MozillaZine.jp

Mozilla 関連情報の提供、啓蒙活動を行っているオンラインマガジン「MozillaZine」の日本語訳を提供しています。
リリース版 | Firefox 76.0.1 ESR 68.8.0 Android 68.8.1 Focus 8.3.0 iOS 25.1 | Thunderbird 68.8.1 | SeaMonkey 2.53.2 |
プレビュー版 | Firefox Nightly Beta Developer Edition Android Nightly Beta Preview Nightly Preview | Thunderbird Beta |
相互サポート | Firefox | Thunderbird | SeaMonkey | Lightning | Android | Firefox OS | iOS

Firefox 41 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2015 年 9 月 22 日、安定性及びセキュリティ問題の修正を含む Firefox のメジャーアップデート版である Firefox 41.0 をリリースした。延長サポート版 である Firefox ESR 38.3.0 も継続してリリースされている。

Firefox 41.0 での新機能や改良点、セキュリティ修正、既知の問題は次のとおり。

新機能及び改良点

新機能
TSF (Text Services Framework) の利用により、Windows Vista 以降での IME サポートが向上
新機能
Firefox アカウントのプロフィールに写真を設定できるようになった
新機能
Firefox Hello にインスタントメッセージ機能を追加
新機能
SVG 画像が favicon として利用できるようになった
新機能
box-shadow の描画がより高速になった
変更
WebRTC の利用には、PFS (Perfect Forward Security) が必須となった
変更
Windows 7 において、WARP を無効化
変更
画像のデコードの高速化
変更
‘transform’ や ‘opacity’ を利用するアニメーションの、コンポジッタースレッドでの実行を有効化
HTML5
MessageChannelMessagePort API が標準で利用できるようになった
HTML5
SVG 要素の transform-origin 属性を実装
HTML5
CSS Font Loading API が標準で利用できるようになった
HTML5
Navigator.onLine で、実際の接続状況を取得できるようになりました (Windows と Mac OS X のみ)
HTML5
document.execCommand(“cut”) / document.execCommand(“copy”) を利用して、Web コンテンツのコピーとカットができるようになった
HTML5
Cache API が実装され、window / Worker / ServiceWorker から名前付きキャッシュに対する問い合わせができるようになった
開発者
バイナリ XPCOM コンポーネントをサポートしなくなった。ネイティブバイナリを利用するためには、アドオン SDK にある system/child_process のパイプ機構を利用する必要がある
開発者
ネットワークリクエストを HAR 形式でエクスポートできるようになりました
開発者
インスペクタに CSS ルールを追加するボタン を追加
開発者
マークアップビューで選択した要素のスクリーンショットを撮ることができるようになった。スクリーンショットの撮影は、コンテキストメニューから行う
開発者
インスペクタで、CSS のルール宣言をコピーできるようになった。コピーはコンテキストメニューから行う
開発者
インスペクタに擬似要素パネル を追加
修正
リサイズやビューポートの変更時に picture 要素が追随しない不具合を修正

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 19 件、重要度区分において 最高 4 件、 5 件、 9 件、 1 件が修正されている。

MFSA 2015-114
High Resolution Time API を通じた情報漏えい
MFSA 2015-113
ANGLE グラフィックスライブラリの libGLES におけるメモリ安全性問題
MFSA 2015-112
コード監査を通じて発見された一連の脆弱性
MFSA 2015-111
CORS 事前リクエストヘッダ処理における間違い
MFSA 2015-110
画像のドラッグ&ドロップによってリダイレクト後の最終 URL が露呈される
MFSA 2015-109
JavaScript 不変プロパティの強制を回避できてしまう
MFSA 2015-108
スクリプトによって作成されたプロキシが内部ウィンドウにアクセスできてしまう
MFSA 2015-107
Linux 16 ビット色深度システム上での 2D Canvas 表示中の境界外読み取り
MFSA 2015-106
HTML メディアコンテンツ操作中の解放後使用
MFSA 2015-105
WebM 動画デコード中のバッファオーバーフロー
MFSA 2015-104
共有ワーカーと IndexedDB による解放後使用
MFSA 2015-103
リーダーモードにおける URL 偽装
MFSA 2015-102
JavaScript における SavedStacks とデバッガ使用時のクラッシュ
MFSA 2015-101
libvpx における VP9 形式動画解析中のバッファオーバーフロー
MFSA 2015-100
Mozilla アップデータを通じたローカルユーザによる任意のファイル改ざん
MFSA 2015-99
未知のスキーマを持った URL の貼り付けによる Android 上でのサイト属性偽装
MFSA 2015-98
QCMS ライブラリにおける ICC V4 プロファイル属性による境界外読み取り
MFSA 2015-97
mozTCPSocket におけるサーバへのメモリリーク
MFSA 2015-96
様々なメモリ安全性の問題 (rv:41.0 / rv:38.3)

Firefox 41.0 で修正された全ての問題は Mozilla.org bugs fixes (英語) を、一般的な情報は リリースノート を、開発者向けの情報は MDN を参照されたい。

アップデート及びシステム要件

Firefox 41.0 は Windows, Mac そして Linux 版が用意され、Mozilla Japan ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、80 以上の言語に対応した各国語版は 次世代ブラウザ Firefox – 各国語版のダウンロード よりダウンロード可能となっている。また、既存の Firefox 4 以降のユーザには自動アップデート経由で通知されるが、Firefox メニューの “Firefox について” より手動でアップデートすることも可能だ。
Firefox 41.0 の利用に必要なシステム要件については、Firefox 41 システム要件 を参照されたい。

ダウンロード:
41.0, ESR 38.3.0
リリースノート:
41.0, ESR 38.3.0
セキュリティアドバイザリ:
41.0, ESR 38.3.0
修正されたバグ:
41.0, ESR 38.3.0 (英語)

コメントを投稿

XHTML: これらのタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>