MozillaZine.jp

Mozilla 関連情報の提供、啓蒙活動を行っているオンラインマガジン「MozillaZine」の日本語訳を提供しています。
リリース版 | Firefox 76.0.1 ESR 68.8.0 Android 68.8.1 Focus 8.3.0 iOS 25.1 | Thunderbird 68.8.1 | SeaMonkey 2.53.2 |
プレビュー版 | Firefox Nightly Beta Developer Edition Android Nightly Beta Preview Nightly Preview | Thunderbird Beta |
相互サポート | Firefox | Thunderbird | SeaMonkey | Lightning | Android | Firefox OS | iOS

Thunderbird 38.3.0 がリリースされた


Thunderbird

Mozilla は米国時間 2015 年 9 月 29 日、安定性及びセキュリティ問題を修正した Thunderbird 38.3.0 をリリースした。

Thunderbird 38.3.0 での改良点、セキュリティ修正は次のとおり。

新機能及び改良点

新機能
「保存したファイル」タブに検索フィールドとクリアボタンが実装された
修正
ニュースグループ上での (右) クリックからメッセージを直接作成することが再度できるようになった
修正
国際的な文字を含む CSV ファイルからのアドレス帳のインポートが可能となった
修正
maildir を利用している場合にフィルタのルールを実行してもクラッシュしなくなった
修正
maildir を利用している場合に、受信フォルダが削除されることがなくなった
修正
長大な Reference ヘッダを含むメッセージが正しくデコードされるようになった
修正
OS の休止状態から復帰した後でも新着メッセージの確認が正しく動作するようになった
修正
終了時にチャットエントリがグローバルデータベースから消失することがなくなった

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 9 件、重要度区分において 最高 3 件、 4 件、 2 件が修正されている。

MFSA 2015-113
ANGLE グラフィックスライブラリの libGLES におけるメモリ安全性問題
MFSA 2015-112
コード監査を通じて発見された一連の脆弱性
MFSA 2015-111
CORS 事前リクエストヘッダ処理における間違い
MFSA 2015-110
画像のドラッグ&ドロップによってリダイレクト後の最終 URL が露呈される
MFSA 2015-106
HTML メディアコンテンツ操作中の解放後使用
MFSA 2015-105
WebM 動画デコード中のバッファオーバーフロー
MFSA 2015-101
libvpx における VP9 形式動画解析中のバッファオーバーフロー
MFSA 2015-100
Mozilla アップデータを通じたローカルユーザによる任意のファイル改ざん
MFSA 2015-96
様々なメモリ安全性の問題 (rv:41.0 / rv:38.3)

Thunderbird 38.3.0 で修正された全ての問題は bugs fixes (英語) を参照されたい。

その他、Thunderbird 38.3.0 についての一般的な情報は Thunderbird 38.3.0 リリースノート を参照いただきたい。

アップデート及びシステム要件

Thunderbird 38.3.0 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、ウェブサイト よりダウンロード可能となっている。また、50 以上の言語に対応した各国語版は 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。既存の Thunderbird 5 以降のユーザには自動アップデート経由で通知されるが、ヘルプメニューの “Thunderbird について” より手動でアップデートすることも可能だ。
Thunderbird 38.3.0 の利用に必要なシステム要件については、Thunderbird 38.3.0 システム要件 を参照されたい。

ダウンロード:
Mozilla Japan
リリースノート:
Thunderbird 38.3.0 リリースノート
セキュリティアドバイザリ:
Thunderbird 38.3 で修正済み
修正されたバグ:
Bug Fixes (英語)

コメントを投稿

XHTML: これらのタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>