MozillaZine.jp

Mozilla 関連情報の提供、啓蒙活動を行っているオンラインマガジン「MozillaZine」の日本語訳を提供しています。
リリース版 |    Firefox 95.0 ESR 91.4.0 Android 95.1.0 Focus 95.1.0 iOS 40.0 | Thunderbird 91.4.0 | SeaMonkey 2.53.10 |
プレビュー版 | Firefox Nightly Developer Edition Beta Android Nightly Beta | Thunderbird Nightly Beta | SeaMonkey Beta |
相互サポート | Firefox | Thunderbird | SeaMonkey | Lightning | Android | Firefox OS | iOS

Camino 2.0 がリリースされた


米国時間 2009 年 11 月 18 日、Camino Project は Gecko ベースの Mac OS X 専用ブラウザ、Camino のメジャーアップデートとなる Camino 2.0 をリリースした。

1年以上にわたる開発期間を経てリリースされた Camino 2.0 は、Firefox 3 で使われている Gecko 1.9 レンダリングエンジンをベースに、数多くのバグ修正と機能追加が行われ、14カ国語から利用可能となっている。Camino 2.0 の特徴と既知の問題は以下のとおり。また新機能については Camino. Features (英語) を参考いただきたい。

Camino 2.0 の特徴

タブブラウジングの改良
タブ一覧を表示する機能では、ウインドウ内に開いている全てのタブをサムネイル表示する。
ドラッグ&ドロップでタブの並べ替えが可能。
⌘ + クリックでのデフォルト動作が「新規ウインドウで開く」から「新規タブで開く」に変更。
セキュリティの新機能
悪意のあるサイトについての警告を表示する Google Safe Browsing をサポート。
無効または信頼されていない証明書を使用しているページで、エラーページを表示する。
フル・コンテンツズーム
Web ページの内容そのままに拡大・縮小表示。
ダウンロードの通知
Growl がインストールされている場合、Camino はダウンロード開始と完了の通知をおこなう。
Mac OS X 10.5 以降ではダウンロードが完了時にダウンロードフォルダが Dock 上でバウンドする。
最近閉じたページ
履歴メニューに最近閉じたタブ 20 個を表示するサブメニューを追加。
フルキーボードアクセスのサポート強化。
フルキーボードアクセスが有効である場合のタブキーによる移動が、ウインドウ全体で正しく動作するようになった。
迷惑な表示の防止
例外リストにより「Flash アニメーションのブロック」をサイト単位で無効に、またコンテクストメニューの「このサイトの Flash 表示を許可」より例外リストへ簡単に追加可能。
AppleScript の新機能
ページ全体あるいは選択部分のテキストまたは HTML ソースを AppleScript によって取得可能。
各ブラウザウインドウの最前面のタブを対象に AppleScript サポートを可能に。
Web コンテンツサポート
Mozilla の Gecko 1.9.0 レンダリングエンジンの採用により、多くのバグ修正、プラグインのパフォーマンスおよび互換性向上、Web 標準へのサポート強化、JavaScript 1.8 のような新技術などを含む。

この他に、Mac OS X のキーチェーンアクセスのサポートも新機能に含まれる。

Camino 2.0 での変更点

全般
フルスクリーン Flash ビデオからキーボードショートカットによる「タブを閉じる」でウィンドウが閉じていた問題を修正。
フルスクリーン Flash ビデオ再生中に Exposé を使用すると、Flash のバグにより Camino がクラッシュする問題を回避。
アニメーション GIF ファイルにおける“delete”キーによる「戻る」と“escape”キーによる「ストップ」のショートカット機能を元に戻した。
Mac OS 10.6 上で、Growl レジストレーションが Camino のフォーカスを奪う問題を防ぐために built-in Growl framework をアップグレード。
ブックマークと履歴
Safari フォーマットでのエクスポートの際、誤ったファイル名に続く拡張子を使わないように修正。
Opera 10 のブックマークインポートをサポート。
設定
command + クリックでのデフォルト動作は、新しいウィンドウに代わって新しいタブで開くようになった。
Cookie 例外を加える際、例外 “.sitename.tld” cookie を正しく扱う。
Cookie 値に非アスキーが含まれる場合でも Cookie 保存リストに表示するようになった。
プライバシーとセキュリティ
新たな認証局を、ふたたび信頼することが可能に。
タブ
タブは “title” プロパティのエイリアスとして “name” をサポートする。
ユーザインターフェイス
Mac OS 10.5 以降のビジュアルスタイルとの親和性を深めた、初期設定およびダウンロードのウィンドウとツールバーアイコンを採用。

既知の問題

  • 「Cookie を受け入れる前に確認する」にチェックを入れている場合、Web ページから Cookie を受信する度にダイアログが表示される。
  • ウインドウが最前面にない場合にスクロールバーがアクティブ表示になることがある。
  • 互換性の無いサードパーティ製のプラグイン:
    • Shockwave Player 10 とそれ以前のプラグインでは Camino 2 は Shockwave コンテンツを表示できない。これは Shockwave Player 11 以降をインストールする。
    • バージョン 2.2.1.11 以前の Flip4Mac (F4M) プラグインには重大なレンダリングバグが存在するため、Flip4Mac 2.3.0.14 以降にアップグレードを行う。
    • 古いバージョンの Adobe Flash プラグインを利用している場合、Flash コンテンツを含むページを数多く訪問した後に Camino が正しく動作しなくなることがある。この問題は Flash プラグイン バージョン 10.0 以降で修正されている。

動作環境

Gecko 1.9.0 ベースのレンダリングエンジンへの変更に伴い、Camino 2.0 の動作環境は Firefox 3 と同じく Mac OS 10.4 以降となっていることに注意してほしい。Mac OS 10.3.9 ユーザは Camino 1.6.x を利用いただきたい。

Camino 2.0 は、Camino Project ウェブサイトよりダウンロードできるほか、既存の Camino 1.6 ユーザには自動アップデート経由で通知されるが、Camino メニューの “アップデートの確認” より手動で確認することもできる。

ダウンロード:
Camino Project (Mac OS 10.4 以降)
リリースノート:
Camino 2 Release Notes (英語)
既知の問題:
Known Issues (英語)

コメント 1 件 - “Camino 2.0 がリリースされた”

  1. MozillaZine.jp » Blog Archive » Camino 2.0.1 がリリースされた :

    […] Camino 2 Release Notes (英語) 及び MozillaZine.jp リリースニュースの Camino 2.0 がリリースされた […]

コメントを投稿

XHTML: これらのタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>