MozillaZine.jp

Mozilla 関連情報の提供、啓蒙活動を行っているオンラインマガジン「MozillaZine」の日本語訳を提供しています。
リリース版 | Firefox 62.0.2 ESR 60.2.1 Android 62.0.2 iOS 13.2 | Thunderbird 60.0 | SeaMonkey 2.49.4 | Lightning 5.4
プレビュー版 | Firefox Nightly 64.0 Beta 63.0 Android Nightly 64.0 Beta 63.0 | Thunderbird Beta 60.0 | SeaMonkey Nightly 2.58 | Lightning Beta 5.4
相互サポート | Firefox | Thunderbird | SeaMonkey | Lightning | Android | Firefox OS | iOS

Weave Sync 1.0 がリリースされた


米国時間 1 月 28 日、Mozilla Labs により開発が続けられていた Firefox のデータを複数のコンピュータやモバイルデバイス間で同期する拡張機能 Weave Sync 1.0 が正式リリースされた。Weave Sync は Windows、Mac、Linux それぞれの Firefox 3.5.x 以上と開発中の Mobile Firefox (Fennec) で利用でき、Mozilla Add-ons for Firefox よりインストール可能となっている。

Weave Sync 1.0 は Firefox に保存されているデータを Weave サーバにアップロ−ドすることで、複数のコンピュータで稼働する Firefox やモバイルデバイス上の Mobile Firefox 間でブックマーク、訪問及び検索履歴、保存したパスワード、表示中のタブと Firefox の設定(現在は一部に限定)の同期を可能にする。この作業に必要なものは Firefox への Weave Sync インストールと Mozilla Weave Account の取得の2つ。同期内容や設定を含むアカウント操作は Weave Sync Preferences より行うのだが、残念ながら現バージョンでは全て英語メニューとなっている。
Weave Preferences Panel

Weave Sync は簡単に運用を始められるのだが、Weave Sync 1.0 Release Notes にはいくつかの注意も書かれており、中には使用前に知っておくべきものも含まれている。
特に注意すべき点は、同期を行う装置上の Weave Sync を同じバージョンに揃えること、サーバのデータよりも古いデータをアップロードしてしまわないよう気をつけること等が挙げられる。以下はリリースノートの和訳である。

インストール
もしもこれまでに addons.mozilla.org 以外の場所から Weave Sync をインストールしていた場合、addons.mozilla.org より 1.0 をインストールすることをお勧めします。同期を行う全ての装置上にも、同じバージョンをインストールしなければなりません。
addons.mozilla.org 以外のサイト (例えば https://people.mozilla.com/~cbeard/weave/dist/latest-weave.xpi) などから 1.0 をインストールしている場合、それは新機能を試すために使う開発者スナップショット版である点に注意してください。
旧バージョンからのアップデート
Weave Sync 1.0 RC4 以前のバージョンから 1.0 へアップデートを行うと、現在の Firefox の全ての最新データをサーバにアップロードします。これはほとんどの人は気づかないことでしょう。しかし Weave サーバを主にバックアップに使用し、他の場所にバックアップデータを残していない場合は、必ず現在の Firefox データのバックアップを少なくとも一つは取った後に Weave Sync をアップデートしなければなりません。
Maemo の Firefox で Weave Sync 1.0 へのアップグレードを行う前に、まずデスクトップ機側の Weave Sync をアップグレードする必要があります。1.0 は最新のデータを強制的にアップロ−ドしますが、デスクトップ機からアップロードが行われている間、Maemo のFirefox の遅延を起こさないよう保護するためです。
ブックマークについて
現バージョンではブックマークのファビコンはサーバと同期されません。
ブックマーク全体を一度に同期することでパフォーマンスを向上します。 この同期に要する時間は数分から数時間と、コンピュータの機種とデータ量に依存します。同期中はブックマークが未ソートの様に見えるかもしれません。
Weave は完全な削除を行う前 (Start Over など) に、ブックマークのバックアップを作成します。もちろん Firefox も日々のバックアップを保存しているため、何時でも回復させることが出来ます。バックアップからの復元については Firefox サポートの バックアップファイルから復元する をご覧ください。
履歴について
履歴アイテムの同期もブックマークと同様に扱われますが、最初の同期では 1000 のアイテムを、残りは以後行われる同期時にアップロードします。
パスワードとマスターパスワードについて
マスターパスワードは同期されないことに注意ください。これはラップトップでマスターパスワードを使用しているが携帯電話では使用していないといったケースでは、携帯電話側ではマスターパスワードによる保護が行われないことを意味します。
Firefox でマスターパスワードを設定している場合、マスターパスワードを入力すると Weave Sync は自動的に接続を開始します。ここではマスターパスワードの入力を行うか Weave の設定より手動で Sign in を行うまで Weave Sync は切断された状態を保ちます。
タブについて
タブ情報については、現在のところ最も新しいものから25個目までのタブを同期します。もし25個以上のタブを開いている場合は全てのタブを同期させられないことに注目ください。他のコンピュータから同期したタブは、メニューの履歴より “Tabs From Other Computers” で確認できます。
Starting Over について
単に Weave をリセットまたはサーバとの接続を解除するために Start Over をクリックした場合はユーザ名、パスワード、パスフレーズの再入力を求められます。
古いデータについて
サーバとの同期を行っていなかった機器を接続した場合、サーバ上のデータがその機器のデータより新しいとしても、その装置に保存されている古いデータによって上書きされることがあります。例えば、同期によってサーバに古いパスワードが保存された場合、その装置でパスワードを新しいものへ変更したとしても、サーバ上の古いパスワードによって上書きされるといったケースがそれです。
こういったケースを回避する方法の1つは、古いデータを持った装置を Start Over で接続し、サーバのデータでローカルのデータを上書きすることです。
Start Over は主に保存したパスワードとブックマークに影響を与えます。
Password と Secret Phrase を忘れた場合
もし Password か Secret Phrase を忘れた場合は、Firefox のパスワードマネージャが記録している2つのエントリ、chrome://weave (Mozilla Services Password) と chrome://weave (Mozilla Services Passphrase) を削除してメモリをリフレッシュます。
プライバシー情報の消去
ローカルコンピュータからプライバシー情報を消去した場合、Weave はそれらの変更をサーバにアップロードしません。つまり検索履歴 (ロケーションバーでの検索も含めて) はコンピュータ間で同期されないことになります。

上記のリリースノート内容を含め Weave の運用実験を筆者のサイトでまとめてみたので、興味のある方はご覧いただきたい。Weave Sync 1.0 ガイド

ダウンロード :
Weave Sync :: Add-ons for Firefox
リリースノート :
Weave Sync 1.0 Release Notes
Technical Support and Help :
Recently active topics in Mozilla Labs about Weave Sync (英語)

コメントを投稿

XHTML: これらのタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>