MozillaZine.jp

Mozilla 関連情報の提供、啓蒙活動を行っているオンラインマガジン「MozillaZine」の日本語訳を提供しています。
リリース版 | Firefox 76.0.1 ESR 68.8.0 Android 68.8.1 Focus 8.3.0 iOS 25.1 | Thunderbird 68.8.1 | SeaMonkey 2.53.2 |
プレビュー版 | Firefox Nightly Beta Developer Edition Android Nightly Beta Preview Nightly Preview | Thunderbird Beta |
相互サポート | Firefox | Thunderbird | SeaMonkey | Lightning | Android | Firefox OS | iOS

SeaMonkey 2.15 がリリースされた


SeaMonkey

Mozilla Application Suite の開発をコミュニティベースで継続している The SeaMonkey® Project は米国時間 2013 年 1 月 8 日、安定性及びセキュリティ問題を修正を含む SeaMonkey のメジャーアップデート版である SeaMonkey 2.15 をリリースした。

SeaMonkey 2.15 は Firefox 18 と同じレンダリングエンジン Gecko 18 を搭載しており、バックエンドも Firefox 18/Thunderbird 17.0.2 相当となっている。アプリケーションの内容としては、これまで通りブラウザ、メール & ニュースクライアント、Chatzilla、Web 開発ツールを搭載したオールインワンパッケージとなっている。

SeaMonkey 2.15 での新機能や改良点、セキュリティ修正、既知の問題は次のとおり。

新機能及び改良点

SeaMonkey
Mac OS X、Linux 環境で既定のブラウザに設定することができるようになった
新機能
IonMonkey コンパイラによる JavaScript の更なる高速化
新機能
WebRTC の初期的サポート
変更
HTML の拡大アルゴリズムを改良し、画像の表示品質を向上
開発者
CSS3 Flexible Box が利用可能となった
開発者
新しい DOM プロパティ window.devicePixelRatio をサポート
開発者
@supports をサポート (現在は無効)
開発者
署名付拡張機能の証明書の扱いを改善し、起動時間を短縮
HTML5
W3C の Touch イベントを実装 (従来の MozTouch イベントは廃止)
修正
HTTPS ページで安全でないコンテンツの読み込みを無効化 (Bug 62178)
修正
プロキシを利用しているユーザ環境での応答性を向上 (Bug 769764)

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 20 件、重要度区分において最高 12 件、 7 件、 1 件が修正されている。

MFSA 2013-20
誤発行された TURKTRUST 証明書
MFSA 2013-19
JavaScript Proxy オブジェクトにおける解放後使用
MFSA 2013-18
Vibrate における解放後使用
MFSA 2013-17
ListenerManager における解放後使用
MFSA 2013-16
serializeToStream における解放後使用
MFSA 2013-15
プラグインオブジェクトを通じた特権昇格
MFSA 2013-14
プロトタイプの変更を通じた Chrome Object Wrapper (COW) の回避
MFSA 2013-13
SVG を含む XBL バインディングを用いた XBL におけるメモリ破壊
MFSA 2013-12
JavaScript 文字列連結におけるバッファオーバーフロー
MFSA 2013-11
アドレス空間配置が XBL オブジェクト内にリークされる
MFSA 2013-10
プラグインハンドラにおけるイベント操作が同一生成元ポリシーを回避する
MFSA 2013-9
クイックスタブが返す値とコンパートメントの不一致
MFSA 2013-8
AutoWrapperChanger がガベージコレクション中にオブジェクトの保持に失敗する
MFSA 2013-7
スレッド上での SSL 処理に起因するクラッシュ
MFSA 2013-6
タッチイベントがインラインフレーム間で共有される
MFSA 2013-5
多数の列と列グループを含むテーブルの表示によって生じる解放後使用
MFSA 2013-4
ページ読み込み中のロケーションバー URL 偽装
MFSA 2013-3
Canvas におけるバッファオーバーフロー
MFSA 2013-2
Address Sanitizer を使って発見された解放後使用とバッファオーバーフローの問題
MFSA 2013-1
様々なメモリ安全性の問題 (rv:18.0/ rv:10.0.12 / rv:17.0.2)

SeaMonkey 2.15 での全ての修正は New Features and Fixes を、既知の問題や一般的な情報は Release Note を参照いただきたい。

アップデート及びシステム要件

SeaMonkey 2.15 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、SeaMonkey Project ウェブサイト より日本語を含む 24 言語に対応した各言語版がダウンロード可能である。既存の SeaMonkey ユーザには自動アップデート経由で通知されるが、手動でアップデートすることも可能だ。
SeaMonkey 2.15 ではシステム要件が変更されており、Windows 2000 および XP SP1 以前への対応及び Intel Mac 環境での Mac OS X v10.5 (Leopard) への対応が打ち切りとなっている

ダウンロード:
SeaMonkey® Project
リリースノート:
SeaMonkey 2.15 Release Note
セキュリティアドバイザリ:
SeaMonkey セキュリティアドバイザリ
修正されたバグ:
New Features and Fixes

コメントを投稿

XHTML: これらのタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>