MozillaZine.jp

Mozilla 関連情報の提供、啓蒙活動を行っているオンラインマガジン「MozillaZine」の日本語訳を提供しています。
リリース版 | Firefox 51.0.1 Android 51.0.3 iOS 6.0 ESR 45.7.0 | Thunderbird 45.7.1 | SeaMonkey 2.46 | Lightning 4.7.4
プレビュー版 | Firefox Nightly 54.0 Developer Edition 53.0 Beta 52.0 | Android Aurora 53.0 Beta 52.0 | Thunderbird Daily 54.0 Earlybird 53.0 Beta 52.0 | SeaMonkey Nightly 2.51 Aurora 2.50 | Lightning Beta 5.2
相互サポート | Firefox | Thunderbird | SeaMonkey | Lightning | Android | Firefox OS | iOS

SeaMonkey 2.33 がリリースされた


SeaMonkey

Mozilla Application Suite の開発をコミュニティベースで継続している The SeaMonkey® Project は米国時間 2015 年 3 月 10 日、安定性及びセキュリティ問題を修正を含む SeaMonkey のメジャーアップデート版である SeaMonkey 2.33 をリリースした。

SeaMonkey 2.33 は Firefox 36 と同じレンダリングエンジン Gecko 36 を搭載しており、バックエンドも Firefox 36/Thunderbird 36 Beta 相当となっている。アプリケーションの内容としては、これまで通りブラウザ、メール & ニュースクライアント、Chatzilla、Web 開発ツールを搭載したオールインワンパッケージとなっている。

新機能及び改良点

SeaMonkey
セキュリティ通知バーからトラッキングに関する制御が可能になった
SeaMonkey
トラッキング/プライバシー設定ペインの刷新
変更
安定性の問題を回避するため、Windows 上での Adobe Flash の保護モードが無効化された
変更
安全ではない RC4 暗号を受け付けなくなった
変更
長さが 1024 bit の RSA 暗号鍵を段階的に廃止
変更
-remote オプションが削除された
HTML5
Media Source Extensions (MSE) API の一部分が実装され、Youtube のネイティブ HTML5 再生が可能になった
HTML5
ECMAScript 6 の generator のパフォーマンスの改善

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 14 件、重要度区分において 最高 3 件、 5 件、 5 件、 1 件が修正されている。

MFSA 2015-27
Caja Compiler による JavaScript サンドボックスの回避
MFSA 2015-25
ページ内のローカルファイルリンクや特権付き URL を新しいタブに開けてしまう
MFSA 2015-24
フォーム自動補完の操作を通じたローカルファイルの読み取り
MFSA 2015-22
Cairo グラフィックスライブラリにおける DrawTarget 使用時のクラッシュ
MFSA 2015-21
MP3 再生中のバッファアンダーフロー
MFSA 2015-20
CSS スタイル変更中のバッファオーバーフロー
MFSA 2015-19
SVG コンテンツ描画中の境界外読み書き
MFSA 2015-18
非標準メモリアロケーター使用時のゼロ長 XHR による二重解放
MFSA 2015-17
libstagefright における MP4 動画再生中のバッファオーバーフロー
MFSA 2015-16
IndexedDB における解放後使用
MFSA 2015-14
悪質な WebGL コンテンツの文字列書き込みによるクラッシュ
MFSA 2015-13
ホスト名へ付加されたピリオドによって HPKP と HSTS の保護が回避される
MFSA 2015-12
Mozilla アップデータの起動によってローカル DLL ファイルが読み込まれる
MFSA 2015-11
様々なメモリ安全性の問題 (rv:36.0 / rv:31.5)

SeaMonkey 2.33 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、SeaMonkey Project ウェブサイト より日本語を含む 24 言語に対応した各言語版がダウンロード可能である。既存の SeaMonkey ユーザには自動アップデート経由で通知されるが、手動でアップデートすることも可能だ。

ダウンロード:
SeaMonkey 2.33
リリースノート:
Release notes
セキュリティアドバイザリ:
SeaMonkey 2.33 で修正済み

コメントを投稿

XHTML: これらのタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA
*