MozillaZine.jp

Mozilla 関連情報の提供、啓蒙活動を行っているオンラインマガジン「MozillaZine」の日本語訳を提供しています。
リリース版 | Firefox 44.0 Android 44.0 iOS 1.1 ESR 38.6.0 | Thunderbird 38.5.1 | SeaMonkey 2.39 | Lightning 4.0.5.2
プレビュー版 | Firefox/Mobile Nightly 47.0 Developer Edition 46.0/Beta 45.0 | Thunderbird Daily 47.0 Earlybird 46.0/Beta 45.0 | SeaMonkey Nightly 2.43 Aurora 2.42 Beta 2.39 | Lightning Beta 4.7
相互サポート | Firefox | Thunderbird | SeaMonkey | Lightning | Android | Firefox OS | iOS

Firefox for Android 44 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2016 年 1 月 26 日、安定性及びセキュリティ問題を修正を含む Android 向け Firefox のメジャーアップデート版である Firefox for Android 44.0 をリリースした。

Firefox for Android 44.0 での新機能や改良点、セキュリティ修正、既知の問題は次のとおり。

新機能及び改良点

新機能
クラウド印刷に対応するため Android print service を利用するようになった
新機能
プライベートブラウジングタブ内のインテント URI を開く際に、確認が行われるようになった
新機能
サジェストに検索履歴を表示するようになった
新機能
Firefox アカウントのページに Web ベースのものを利用するようになった
新機能
mms: プロトコルを使用するローンチ URI に対応
新機能
起動時に表示するホームページに、よく使うサイト以外のものも設定できるようになった
変更
RC4 復号器をサポートしなくなった
変更
サイト証明書の検証時に、Equifax Secure Certificate Authority の 1024 ビットルート証明書、および UTN – DATACorp SGC を信頼できる 証明書 としなくなった
変更
スマートフォン版での タブトレイを改善

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 12 件、重要度区分において 最高 3 件、 2 件、 6 件、 1 件が修正されている。

MFSA 2016-12
Android 版 Firefox で軽量テーマが安全な接続を検証していない
MFSA 2016-11
Firefox 43 で Application Reputation サービスが無効となっている
MFSA 2016-10
コード監査を通じて発見された安全でないメモリ操作
MFSA 2016-09
ロケーションバー偽装攻撃
MFSA 2016-08
OS X 上のファイルダウンロードダイアログ内のクリックイベント後遅延が短すぎる
MFSA 2016-07
NSS における mp_div、mp_exptmod 両関数の問題
MFSA 2016-06
プロトコルハンドラダイアログにおけるユーザクリックイベント後の遅延欠如
MFSA 2016-05
保存された data URL ショートカットを通じた Android 版 Firefox のロケーションバー偽装
MFSA 2016-04
Firefox で Cookie に制御文字を設定できてしまう問題
MFSA 2016-03
WebGL におけるメモリ割り当て不足によるバッファオーバーフロー
MFSA 2016-02
GIF 形式画像解析時のメモリ不足クラッシュ
MFSA 2016-01
様々なメモリ安全性の問題 (rv:44.0 / rv:38.6)

Firefox for Android 44.0 で修正された全ての問題は Mozilla.org bugs fixes (英語) を、Firefox for Android 44.0 についての一般的な情報は リリースノート を、開発者向けの情報は MDN を参照されたい。

Firefox for Android 44.0 は Google Play からダウンロード可能となっている。また、既存の Firefox for Android のユーザには Google Play 経由でアップデートが提供される。

ダウンロード:
Mozilla Japan, Google Play
リリースノート:
Firefox for Android 44.0 リリースノート
セキュリティアドバイザリ:
Firefox 44 で修正済み
修正されたバグ:
Complete list of changes in the Firefox for Android 44.0 (英語)

Firefox 44 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2016 年 1 月 26 日、安定性及びセキュリティ問題の修正を含む Firefox のメジャーアップデート版である Firefox 44.0 をリリースした。延長サポート版 である Firefox ESR 38.6.0 も継続してリリースされている。

Firefox 44.0 での新機能や改良点、セキュリティ修正、既知の問題は次のとおり。

新機能及び改良点

新機能
証明書のエラーが起きた場合、もしくは接続の安全性を確認できない場合に表示される警告画面を改善
新機能
デコーダがインストールされていれば、Linux で H.264 が利用できるようになった
新機能
MP4/H.264 が利用できない場合、WebM/VP9 が有効になる
新機能
コンポジットスレッドで動作するアニメーションは、アニメーションインスペクタのタイムラインにイナズマアイコン付きで表示されるようになった
新機能
HTTPS でのコンテントエンコーディングで、brotli 圧縮が利用できるようになった
新機能
開発ツールのスクリーンショットコマンドで、ピクセル比を選択できるようになった
修正
Windows XP と Vista で、動画再生時にスクリーンセーバを無効にできない不具合を修正 (Bug 1193610)
変更
Web フォントの Unicode レンジに対応するため、Linux におけるフォントマッチングのコードが他のプラットフォームと共通化された
変更
新しい要件に適合するため、Windows 版で SHA-256 で署名された証明書を利用するようになった
変更
RC4 復号器をサポートしなくなった
変更
サイト証明書の検証時に、Equifax Secure Certificate Authority の 1024 ビットルート証明書、および UTN – DATACorp SGC を信頼できる 証明書 としなくなった
変更
Web フォントの検証をより厳密に行うようになった
変更
Windows 8、および Windows 8.1 でスクリーンキーボードが利用できなくなった (一時的な措置)
開発者
ログに出力されたオブジェクトで右クリックすると、ページ内のグローバル変数として参照できるようになった
開発者
アニメーション用のツールを追加:

  • インスペクタで CSS アニメーションのキーフレームを表示、編集できるようになった
  • アニメーションの動きを決める 3 次ベジェ関数を、視覚的に編集できるようになった
  • CSS アニメーションとトランジションの、再生および一時停止、シークが できるようになった
  • 詳細は http://devtoolschallenger.com/ を参照されたい
開発者
レイアウトとスタイルを視覚的に調査するツールを実装:

  • 物差しをビューポートの際に表示することが可能になった。またスペースや並びの問題を発見を容易にする測定ツールが追加された
  • ドロップシャドウや、セピアといった CSS フィルタを、リアルタイムで作成とプレビューができるようになった
  • 詳細は http://devtoolschallenger.com/ を参照されたい
開発者
ヒープの使用状況を調査できる新しいメモリツールを実装
開発者
Service Workers API が利用できるようになった
開発者
JSON リーダが組み込まれ、拡張なしでデータの閲覧、検索、コピー、そして保存ができるようになった
開発者
デバッガで Cmd キーを押しながらクリックすると、その関数の定義 にジャンプするようになった
開発者
WebSocket Debugging API が利用できるようになった (これを利用した アドオンの作例 も公開された)
開発者
ルールビューで編集されたルールがスタイルエディタにも表示されるようになった。また編集されたルールがルールビューに表示されるようになった

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 12 件、重要度区分において 最高 3 件、 2 件、 6 件、 1 件が修正されている。

MFSA 2016-12
Android 版 Firefox で軽量テーマが安全な接続を検証していない
MFSA 2016-11
Firefox 43 で Application Reputation サービスが無効となっている
MFSA 2016-10
コード監査を通じて発見された安全でないメモリ操作
MFSA 2016-09
ロケーションバー偽装攻撃
MFSA 2016-08
OS X 上のファイルダウンロードダイアログ内のクリックイベント後遅延が短すぎる
MFSA 2016-07
NSS における mp_div、mp_exptmod 両関数の問題
MFSA 2016-06
プロトコルハンドラダイアログにおけるユーザクリックイベント後の遅延欠如
MFSA 2016-05
保存された data URL ショートカットを通じた Android 版 Firefox のロケーションバー偽装
MFSA 2016-04
Firefox で Cookie に制御文字を設定できてしまう問題
MFSA 2016-03
WebGL におけるメモリ割り当て不足によるバッファオーバーフロー
MFSA 2016-02
GIF 形式画像解析時のメモリ不足クラッシュ
MFSA 2016-01
様々なメモリ安全性の問題 (rv:44.0 / rv:38.6)

Firefox 44.0 で修正された全ての問題は Mozilla.org bugs fixes (英語) を、一般的な情報は リリースノート を、開発者向けの情報は MDN を参照されたい。

アップデート及びシステム要件

Firefox 44.0 は Windows, Mac そして Linux 版が用意され、Mozilla Japan ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、80 以上の言語に対応した各国語版は 次世代ブラウザ Firefox – 各国語版のダウンロード よりダウンロード可能となっている。また、既存の Firefox 4 以降のユーザには自動アップデート経由で通知されるが、Firefox メニューの “Firefox について” より手動でアップデートすることも可能だ。
Firefox 44.0 の利用に必要なシステム要件については、Firefox 44 システム要件 を参照されたい。

ダウンロード:
44.0, ESR 38.6.0
リリースノート:
44.0, ESR 38.6.0
セキュリティアドバイザリ:
44.0, ESR 38.6.0
修正されたバグ:
44.0, ESR 38.6.0 (英語)

Thunderbird 38.5.1 がリリースされた


Thunderbird

Mozilla は米国時間 2016 年 1 月 7 日、Thunderbird 38.5.1 をリリースした。(注:リリースノート公開時にはリリース日は 2015 年 12 月 28 日とされていたが、後に修正された)

Thunderbird 38.5.1 での改良点次のとおり。

新機能及び改良点

修正
Windows 版: Microsoft の新しい署名要件に合わせるため、SHA-256 で署名された証明書を使用するようになった (Bug 1079858)

既知の問題

未解決
Windows XP SP2 に Thunderbird 38.5.1 をインストールすることができない (Thunderbird 38.5.0 をインストールした後にアップデートすることは可能)

Thunderbird 38.5.1 についての一般的な情報は Thunderbird 38.5.1 リリースノート を参照いただきたい。

アップデート及びシステム要件

Thunderbird 38.5.1 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、ウェブサイト よりダウンロード可能となっている。また、50 以上の言語に対応した各国語版は 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。既存の Thunderbird 5 以降のユーザには自動アップデート経由で通知されるが、ヘルプメニューの “Thunderbird について” より手動でアップデートすることも可能だ。
Thunderbird 38.5.1 の利用に必要なシステム要件については、Thunderbird 38.5.1 システム要件 を参照されたい。

ダウンロード:
Mozilla Japan
リリースノート:
Thunderbird 38.5.1 リリースノート
修正されたバグ:
Bug Fixes (英語)

Firefox 43.0.4 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2016 年 1 月 6 日、Firefox 43.0.3 リリース後に明らかとなった不具合を修正した Firefox 43.0.4 をリリースした。なお、この問題は Firefox ESR および Firefox for Android には影響しない。

修正
サードパーティ製のアンチウィルスソフトを利用している場合、Firefox が起動時にクラッシュすることがある不具合を修正 (Bug 1235537)
修正
マルチユーザで利用する GNU/Linux において、ユーザごとにダウンロードフォルダを作成できるようになった (Bug 1233434)
変更
SHA-1 を利用する証明書を再び受理するようになった (Bug 1236975)

Firefox 43.0.4 についての一般的な情報はリリースノートを参照されたい。

Firefox 43.0.4 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、Mozilla Japan ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、85 以上の言語に対応した各国語版は 次世代ブラウザ Firefox – 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。また、Windows、Mac OS X、Linux 版の既存の Firefox ユーザには自動アップデート経由でアップデートが提供されるが、手動でアップデートすることも可能だ。

ダウンロード:
Mozilla Japan
リリースノート:
Firefox 43.0.4 リリースノート

Firefox 43.0.3 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2015 年 12 月 28 日、Firefox 43.0.3 をリリースした。なお、この問題は Firefox ESR および Firefox for Android には影響しない。

修正
Nvidia の Network Access Manager を利用している際に発生するネットワークに関する不具合を修正 (Bug 1233237)
修正
Windows の設定によっては、Youtube のいくつかの動画のデコードパフォーマンスが向上 (Big 1233970)

Firefox 43.0.3 についての一般的な情報はリリースノートを参照されたい。

Firefox 43.0.3 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、Mozilla Japan ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、85 以上の言語に対応した各国語版は 次世代ブラウザ Firefox – 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。また、Windows、Mac OS X、Linux 版の既存の Firefox ユーザには自動アップデート経由でアップデートが提供されるが、手動でアップデートすることも可能だ。

ダウンロード:
Mozilla Japan
リリースノート:
Firefox 43.0.3 リリースノート

Thunderbird 38.5.0 がリリースされた


Thunderbird

Mozilla は米国時間 2015 年 12 月 23 日、安定性及びセキュリティ問題を修正した Thunderbird 38.5.0 をリリースした。

Thunderbird 38.5.0 での改良点、セキュリティ修正は次のとおり。

新機能及び改良点

修正
Windows 版: Microsoft の新しい署名要件に合わせるため、SHA-256 で署名された証明書を用意した (Bug 1079858)
修正
アドレス帳サイドバーにおいて、直近に選択したアドレス帳を記憶するようになった  (Bug 1142705)

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 5 件、重要度区分において 最高 2 件、 3 件が修正されている。

MFSA 2015-149
data および view-source URI を通じたクロスサイト読み取り攻撃
MFSA 2015-146
64 ビット版における MP4 再生時の整数オーバーフロー
MFSA 2015-145
コード監査を通じて発見されたアンダーフロー
MFSA 2015-139
巨大テクスチャの割り当てによる整数オーバーフロー
MFSA 2015-134
様々なメモリ安全性の問題 (rv:43.0 / rv:38.5)

Thunderbird 38.5.0 で修正された全ての問題は bugs fixes (英語) を参照されたい。

その他、Thunderbird 38.5.0 についての一般的な情報は Thunderbird 38.5.0 リリースノート を参照いただきたい。

アップデート及びシステム要件

Thunderbird 38.5.0 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、ウェブサイト よりダウンロード可能となっている。また、50 以上の言語に対応した各国語版は 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。既存の Thunderbird 5 以降のユーザには自動アップデート経由で通知されるが、ヘルプメニューの “Thunderbird について” より手動でアップデートすることも可能だ。
Thunderbird 38.5.0 の利用に必要なシステム要件については、Thunderbird 38.5.0 システム要件 を参照されたい。

ダウンロード:
Mozilla Japan
リリースノート:
Thunderbird 38.5.0 リリースノート
セキュリティアドバイザリ:
Thunderbird 38.5 で修正済み
修正されたバグ:
Bug Fixes (英語)

Firefox 43.0.2 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2015 年 12 月 22 日、Firefox 43.0.2 をリリースした。延長サポート版 である Firefox ESR 38.5.2 もリリースされている。なお、この問題は Firefox for Android には影響しない。

修正
Windows 版: Microsoft の新しい署名要件に合わせるため、SHA-256 で署名された証明書を使用するようになった (Bug 1079858)

Firefox 43.0.2 についての一般的な情報はリリースノートを参照されたい。

Firefox 43.0.2 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、Mozilla Japan ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、85 以上の言語に対応した各国語版は 次世代ブラウザ Firefox – 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。また、Windows、Mac OS X、Linux 版の既存の Firefox ユーザには自動アップデート経由でアップデートが提供されるが、手動でアップデートすることも可能だ。

ダウンロード:
Mozilla Japan
リリースノート:
Firefox 43.0.2 リリースノート

Firefox 43.0.1 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2015 年 12 月 18 日、Firefox 43 リリース後に明らかとなった不具合を修正した Firefox 43.0.1 をリリースした。延長サポート版 である Firefox ESR においてもこれに対応する 38.5.1 が 12 月 21 日にリリースされた。なお、この問題は Firefox for Android には影響しない。

修正
Windows 版: Microsoft の新しい署名要件に合わせるため、SHA-256 で署名された証明書を用意した (Bug 1079858)

Firefox 43.0.1 についての一般的な情報はリリースノートを参照されたい。

Firefox 43.0.1 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、Mozilla Japan ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、85 以上の言語に対応した各国語版は 次世代ブラウザ Firefox – 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。また、Windows、Mac OS X、Linux 版の既存の Firefox ユーザには自動アップデート経由でアップデートが提供されるが、手動でアップデートすることも可能だ。

ダウンロード:
Mozilla Japan
リリースノート:
Firefox 43.0.1 リリースノート

Firefox for Android 43 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2015 年 12 月 15 日、安定性及びセキュリティ問題を修正を含む Android 向け Firefox のメジャーアップデート版である Firefox for Android 43.0 をリリースした。

Firefox for Android 43.0 での新機能や改良点、セキュリティ修正、既知の問題は次のとおり。

新機能及び改良点

新機能
未読 / 既読 をリーディングリストパネルで管理できるようになった
新機能
タブリスト中で、音声を出力しているタブが確認できるようになった
新機能
スクロール、ズーム、点字表示、コンテキストメニューのスクリーンリーダーよる読み上げ、のそれぞれの点でアクセシビリティを向上
新機能
横向きに利用している際に、履歴を分割して表示するようになった
新機能
Android の最新デザインにあわせて、ツールバーメニューのデザインを更新
新機能
m4v 形式の動画再生に関する API のサポートを向上
新機能
URL を含むテキストを、URL を含めて共有するようになった

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 16 件、重要度区分において 最高 4 件、 7 件、 3 件、 2 件が修正されている。

MFSA 2015-149
data および view-source URI を通じたクロスサイト読み取り攻撃
MFSA 2015-148
WebExtension API における特権昇格問題
MFSA 2015-147
libstagefright における MP4 メタデータ処理中の整数アンダーフローおよびバッファオーバーフロー
MFSA 2015-146
64 ビット版における MP4 再生時の整数オーバーフロー
MFSA 2015-145
コード監査を通じて発見されたアンダーフロー
MFSA 2015-144
コード監査を通じて発見された一連のバッファオーバーフロー
MFSA 2015-143
Linux 上の Jasper ライブラリの脆弱性による不正画像選択時のクラッシュ
MFSA 2015-142
HTTP/2 における不正なフレームによる DoS
MFSA 2015-141
data URI 内ハッシュの誤解析
MFSA 2015-140
Web ワーカーのエラーイベントを通じたクロスオリジン情報漏えい
MFSA 2015-139
巨大テクスチャの割り当てによる整数オーバーフロー
MFSA 2015-138
WebRTC においてデータチャンネルが破棄後に使用される解放後使用の問題
MFSA 2015-137
Firefox で Cookie に制御文字を設定できてしまう問題
MFSA 2015-136
perfomance.getEntries と履歴遷移を通じた同一オリジンポリシー違反
MFSA 2015-135
ボックス化解除されたオブジェクトによる JavaScript 変数割り当て時のクラッシュ
MFSA 2015-134
様々なメモリ安全性の問題 (rv:43.0 / rv:38.5)

Firefox for Android 43.0 で修正された全ての問題は Mozilla.org bugs fixes (英語) を、Firefox for Android 43.0 についての一般的な情報は リリースノート を、開発者向けの情報は MDN を参照されたい。

Firefox for Android 43.0 は Google Play からダウンロード可能となっている。また、既存の Firefox for Android のユーザには Google Play 経由でアップデートが提供される。

ダウンロード:
Mozilla Japan, Google Play
リリースノート:
Firefox for Android 43.0 リリースノート
セキュリティアドバイザリ:
Firefox 43 で修正済み
修正されたバグ:
Complete list of changes in the Firefox for Android 43.0 (英語)

Firefox 43 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2015 年 12 月 15 日、安定性及びセキュリティ問題の修正を含む Firefox のメジャーアップデート版である Firefox 43.0 をリリースした。延長サポート版 である Firefox ESR 38.5.0 も継続してリリースされている。

Firefox 43.0 での新機能や改良点、セキュリティ修正、既知の問題は次のとおり。

新機能及び改良点

新機能
m4v 形式の動画再生に関する API のサポートを向上
新機能
64 bit Windows 版がリリースされた
新機能
URL バーに検索候補を表示するようになった
新機能
Windows 8 以降で、スクリーン上にタッチキーボードを自動的に表示するようになった
新機能
プライベートブラウジングのトラッキングプロテクションで利用するブロックリストに 2 つ目のリストが追加され、利用するリストを選択できるようになった
新機能
Firefox ヘルスレポートが、テレメトリーと同じデータ収集機構を利用するように変更された
開発者
擬似要素を固定的に表示できるようになった
開発者
ツールボックスにフォーカスがある場合、F1 キーで設定を開けるようになった
開発者
要素選択時のコンテキストメニューから「コンソールで利用」を選択すると、その要素を変数から参照できるようになった
開発者
ルールビュー中でオーバライドされた属性の横に表示される検索ボタンをクリックすることで、類似する属性を検索できるようになった
開発者
ルールビューで表示されるルールを、属性名で絞り込めるようになった
開発者
例外発生時に、コンソールでスタックトレースを表示するようになった
開発者
サーバサイドのログをコンソールで表示できるようになった
開発者
開発ツールバーでスクリーンショットを取得する際に、解像度を指定できるようになった
開発者
サブリソースの一貫性保持機能により、開発者は自身のサイトをより安全にできるようになった
開発者
hyphens 属性が接頭辞なしで利用できるようになった
開発者
WebIDE がサイドバーつき UI に変更された
開発者
transform-origin 属性が SVG の要素に対して利用できるようになった
開発者
アニメーションインスペクタが、アニメーションをタイムライン表示できるようになった
開発者
シングルプロセスモードでは、NPAPI を利用するプラグインを利用できなくなった
修正
スポイトツールが、ページ拡大時に期待通りに動作しない問題を修正

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 16 件、重要度区分において 最高 4 件、 7 件、 3 件、 2 件が修正されている。

MFSA 2015-149
data および view-source URI を通じたクロスサイト読み取り攻撃
MFSA 2015-148
WebExtension API における特権昇格問題
MFSA 2015-147
libstagefright における MP4 メタデータ処理中の整数アンダーフローおよびバッファオーバーフロー
MFSA 2015-146
64 ビット版における MP4 再生時の整数オーバーフロー
MFSA 2015-145
コード監査を通じて発見されたアンダーフロー
MFSA 2015-144
コード監査を通じて発見された一連のバッファオーバーフロー
MFSA 2015-143
Linux 上の Jasper ライブラリの脆弱性による不正画像選択時のクラッシュ
MFSA 2015-142
HTTP/2 における不正なフレームによる DoS
MFSA 2015-141
data URI 内ハッシュの誤解析
MFSA 2015-140
Web ワーカーのエラーイベントを通じたクロスオリジン情報漏えい
MFSA 2015-139
巨大テクスチャの割り当てによる整数オーバーフロー
MFSA 2015-138
WebRTC においてデータチャンネルが破棄後に使用される解放後使用の問題
MFSA 2015-137
Firefox で Cookie に制御文字を設定できてしまう問題
MFSA 2015-136
perfomance.getEntries と履歴遷移を通じた同一オリジンポリシー違反
MFSA 2015-135
ボックス化解除されたオブジェクトによる JavaScript 変数割り当て時のクラッシュ
MFSA 2015-134
様々なメモリ安全性の問題 (rv:43.0 / rv:38.5)

Firefox 43.0 で修正された全ての問題は Mozilla.org bugs fixes (英語) を、一般的な情報は リリースノート を、開発者向けの情報は MDN を参照されたい。

アップデート及びシステム要件

Firefox 43.0 は Windows, Mac そして Linux 版が用意され、Mozilla Japan ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、80 以上の言語に対応した各国語版は 次世代ブラウザ Firefox – 各国語版のダウンロード よりダウンロード可能となっている。また、既存の Firefox 4 以降のユーザには自動アップデート経由で通知されるが、Firefox メニューの “Firefox について” より手動でアップデートすることも可能だ。
Firefox 43.0 の利用に必要なシステム要件については、Firefox 43 システム要件 を参照されたい。

ダウンロード:
43.0, ESR 38.5.0
リリースノート:
43.0, ESR 38.5.0
セキュリティアドバイザリ:
43.0, ESR 38.5.0
修正されたバグ:
43.0, ESR 38.5.0 (英語)