MozillaZine.jp

Mozilla 関連情報の提供、啓蒙活動を行っているオンラインマガジン「MozillaZine」の日本語訳を提供しています。
リリース版 |    Firefox 90.0.2 ESR 78.12.0 Android 90.1.2 Focus 8.17.1 iOS 35.0 | Thunderbird 78.12.0 | SeaMonkey 2.53.8.1 |
プレビュー版 | Firefox Nightly Developer Edition Beta Android Nightly Beta | Thunderbird Nightly Beta | SeaMonkey Beta |
相互サポート | Firefox | Thunderbird | SeaMonkey | Lightning | Android | Firefox OS | iOS

Thunderbird 3.1 Beta 2 がリリースされた


Mozilla Messaging は米国時間 2010 年 5 月 5 日、次期 Thunderbird のメジャーリリースに向けた 2 番目のベータ版である Thunderbird 3.1 Beta 2 を、開発者や拡張機能作者を対象に、正式版公開に向けてコミュニティからのフィードバックを得ることを目的に公開した。

Thunderbird 3.1 Beta 2 は Gecko 1.9.2.5pre に基づいており、Firefox 3.6 相当の機能、安定性を有している。Firefox の 3.5 から 3.6 へのアップグレードと同様、Thunderbird 3.0 から 3.1 においても大きな機能追加は予定されていない。このリリースでの追加、及び改良は以下のとおり。

  • クイックフィルタの搭載
  • 他のメールクライアントからの移行支援機能の搭載
  • Personas のサポートの改良
  • Thunderbird 2 からの移行機能の改良
  • ユーザインターフェイスの改良、修正
  • 安定性およびメモリ管理の改善

修正されたすべてのバグは、 Bugzilla (英語) より確認できる。

Thunderbird 3.1 Beta 2 リリースの詳細な情報は Thunderbird 3.1 Beta 2 Release Notes (英語) を、リリースに関するニュースは Mozilla Messaging の Thunderbird 3.1 Beta 2 Now Available (英語) を参照されたい。

Thunderbird 3.1 Beta 2 は Windows, Mac そして Linux 版それぞれ、日本語を含む 33 言語からダウンロード可能となっている。Thunderbird 3 以降と同様、古い OS のサポートが打ち切られており、Windows Me 以前、Mac OS X 10.3 以前の OS では利用できない。ダウンロードの前にシステム要件を確認されたい。

冒頭にも書いたように、Thunderbird 3.1 Beta 2 は、改良された機能や新しく取り入れられたテクノロジーを正式版公開に向けてコミュニティからのフィードバックを得ることを目的に、開発者や拡張機能作者を対象に向けたベータ版として公開されている。ダウンロード/インストールを行なう前に、これは通常利用を目的とした公開ではないことを理解していただきたい。

また、リリース候補版である Release Candidate 1 は 5 月 25 日に、正式版は 7 月 1 日にリリースが予定されている

ダウンロード:
Download Thunderbird 3.1 Beta 2
リリースノート:
Thunderbird 3.1 Beta 2 Release Notes

Thunderbird 3.1 Beta 2 Now Available

コメント 1 件 - “Thunderbird 3.1 Beta 2 がリリースされた”

  1. Tweets that mention MozillaZine.jp » Blog Archive » Thunderbird 3.1 Beta 2 がリリースされた -- Topsy.com :

    […] This post was mentioned on Twitter by MozillaZine.jp. MozillaZine.jp said: Thunderbird 3.1 Beta 2 がリリースされた http://bit.ly/dfqVjo […]

コメントを投稿

XHTML: これらのタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>