MozillaZine.jp

Mozilla 関連情報の提供、啓蒙活動を行っているオンラインマガジン「MozillaZine」の日本語訳を提供しています。
リリース版 | Firefox 50.1.0 Android 50.1.0 iOS 5.0 ESR 45.6.0 | Thunderbird 45.6.0 | SeaMonkey 2.46 | Lightning 4.7.4
プレビュー版 | Firefox Nightly 53.0 Developer Edition 52.0 Beta 51.0 | Android Aurora 52.0 Beta 51.0 | Thunderbird Daily 53.0 Earlybird 52.0 Beta 51.0 | SeaMonkey Nightly 2.50 Aurora 2.49 Beta 2.39 | Lightning Beta 5.2
相互サポート | Firefox | Thunderbird | SeaMonkey | Lightning | Android | Firefox OS | iOS

SeaMonkey 2.32 がリリースされた


SeaMonkey

Mozilla Application Suite の開発をコミュニティベースで継続している The SeaMonkey® Project は米国時間 2015 年 1 月 13 日、安定性及びセキュリティ問題を修正を含む SeaMonkey のメジャーアップデート版である SeaMonkey 2.32 をリリースした。

SeaMonkey 2.32 は Firefox 35 と同じレンダリングエンジン Gecko 35 を搭載しており、バックエンドも Firefox 35/Thunderbird 35 Beta 相当となっている。アプリケーションの内容としては、これまで通りブラウザ、メール & ニュースクライアント、Chatzilla、Web 開発ツールを搭載したオールインワンパッケージとなっている。

新機能及び改良点

SeaMonkey
スペルチェックのダイアログの大きさを変更可能になった
SeaMonkey
Generational Garbage Collection が有効となった
新機能
動的なスタイル変更の処理の改善により、応答性が向上
新機能
HTTP 公開鍵ピンニング を実装。暗号化通信を行うサーバの認証をより安全・確実に行えるようになった
修正
拡大、もしくは縮小された画像に必要なリソースの減少

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 8 件、重要度区分において 最高 2 件、 1 件、 4 件、 1 件が修正されている。

MFSA 2015-09
DOM オブジェクトを通じた XrayWrapper の回避
MFSA 2015-08
id-pkix-ocsp-nocheck による委任 OCSP レスポンダー証明書検証の失敗
MFSA 2015-06
WebRTC における解放後読み取り
MFSA 2015-05
Web Audio 内の未初期化メモリ読み取り
MFSA 2015-04
プロキシ認証レスポンスを通じた Cookie 注入
MFSA 2015-03
sendBeacon の Origin ヘッダ欠落
MFSA 2015-02
ビットマップ描画中の未初期化メモリ使用
MFSA 2015-01
様々なメモリ安全性の問題 (rv:35.0 / rv:31.4)

SeaMonkey 2.32 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、SeaMonkey Project ウェブサイト より日本語を含む 24 言語に対応した各言語版がダウンロード可能である。既存の SeaMonkey ユーザには自動アップデート経由で通知されるが、手動でアップデートすることも可能だ。

ダウンロード:
SeaMonkey 2.32
リリースノート:
Release notes
セキュリティアドバイザリ:
SeaMonkey 2.32 で修正済み

コメントを投稿

XHTML: これらのタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA
*