MozillaZine.jp

Mozilla 関連情報の提供、啓蒙活動を行っているオンラインマガジン「MozillaZine」の日本語訳を提供しています。
リリース版 | Firefox 55.0.3 ESR 52.3.0 Android 55.0.2 iOS 8.2 | Thunderbird 52.3.0 | SeaMonkey 2.48 | Lightning 5.4
プレビュー版 | Firefox/Mobile Nightly 57.0 Beta 56.0 | Thunderbird Daily 57.0 Beta 56.0 | SeaMonkey Nightly 2.53 Beta 2.48 | Lightning Beta 5.4
相互サポート | Firefox | Thunderbird | SeaMonkey | Lightning | Android | Firefox OS | iOS

“インフォメーション・ウィーク” がビジネスにおける IE7 v Mozilla Firefox 2の比較をレポート


最新号の インフォメーションウィーク ビジネスがどのように今月リリースされるMicrosoft Internet Explorer 7 Mozilla Firefox 2に反応すべきかのカバーストーリーが掲載された。記事には二つのブラウザ・バージョンの新機能についての概要のほか、企業との関わり合いについてのコメントなども含まれていた。テキストの多くはマイクロソフト、Mozillaコポーレーション、及びIT意思決定メーカーの代表者の言葉を引用する形となった。

記事はFirefoxがビジネス・スペースにおいて遅れていることを強調したが、最近の経過についてもレポートされた。ジュピター・リサーチによると、200人以上の従業員を有する会社の社員がデスクトップにFirefoxを使っている割合は2005年の26%から今年44%に増えたことがわかった。

話題はまた、二つのブラウザの将来バージョンにも目を向けられた。Firefox 3が5月にリリースされるデーツが引用されたほか、レポートはマクロソフトがIE18ヶ月間以内にアップデットを発表することを繰り返し伝えた。

記事にはIE7Firefox 2にある八つの主な機能概要がスクリーンショットで添えられた。 ハイライトされたFirefoxのサーチバーが実際はロケーション・バーであることを指摘するのを失礼かと思い、だから指摘しなかった。

火曜に、カバーストーリーがウェッブに掲載された次の日、インフォメーション・ウィークは 記事の為のBlake Rossメール・インタビューに対する返事からの抜粋 (Blakeが書き入れた最終部から極めて少ない直接的な引用)を公表した。 そのコメントには、“Rossは嫌気なく考えを話すほか、常に洞察に満ちた何かを言おうとしている。” リンクの提供に対してロースマン(roseman)に感謝する。

今週当初に、Blakeインフォメーション・ウィークに対する返事として彼の長めのメールをBlakeRoss.com ウェブログに掲載したが、その後それを削除した。彼が当初メール交換を発表した時、カバーストーリーが“[彼の]ポジションを誤って伝えた”からだとBlakeは話した。Blakeインフォメーション・ウィークにコメントをメールしたが、その雑誌はウェッブサイトに掲載するのを選択せず、ほとんどはBlakeがマイクロソフトとMozillaとの間の戦いに注目した記事に対する非難が中心となっており、非営利的且つ商業的ゴールを達成するプレッシャーに欠けたMozilla財団にとっては、比較的重要なことではないと彼はそう見えたからだ。

更新: 削除されたBlakeのウェッブログは再掲載され、http://www.blakeross.com/browser-wars/からアクセス出来る。

[ 原文 / 2006年10月18日(水) ]

コメントを投稿

XHTML: これらのタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*