderbird 60.5.0 がリリースされた


Thunderbird

Mozilla は米国時間 2019 年 1 月 29 日、Thunderbird 60.4.0 リリース後に明らかとなった不具合を修正した Thunderbird 60.5.0 をリリースした。

Thunderbird 60.5.0 での改良点は次のとおり。

新機能及び改良点

新機能
FileLink (添付ファイルをリンク共有するもの) プロバイダーとして WeTransfer をサポート
新機能
ローカルの XML ファイルから OpenSearch 検索エンジンを追加できるようになった
新機能
より多くの検索エンジン: いくつかの言語において Google および DuckDuckGo を既定で利用可能となって
新機能
アカウント作成において、Microsoft Exchange プロトコルを利用するサーバーを検出可能となった。このプロトコルをサポートするサードパーティーアドオン (Owl) のインストールが必要となる
修正
Dropbox アドオン などの WebExtension ベースの FileLink アドオンをサポート
修正
新着メッセージ通知の音をカスタマイズしているとクラッシュする問題を修正

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 4 件、重要度区分において 最高 2 件、 1 件、 1 件が修正されている。

CVE-2018-18500
Use-after-free parsing HTML5 stream
CVE-2018-18505
Privilege escalation through IPC channel messages
CVE-2016-5824
DoS (use-after-free) via a crafted ics file
CVE-2018-18501
Memory safety bugs fixed in Firefox 65, Firefox ESR 60.5, and Thunderbird 60.5

既知の問題

未解決
Mozilla プラットフォームの変更により、Windows のネットワーク共有においてドライブレターが割り当てられていたプロファイルは、UNC で認識される
未解決
いくつかのサーバーへの CalDav アクセスが機能しない。network.cookie.same-site.enabled を false とすることで回避できる
未解決
チャット: Twitter.com での API の変更により、Twitter が機能しない

Thunderbird 60.5.0 についての一般的な情報は Thunderbird 60.5.0 リリースノート を参照いただきたい。

Thunderbird 60.5.0 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、Mozilla ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、50 以上の言語に対応した各国語版は 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。既存の Thunderbird 5 以降のユーザには自動アップデート経由で通知されるが、ヘルプメニューの “Thunderbird について” より手動でアップデートすることも可能だ。

ダウンロード:
Mozilla
リリースノート:
Thunderbird 60.5.0 リリースノート
セキュリティアドバイザリ:
MFSA 2019-03
修正されたバグ:
Bug Fixes (英語)

コメントを投稿

XHTML: これらのタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>