MozillaZine.jp

Mozilla 関連情報の提供、啓蒙活動を行っているオンラインマガジン「MozillaZine」の日本語訳を提供しています。
リリース版 | Firefox 67.0.2 ESR 60.7.0 Android 67.0.2 iOS 17.3 | Thunderbird 60.7.1 | SeaMonkey 2.49.4 |
プレビュー版 | Firefox Nightly 69.0 Beta 68.0 Developer Edition 68.0 Android Nightly 69.0 Beta 68.0 | Thunderbird Beta 67.0 | SeaMonkey Nightly 2.58 |
相互サポート | Firefox | Thunderbird | SeaMonkey | Lightning | Android | Firefox OS | iOS

Thunderbird 38.5.1 がリリースされた


Thunderbird

Mozilla は米国時間 2016 年 1 月 7 日、Thunderbird 38.5.1 をリリースした。(注:リリースノート公開時にはリリース日は 2015 年 12 月 28 日とされていたが、後に修正された)

Thunderbird 38.5.1 での改良点は次のとおり。

新機能及び改良点

修正
Windows 版: Microsoft の新しい署名要件に合わせるため、SHA-256 で署名された証明書を使用するようになった (Bug 1079858)

既知の問題

未解決
Windows XP SP2 に Thunderbird 38.5.1 をインストールすることができない (Thunderbird 38.5.0 をインストールした後にアップデートすることは可能)

Thunderbird 38.5.1 についての一般的な情報は Thunderbird 38.5.1 リリースノート を参照いただきたい。

アップデート及びシステム要件

Thunderbird 38.5.1 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、ウェブサイト よりダウンロード可能となっている。また、50 以上の言語に対応した各国語版は 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。既存の Thunderbird 5 以降のユーザには自動アップデート経由で通知されるが、ヘルプメニューの “Thunderbird について” より手動でアップデートすることも可能だ。
Thunderbird 38.5.1 の利用に必要なシステム要件については、Thunderbird 38.5.1 システム要件 を参照されたい。

ダウンロード:
Mozilla Japan
リリースノート:
Thunderbird 38.5.1 リリースノート
修正されたバグ:
Bug Fixes (英語)

コメント 8 件 - “Thunderbird 38.5.1 がリリースされた”

  1. Ivarn :

    “on December 28, 2015”とリリースノートまで用意されているのですが,まだ提供されていないようでは?

  2. newyear :

    38.5.1は一体何処にあるの?何処にもないです。

  3. 匿名 :

    38.5.0がどうしようもない不具合出してます。
    ・メールのトレイにメールが何通あるという表示はあるのに、全てのトレイでメールが表示されない。
    Thunderbird Mail – 受信トレイ という表示がどこをクリックしても表示されているだけ。

    ・ツールからオプションを開こうとして、オプションをクリックしても無反応
    これと同様に、Thunderbirdの右上にある三アイコンをクリックしてから、表示されるメニューも一部動作していない。

    使用OS:Windows8 Pro 64bit

  4. newyear :

    昨日、漸く38.5.1リリースですね。

  5. Cai :

    リリースノートが更新され、リリース日の修正及び既知の問題が追記されていたものを反映しました。

  6. tokumei :

    このバージョンがリリースされたとたん、送信済みトレイが消える不具合に陥りました、Office365/IMAPの組み合わせで昨日から10名ほど同じ現象です。
    何とかなりませんんか?
    非常に困ってます。

  7. Hideki Momokita. :

    はじめまして、MRC近畿センターの桃北 秀樹といいます。
    Thunderbird 38.5.1ですが、以下のエラーメッセージが出ます。証明書表示のところで『例外を追加』しても一時的によくなりますが、Wondows10を再起動すると元の現象に戻ってしまいます。どうすれば良いのでしょうか?

    ———————————

    安全な接続ができませんでした

    live.mozillamessaging.com は不正なセキュリティ証明書を使用しています。

    発行者の証明書が不明であるためこの証明書は信頼されません。

    (エラーコード: sec_error_unknown_issuer)

    サーバの設定に問題があるか、誰かが正規のサーバになりすましている可能性があります。
    以前は正常に接続できていた場合、この問題は恐らく一時的なものですので、後で再度試してみてください。
    ———————————————-

  8. Hideki Momokita. :

     いつもお世話になります。
     2016/04/12 – 12:49:13 – 投稿しましたMRC近畿センターの桃北といいます。

     Thunderbirdを38.7.2にバージョンアップしましたが、現象は変わらずです。
     証明書表示のところで『例外を追加』再度入力すると、一時的に現象は治りますが、
    Windowsの再起動をすると元に戻ってしまいます。
     また、証明書表示のところで『例外を追加』した証明書をすべて削除してみましたが、
    現象は変わらずで、『www.mozilla.org は不正なセキュリティ証明書を使用しています。』となります。
     www.mozilla.org はSHA-256で登録されているようで、DigiCert SHA2 Extended Validation Server CAが発行者となっています。Thunderbird 38.5.1でサポートしているとの
    公式発表があったようですが、どうすればよいのでしょうか?

コメントを投稿

XHTML: これらのタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>