MozillaZine.jp

Mozilla 関連情報の提供、啓蒙活動を行っているオンラインマガジン「MozillaZine」の日本語訳を提供しています。
リリース版 | Firefox 46.0.1 Android 46.0.1 iOS 4.0 ESR 45.1.1 | Thunderbird 45.1.0 | SeaMonkey 2.40 | Lightning 4.7
プレビュー版 | Firefox/Mobile Nightly 49.0 Developer Edition 48.0/Beta 47.0 | Thunderbird Daily 49.0 Earlybird 46.0/Beta 45.2 | SeaMonkey Nightly 2.45 Aurora 2.42 Beta 2.39 | Lightning Beta 4.7
相互サポート | Firefox | Thunderbird | SeaMonkey | Lightning | Android | Firefox OS | iOS

Firefox for iOS 4.0 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2016 年 5 月 10 日、安定性及びセキュリティ問題の修正を含む Firefox for iOS のメジャーアップデート版である Firefox for iOS 4.0 をリリースした。

Firefox for iOS 4.0 での新機能や改良点は次のとおり。

新機能及び改良点

新機能
アドレスバーに入力した際に、ブックマークが表示されるようになった。またドメインの補完も行われるようになった
新機能
アプリ終了時に Sync を行うようになった
新機能
Telemetry Core Ping の実装
新機能
iOS 9のみ:通知領域の「今日」にウィジェットとして追加できるようになった
新機能
印刷できるようなった
新機能
証明書エラーを無視できるようになった
新機能
ソンガイ語 [ses] をロケールに追加

Firefox for iOS 4.0 に関する一般的な情報は リリースノート を参照されたい。

アップデート及びシステム要件

Firefox for iOS 4.0 は App Store よりダウンロード可能となっている。
Firefox for iOS 4.0 の利用には iOS 8.2 以降が必要となっている。詳細は、システム要件 を参照されたい。

ダウンロード:
Mozilla Japan, App Store
リリースノート:
Firefox for iOS 4.0 リリースノート

Thunderbird 45.1.0 がリリースされた


Thunderbird

Mozilla は米国時間 2016 年 5 月 11 日、Thunderbird 45.0 リリース後に明らかとなった不具合を修正した Thunderbird 45.1.0 をリリースした。

Thunderbird 45.1.0 での改良点は次のとおり。

新機能及び改良点

修正
Thunderbird のアドレス帳 (リスト表示) から新規メッセージ編集ウィンドウ内のアドレス欄へ連絡先をドラッグ&ドロップして追加できない問題を修正
修正
Retina ディスプレイや高解像度モニタ上で OS X を使用している場合に UI 要素がマウスオーバーで大きくなる問題を修正
修正
一部のユーザが JS-XMPP の DIGEST-MD5 認証に失敗する問題に対処するため、DIGEST-MD5 認証を無効化
修正
メッセージ編集ウィンドウ内のフォント一覧に一部のフォントが表示されない問題を修正
修正
メッセージ編集ウィンドウ内で印刷が機能しない問題を修正
修正
段落モード時のメッセージ編集に関する様々な改善
修正
「通信相手」列への自動移行を無効化

既知の問題

未解決
配信形式オプションで「自動判別」を選択した場合にも、署名や安全な HTML 要素が含まれたメッセージが HTML として送信される

Thunderbird 45.1.0 についての一般的な情報は Thunderbird 45.1.0 リリースノート を参照いただきたい。

アップデート及びシステム要件

Thunderbird 45.1.0 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、ウェブサイト よりダウンロード可能となっている。また、50 以上の言語に対応した各国語版は 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。既存の Thunderbird 5 以降のユーザには自動アップデート経由で通知されるが、ヘルプメニューの “Thunderbird について” より手動でアップデートすることも可能だ。
Thunderbird 45.1.0 の利用に必要なシステム要件については、Thunderbird 45.1.0 システム要件 を参照されたい。

ダウンロード:
Mozilla Japan
リリースノート:
Thunderbird 45.1.0 リリースノート
修正されたバグ:
Bug Fixes (英語)

Thunderbird 38.8.0 がリリースされた


Thunderbird

Mozilla は米国時間 2016 年 5 月 4 日、安定性及びセキュリティ問題を修正した Thunderbird 38.8.0 をリリースした。

Thunderbird 38.8.0 での改良点は次のとおり。

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 2 件、重要度区分において 最高 1 件、 1 件が修正されている。

MFSA 2016-39
様々なメモリ安全性の問題 (rv:46.0 / rv:45.1 / rv:38.8)
MFSA 2016-36
NSS における DER エンコード使用キー処理中の解放後使用

Thunderbird 38.8.0 についての一般的な情報は Thunderbird 38.8.0 リリースノート を参照いただきたい。

アップデート及びシステム要件

Thunderbird 38.8.0 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、ウェブサイト よりダウンロード可能となっている。また、50 以上の言語に対応した各国語版は 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。既存の Thunderbird 5 以降のユーザには自動アップデート経由で通知されるが、ヘルプメニューの “Thunderbird について” より手動でアップデートすることも可能だ。
Thunderbird 38.8.0 の利用に必要なシステム要件については、Thunderbird 38.8.0 システム要件 を参照されたい。

ダウンロード:
Mozilla Japan
リリースノート:
Thunderbird 38.8.0 リリースノート
セキュリティアドバイザリ:
Thunderbird 38.8 で修正済み
修正されたバグ:
Bug Fixes (英語)

Firefox 46.0.1、Firefox for Android 46.0.1 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2016 年 5 月 3 日、バージョン 46.0 リリース後に明らかとなった不具合を修正した Firefox 46.0.1 および Firefox for Android 46.0.1 をリリースした。延長サポート版 である Firefox ESR においてもこれに対応する Firefox ESR 45.1.1 がリリースされている。

修正
アドオン署名証明書の期限切れ (Bug 1267318)
修正
サービスワーカーの更新問題 (Bug 1267733)
修正
JIT 無効化時のビルド問題 (デスクトップ版のみ、Bug 1266366)
修正
ウイルス対策ソフトに関連したページ読み込み問題 (デスクトップ版のみ、Bug 1268922)
修正
様々なロケールの検索プラグイン問題 (デスクトップ版のみ、Bug 1246494)
修正
Sync 登録更新の制限 (デスクトップ版のみ、Bug 1262312)

Firefox 46.0.1 についての一般的な情報はリリースノートを参照されたい。

Firefox 46.0.1 は Windows, Mac, Linux, Android 版が用意され、Mozilla Japan ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、85 以上の言語に対応した各国語版は 次世代ブラウザ Firefox – 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。また、Windows、Mac OS X、Linux 版の既存の Firefox ユーザには自動アップデート経由で、Android 版 ユーザには Google Play ストア経由でアップデートが提供されるが、手動でアップデートすることも可能だ。

ダウンロード:
デスクトップ版, Android 版
リリースノート:
デスクトップ版, Android 版
修正されたバグ:
Complete list of changes in the Firefox 46.0.1 (英語)

Firefox for Android 46 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2016 年 4 月 26 日、安定性及びセキュリティ問題を修正を含む Android 向け Firefox のメジャーアップデート版である Firefox for Android 46.0 をリリースした。

Firefox for Android 46.0 での新機能や改良点、セキュリティ修正、既知の問題は次のとおり。

新機能及び改良点

新機能
バックグラウンドでタブが開かれた際に送られる通知に、開かれた URL の一覧が含まれるようになった
新機能
Android 6.0 以降:インストール時ではなく、実行時に 許可を要求する ようになった
新機能
ページがキャッシュされていれば、オフライン時でもページを閲覧できるようになった
新機能
検証されていないアドオンのインストールを防ぐようになった
新機能
メニューの項目に、履歴とブックマークを追加
新機能
標準のドメインも、インラインの自動補完されるようになった
新機能
ホーム画面のアイコンの改善
修正
使用可能なメモリが逼迫している場合でも、タブの履歴を保存するようになった
修正
TalkBack の発話機能が、ユーザが右へスワイプをしている最中でも動作するようになった
変更
標準で、トップサイトによく見られるサイトが表示されるようになった
変更
Firefox Sync 1.1 への対応を終了
変更
Android Honeycomb (バージョン3)の対応を終了

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 10 件、重要度区分において 最高 1 件、 4 件、 5 件が修正されている。

MFSA 2016-48
Firefox ヘルスレポートが信頼できないドメインからのイベントを受け付けている
MFSA 2016-47
JavaScript .watch() を通じた不正な HashMap エントリーへの書き込み
MFSA 2016-46
WebExtensions における chrome.tabs.update API を通じた特権昇格
MFSA 2016-45
CSP が multipart/x-mixed-replace で送信されたページに適用されない
MFSA 2016-44
CENC オフセットを用いた libstagefright におけるバッファオーバーフロー
MFSA 2016-43
運動・方位センサーによる JavaScript を通じたユーザアクションの開示
MFSA 2016-42
Service Worker における解放後使用とバッファオーバーフロー
MFSA 2016-41
コンテンツプロバイダの許可設定回避が悪質なアプリケーションによるデータアクセスにつながる
MFSA 2016-40
Maintenance Service アップデータによるファイルの削除を通じた特権昇格
MFSA 2016-39
様々なメモリ安全性の問題 (rv:46.0 / rv:45.1 / rv:38.8)

Firefox for Android 46.0 で修正された全ての問題は Mozilla.org bugs fixes (英語) を、Firefox for Android 46.0 についての一般的な情報は リリースノート を、開発者向けの情報は MDN を参照されたい。

Firefox for Android 46.0 は Google Play からダウンロード可能となっている。また、既存の Firefox for Android のユーザには Google Play 経由でアップデートが提供される。

ダウンロード:
Mozilla Japan, Google Play
リリースノート:
Firefox for Android 46.0 リリースノート
セキュリティアドバイザリ:
Firefox 46 で修正済み
修正されたバグ:
Complete list of changes in the Firefox for Android 46.0 (英語)

Firefox 46 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2016 年 4 月 26 日、安定性及びセキュリティ問題の修正を含む Firefox のメジャーアップデート版である Firefox 46.0 をリリースした。延長サポート版 である Firefox ESR 45.1.0 および 38.8.0 も継続してリリースされている。

Firefox 46.0 での新機能や改良点、セキュリティ修正、既知の問題は次のとおり。

新機能及び改良点

新機能
JavaScript の Just In Time (JIT) コンパイラの セキュリティの面の改良
新機能
GNU/Linux: GTK3 の統合
修正
Google Docs におけるスクリーンリーダの空白文字の取り扱いに関する不具合を修正
修正
クリップとマスクを利用している SVG 画像が拡大 / 縮小時に正しく描画されるようになった
変更
WebRTC の性能と安定性の向上
開発者
メモリツールで、ドミネーターツリーを表示するようになった
開発者
パフォーマンスパネルでメモリ割り当てやガーベジコレクションを確認できるようになった
開発者
スタイルエディタの @media ルールサイドバーから、レスポンシブデザインビューを起動できるようになった
HTML5
documents.elementsFromPoint に対応
HTML5
Web Crypto API が HKDF に対応

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 10 件、重要度区分において 最高 1 件、 4 件、 5 件が修正されている。

MFSA 2016-48
Firefox ヘルスレポートが信頼できないドメインからのイベントを受け付けている
MFSA 2016-47
JavaScript .watch() を通じた不正な HashMap エントリーへの書き込み
MFSA 2016-46
WebExtensions における chrome.tabs.update API を通じた特権昇格
MFSA 2016-45
CSP が multipart/x-mixed-replace で送信されたページに適用されない
MFSA 2016-44
CENC オフセットを用いた libstagefright におけるバッファオーバーフロー
MFSA 2016-43
運動・方位センサーによる JavaScript を通じたユーザアクションの開示
MFSA 2016-42
Service Worker における解放後使用とバッファオーバーフロー
MFSA 2016-41
コンテンツプロバイダの許可設定回避が悪質なアプリケーションによるデータアクセスにつながる
MFSA 2016-40
Maintenance Service アップデータによるファイルの削除を通じた特権昇格
MFSA 2016-39
様々なメモリ安全性の問題 (rv:46.0 / rv:45.1 / rv:38.8)


Firefox 46.0 で修正された全ての問題は Mozilla.org bugs fixes (英語) を、一般的な情報は リリースノート を、開発者向けの情報は MDN を参照されたい。

アップデート及びシステム要件

Firefox 46.0 は Windows, Mac そして Linux 版が用意され、Mozilla Japan ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、80 以上の言語に対応した各国語版は 次世代ブラウザ Firefox – 各国語版のダウンロード よりダウンロード可能となっている。また、既存の Firefox 4 以降のユーザには自動アップデート経由で通知されるが、Firefox メニューの “Firefox について” より手動でアップデートすることも可能だ。
Firefox 46.0 の利用に必要なシステム要件については、Firefox 46 システム要件 を参照されたい。

ダウンロード:
46.0, ESR 45.1.0, 38.8.0
リリースノート:
46.0, ESR 45.1.0, ESR 38.8.0
セキュリティアドバイザリ:
46.0, ESR 45.1.0, ESR 38.8.0
修正されたバグ:
46.0, ESR 45.1.0, ESR 38.8.0 (英語)

Thunderbird 45 がリリースされた


Thunderbird

Mozilla は米国時間 2016 年 4 月 12 日、安定性及びセキュリティ問題を修正した Thunderbird のメジャーアップデート版である Thunderbird 45.0 をリリースした。

Thunderbird 45.0 は Firefox 45 と同じレンダリングエンジン Gecko 45 を搭載しており、バックエンドも Firefox 45 相当となっている。

Thunderbird 45.0 での新機能や改良点、セキュリティ修正、既知の問題は次のとおり。

新機能及び改良点

新機能
送信者と受信者を組み合わせた「通信相手」列を追加
新機能
XMPP のチャットルームとコマンド対応を大幅に改善
新機能
リモートコンテンツに例外を追加するオプションを改善
新機能
メッセージがプレーンテキストに変換されて予期せず書式が失われるのを防ぐため、常に HTML 形式を使用するオプションを追加
新機能
地図に OpenStreetMap を採用 (他の地図サービスを選択することも可能)
新機能
件名入力欄でスペルチェックと辞書の選択が可能になった
新機能
メッセージ編集画面に特定のフォントサイズ設定を可能にするドロップダウンリストを追加
新機能
メッセージ編集画面で Return/Enter キーを押すことで、初期設定で新段落を挿入するようになった (改行は Shift+Enter で挿入できる)
新機能
Mail.ru が OAuth 認証に対応
新機能
メッセージのヘッダから名前とメールアドレスをコピーできるようになった
新機能
メッセージ編集時に送信者を編集できるようになった
修正
中国語、日本語あるいは韓国語で書かれたメッセージの送信時に余計な空白が本文に挿入される問題を修正
修正
メッセージ内の不可視 HTML 部分までスペルチェックが行われてしまう問題を修正
修正
新規メッセージとして編集された下書きを保存する際に、元の下書きが上書きされてしまう問題を修正
修正
編集、転送時に外部画像が表示されない問題を修正
修正
メッセージ返信時に書式設定前のブロックを正しく維持するようになった
修正
IMAP メッセージの解析中にクラッシュする場合がある問題を修正
修正
プレーンテキストエディタからのコピー&貼り付けで空白類 (複数の空白文字、タブ、改行) が失われる問題を修正
修正
下書きを開く際や、転送時、返信時、あるいは「新しいメッセージとして編集」を選択した際に、メッセージ編集画面に間違った文字エンコーディングが適用される問題を修正
修正
グループ化の並び替え順を変更できなかった問題を修正するとともに、任意の列グループ化が可能になった
修正
メールボックスに保存される新着メッセージの順序が受信順と異なる問題を修正
修正
Box.com に添付ファイルをアップロードできない問題を修正
修正
OS のファイルフォルダから複数のファイルをドラッグ&ドロップで添付できない問題を修正
修正
大勢の友達を抱えたユーザが XMPP への接続に失敗する問題を修正

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 12 件、重要度区分において 最高 6 件、 3 件、 2 件、 1 件が修正されている。

MFSA 2016-37
Graphite 2 ライブラリにおけるフォント脆弱性
MFSA 2016-36
NSS における DER エンコード使用キー処理中の解放後使用
MFSA 2016-35
NSS における ASN.1 デコード中のバッファオーバーフロー
MFSA 2016-34
HTML パーサにおけるメモリ割り当て失敗後の境界外読み取り
MFSA 2016-27
XML 変換中の解放後使用
MFSA 2016-24
SetBody における解放後使用
MFSA 2016-23
HTML5 文字列パーサにおける解放後使用
MFSA 2016-20
MP4 処理中に配列を削除した際の libstagefright におけるメモリリーク
MFSA 2016-19
Intel ドライバによる Linux 上のビデオメモリ DOS
MFSA 2016-18
CSP レポートが埋め込み iframe ページの URL 情報を除去できていない
MFSA 2016-17
CSP レポートを通じたローカルファイルの上書きと潜在的な特権昇格
MFSA 2016-16
様々なメモリ安全性の問題 (rv:45.0 / rv:38.7)

既知の問題

未解決
Outlook や Eudora からのインポートが正しく動作しない
未解決
Retina ディスプレイや高解像度モニタ上で OS X を使用している場合、あるいは解像度の異なるモニタ間でウィンドウを移動した場合に、UI 要素がマウスオーバーで大きくなる

Thunderbird 45.0 で修正された全ての問題は Mozilla.org bugs fixes (英語) を参照されたい。

その他、Thunderbird 45.0 についての一般的な情報は Thunderbird 45.0 リリースノート を参照いただきたい。

アップデート及びシステム要件

Thunderbird 45.0 は Windows, Mac そして Linux 版が用意され、Mozilla Japan ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、50 以上の言語に対応した各国語版は 各国語版のダウンロード よりダウンロード可能となっている。また、既存の Thunderbird 5 以降のユーザには自動アップデート経由で通知されるが、Thunderbird メニューの “Thunderbird について” より手動でアップデートすることも可能だ。

Thunderbird 45.0 の利用に必要なシステム要件については、Thunderbird 45.0 システム要件 を参照されたい。

ダウンロード:
Mozilla Japan
リリースノート:
Thunderbird 45.0 リリースノート
修正されたバグ:
Bug Fixes (英語)

Firefox 45.0.2、Firefox for Android 45.0.2 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2016 年 4 月 11 日、バージョン 45.0.1 リリース後に明らかとなった不具合を修正した Firefox 45.0.2 および Firefox for Android 45.0.2 をリリースした。延長サポート版 である Firefox ESR においてもこれに対応する Firefox ESR 45.0.2 がリリースされている。

修正
サードパーティ Cookie ブロック時に Cookie ヘッダが適切に送信されないことがある問題を修正 (Bug 1257861)
修正
img 要素の srcset 属性に関する Web 互換性のリグレッションを修正 (Bug 1259482)
修正
Media Source Extension を使った動画再生時のクラッシュを修正 (Bug 1258562)
修正
特定のアップロードに関するリグレッションを修正 (Bug 1255735)
修正
Thunderbird など一部 Gecko アプリケーションの旧バージョンとのコピー&貼り付けに関するリグレッションを修正 (デスクトップ版のみ、Bug 1254980)

Firefox 45.0.2 についての一般的な情報はリリースノートを参照されたい。

Firefox 45.0.2 は Windows, Mac, Linux, Android 版が用意され、Mozilla Japan ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、85 以上の言語に対応した各国語版は 次世代ブラウザ Firefox – 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。また、Windows、Mac OS X、Linux 版の既存の Firefox ユーザには自動アップデート経由で、Android 版 ユーザには Google Play ストア経由でアップデートが提供されるが、手動でアップデートすることも可能だ。

ダウンロード:
デスクトップ版, Android 版
リリースノート:
デスクトップ版, Android 版
修正されたバグ:
Complete list of changes in the Firefox 45.0.2 (英語)

Firefox for iOS 3.0 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2016 年 3 月 30 日、安定性及びセキュリティ問題の修正を含む Firefox for iOS のメジャーアップデート版である Firefox for iOS 3.0 をリリースした。

Firefox for iOS 3.0 での新機能や改良点は次のとおり。

新機能及び改良点

新機能
Apple Map や Twitter のようなアプリを起動するリンクの処理が向上
新機能
新規タブ画面に標準で表示されるタイルを削除できるようになった
新機能
新規ユーザには Alexa のトップ 5 サイトが新規タブ画面に表示されるようになった
新機能
インラインへの入力時の自動補完対象に、標準のドメインが含まれるようになった
新機能
パスワードマネージャが、Touch ID / パスコードに対応
新機能
オランダ語 [da] がロケールに追加

Firefox for iOS 3.0 に関する一般的な情報は リリースノート を参照されたい。

アップデート及びシステム要件

Firefox for iOS 3.0 は App Store よりダウンロード可能となっている。
Firefox for iOS 3.0 の利用には iOS 8.2 以降が必要となっている。詳細は、システム要件 を参照されたい。

ダウンロード:
Mozilla Japan, App Store
リリースノート:
Firefox for iOS 3.0 リリースノート

Thunderbird 38.7.2 がリリースされた


Thunderbird

Mozilla は米国時間 2016 年 4 月 4 日、Thunderbird 38.7.1 リリース後に明らかとなった不具合を修正した Thunderbird 38.7.2 をリリースした。

Thunderbird 38.7.2 での改良点は次のとおり。

新機能及び改良点

変更
フォントシェイピングライブラリである Graphite を利用しなくなった

Thunderbird 38.7.2 についての一般的な情報は Thunderbird 38.7.2 リリースノート を参照いただきたい。

アップデート及びシステム要件

Thunderbird 38.7.2 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、ウェブサイト よりダウンロード可能となっている。また、50 以上の言語に対応した各国語版は 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。既存の Thunderbird 5 以降のユーザには自動アップデート経由で通知されるが、ヘルプメニューの “Thunderbird について” より手動でアップデートすることも可能だ。
Thunderbird 38.7.2 の利用に必要なシステム要件については、Thunderbird 38.7.2 システム要件 を参照されたい。

ダウンロード:
Mozilla Japan
リリースノート:
Thunderbird 38.7.2 リリースノート
修正されたバグ:
Bug Fixes (英語)