MozillaZine.jp

Mozilla 関連情報の提供、啓蒙活動を行っているオンラインマガジン「MozillaZine」の日本語訳を提供しています。
リリース版 | Firefox 33.1.1 Mobile 33.1 ESR 31.2.0 | Thunderbird 31.2.0 | SeaMonkey 2.30 | Lightning 3.3.1
プレビュー版 | Firefox/Mobile Nightly 36.0 Developer Edition 35.0/Beta 34.0 | Thunderbird Earlybird 35.0/Beta 34.0 | SeaMonkey Nightly 2.33 Aurora 2.32 Beta 2.31 | Lightning Beta 3.6
相互サポート | Firefox | Thunderbird | SeaMonkey | Lightning | Mobile

Firefox 33.1.1 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2014 年 11 月 14 日、Firefox 33.1 リリース後に見つかった問題を修正した Firefox 33.1.1 をリリースした。なお、この問題は Firefox for Android と Firefox ESR には影響しない。

Firefox 33.1.1 での修正は次のとおり。

新機能及び改良点

修正
33.1.1: 起動時にクラッシュすることがある不具合を修正 (Bug 1021265)

Firefox 33.1.1 についての一般的な情報は リリースノート を参照されたい。

Firefox 33.1.1 は Windows, Mac そして Linux 版が用意され、Mozilla Japan ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、85 以上の言語に対応した各国語版は 次世代ブラウザ Firefox – 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。また、既存の Firefox 4 以降のユーザには自動アップデート経由で通知されるが、Firefox メニューの “Firefox について” より手動でアップデートすることも可能だ。

ダウンロード:
Mozilla Japan
リリースノート:
Firefox 33.1.1 リリースノート

Firefox 10 周年


Firefox

2014 年 11 月 9 日、Firefox 1.0 がリリースされて 10 周年を迎えた。当時 Microsoft が提供する Internet Explorer の独壇場であった Web の世界において、「インターネットを健全でより良いものにしたい」と世界中から集まったボランティアと共にオープンなプロセスによって開発された Firefox が登場した。以来、選択肢とオンラインの可能性を訴え、プロプライエタリな技術ではなくオープンな標準を創り支持し、人々が自身のオンライン体験をコントロールできるようにし、Web 本来のオープン性を保つため努力してきたのが Firefox であり Mozilla である。これからもこの理念のもとに Firefox が発展することを信じてやまない。MozillaZine.jp も、日本における Mozilla コミュニティの一つとして、今後も活発な活動を継続していきたい。

この Firefox 10 周年を記念して、Mozilla は米国時間 2014 年 11 月 10 日、Firefox 33.1 および Firefox for Android 33.1 をリリースした。

本リリースは、Firefox リリース 10 周年 を記念したリリースであり、通常のマイナーアップデートのようなセキュリティ修正、バグ修正を目的としたものではない。

新機能
忘れるボタン の追加 (デスクトップ版のみ)
新機能
タイルの拡張 (デスクトップ版のみ)
新機能
プライバシーツアーの追加 (デスクトップ版のみ)
新機能
DuckDuckGo を検索エンジンに追加 (デスクトップ版および Android 版)

Firefox 33.1 についての一般的な情報はリリースノートを参照されたい。

Firefox 33.1 は Windows, Mac, Linux, Android 版が用意され、Mozilla Japan ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、85 以上の言語に対応した各国語版は 次世代ブラウザ Firefox – 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。また、Windows、Mac OS X、Linux 版の既存の Firefox ユーザには自動アップデート経由で、Android 版 ユーザには Google Play ストア経由でアップデートが提供されるが、手動でアップデートすることも可能だ。

ダウンロード:
デスクトップ版, Android 版
リリースノート:
デスクトップ版, Android 版

また、同日に 開発者を主な対象とした Firefox Developer Edition もリリースされた。これまで Aurora として公開されてきた開発版を基としたものであり、ウェブ開発者向けに、様々な開発ツールを統合して提供し、ウェブ全体をデバッグしてウェブ体験をより簡単に作れるようにすることを目的としている。また、WebIDEFirefox Tools Adaptor といった強力な新ツールも統合される。

ダウンロード:
Firefox Developer Edition

Firefox 33.0.3 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2014 年 11 月 6 日、Firefox 33.0 リリース後に見つかった問題を修正した Firefox 33.0.3 をリリースした。なお、この問題は Firefox for Android と Firefox ESR には影響しない。

Firefox 33.0.3 での修正は次のとおり。

新機能及び改良点

修正
33.0.3: OMTC が有効で、いくつかのグラフィックドライバを利用している場合に、黒画面が表示される問題を修正 (Bug 1093863)
修正
33.0.3: いくつかのハードウェアとドライバが併用されている環境下で、起動時のクラッシュを引き起こす 2 つの問題を修正 (Bug 1064107Bug 1021265)

Firefox 33.0.3 についての一般的な情報は リリースノート を参照されたい。

Firefox 33.0.3 は Windows, Mac そして Linux 版が用意され、Mozilla Japan ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、85 以上の言語に対応した各国語版は 次世代ブラウザ Firefox – 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。また、既存の Firefox 4 以降のユーザには自動アップデート経由で通知されるが、Firefox メニューの “Firefox について” より手動でアップデートすることも可能だ。

ダウンロード:
Mozilla Japan
リリースノート:
Firefox 33.0.3 リリースノート

Firefox 33.0.2 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2014 年 10 月 28 日、Firefox 33.0 リリース後に見つかった問題を修正した Firefox 33.0.2 をリリースした。なお、この問題は Firefox for Android と Firefox ESR には影響しない。

Firefox 33.0.2 での修正は次のとおり。

新機能及び改良点

修正
33.0.2: ハードウェアとドライバの組み合わせによっては、起動時にクラッシュすることがある不具合を修正

Firefox 33.0.2 についての一般的な情報は リリースノート を参照されたい。

Firefox 33.0.2 は Windows, Mac そして Linux 版が用意され、Mozilla Japan ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、85 以上の言語に対応した各国語版は 次世代ブラウザ Firefox – 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。また、既存の Firefox 4 以降のユーザには自動アップデート経由で通知されるが、Firefox メニューの “Firefox について” より手動でアップデートすることも可能だ。

ダウンロード:
Mozilla Japan
リリースノート:
Firefox 33.0.2 リリースノート

Firefox 33.0.1 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2014 年 10 月 24 日、Firefox 33.0 リリース後に見つかった問題を修正した Firefox 33.0.1 をリリースした。なお、この問題は Firefox for Android と Firefox ESR には影響しない。

Firefox 33.0.1 での修正は次のとおり。

新機能及び改良点

修正
33.0.1: いくつかのグラフィックドライバにおいて、Firefox が起動時に黒画面を表示する不具合を修正

Firefox 33.0.1 についての一般的な情報は リリースノート を参照されたい。

Firefox 33.0.1 は Windows, Mac そして Linux 版が用意され、Mozilla Japan ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、85 以上の言語に対応した各国語版は 次世代ブラウザ Firefox – 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。また、既存の Firefox 4 以降のユーザには自動アップデート経由で通知されるが、Firefox メニューの “Firefox について” より手動でアップデートすることも可能だ。

ダウンロード:
Mozilla Japan
リリースノート:
Firefox 33.0.1 リリースノート

SeaMonkey 2.30 がリリースされた


SeaMonkey

Mozilla Application Suite の開発をコミュニティベースで継続している The SeaMonkey® Project は米国時間 2014 年 10 月 15 日、安定性及びセキュリティ問題を修正を含む SeaMonkey のメジャーアップデート版である SeaMonkey 2.30 をリリースした。

SeaMonkey 2.30 は Firefox 33 と同じレンダリングエンジン Gecko 33 を搭載しており、バックエンドも Firefox 33/Thunderbird 33 Beta 相当となっている。アプリケーションの内容としては、これまで通りブラウザ、メール & ニュースクライアント、Chatzilla、Web 開発ツールを搭載したオールインワンパッケージとなっている。

新機能及び改良点

新機能
Windows: OMTC が標準で有効になった
新機能
Open H264 のサポート (サンドボックス化されている)
新機能
新しい CSP (Content Security Policy) のバックエンドの実装
新機能
HTTPS 経由で HTTP プロクシに接続できるようになった
新機能
セッション復元機能の信頼度の向上 (詳細はこちら)
HTML5
WebCrypto: RSA-OAEP、PBKDF2、ECDH、AES-KW をサポート

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ修正の詳細は本項執筆時点では公開されていない。

SeaMonkey 2.30 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、SeaMonkey Project ウェブサイト より日本語を含む 24 言語に対応した各言語版がダウンロード可能である。既存の SeaMonkey ユーザには自動アップデート経由で通知されるが、手動でアップデートすることも可能だ。

ダウンロード:
SeaMonkey 2.30
リリースノート:
Release notes
セキュリティアドバイザリ:
SeaMonkey 2.30 で修正済み

Thunderbird 31.2 がリリースされた


Thunderbird

Mozilla は米国時間 2014 年 10 月 14 日、安定性及びセキュリティ問題を修正した Thunderbird 31.2.0 をリリースした。

Thunderbird 31.2.0 での新機能や改良点、セキュリティ修正、既知の問題は次のとおり。

新機能及び改良点

修正
同一の名前を持つカードが連絡帳内にある場合、メールが誤送信されることがある不具合を修正 (Bug 1008718)

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 6 件、重要度区分において 最高 3 件、 2 件、 1 件が修正されている。

MFSA 2014-81
iframe 内の一貫性のない動画共有
MFSA 2014-79
テキスト方向設定時の解放後使用
MFSA 2014-77
WebM 動画による境界外書き込み
MFSA 2014-76
独自波形による Web Audio のメモリ破壊
MFSA 2014-75
CSS 処理におけるバッファオーバーフロー
MFSA 2014-74
様々なメモリ安全性の問題 (rv:33.0 / rv:31.2)

Thunderbird 31.2.0 で修正された全ての問題は Mozilla.org bugs fixes (英語) を参照されたい。

その他、Thunderbird 31.2.0 についての一般的な情報は Thunderbird 31.2.0 リリースノート を参照いただきたい。

アップデート及びシステム要件

Thunderbird 31.2.0 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、ウェブサイト よりダウンロード可能となっている。また、50 以上の言語に対応した各国語版は 各国語版のダウンロード よりダウンロードできる。既存の Thunderbird 5 以降のユーザには自動アップデート経由で通知されるが、ヘルプメニューの “Thunderbird について” より手動でアップデートすることも可能だ。
Thunderbird 31.2.0 の利用に必要なシステム要件については、Thunderbird 31.2.0 システム要件 を参照されたい。

ダウンロード:
Mozilla Japan
リリースノート:
Thunderbird 31.2.0 リリースノート
セキュリティアドバイザリ:
Thunderbird 31.2.0 で修正済み
修正されたバグ:
Bug Fixes (英語)

Firefox for Android 33 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2014 年 10 月 14 日、安定性及びセキュリティ問題を修正を含む Android 向け Firefox のメジャーアップデート版である Firefox for Android 33.0 をリリースした。

Firefox for Android 33.0 での新機能や改良点、セキュリティ修正、既知の問題は次のとおり。

新機能及び改良点

新機能
Chromecast と Roku に動画を送信できるようになった
新機能
JavaScript の文字列処理が省メモリで高速になった (詳細)
新機能
タブの管理機能の強化

  • 閉じたタブのアンドゥができるようになった
  • 最近閉じたタブの一覧を表示できるようになった
  • 全てのタブを一度に閉じられるようになった
  • 新しいタブ、もしくはプライベートタブを開いたときに素早くタブへ切り替えられるようになった
新機能
ブラウザ終了時にデータを消去できるようになった
新機能
新しい CSP (Content Security Policy) のバックエンドの実装
新機能
フォーム要素がよりモダンに表示されるようになりました
新機能
アラゴン語 [an]、フリジア語 [fy-NL]、カザフ語 [kk]、クメール語 [km] がロケールに追加された
HTML5
DOMMatrix インタフェースの実装
HTML5
CSS3 Counter Style 由来の @counter-style の実装
HTML5
ECMAScript 6 のシンボル型のサポート
開発者
開発ツール:再描画が確認できるようになった

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 9 件、重要度区分において 最高 3 件、 4 件、 2 件が修正されている。

MFSA 2014-82
Alarms API を通じたクロスオリジンオブジェクトアクセス
MFSA 2014-81
iframe 内の一貫性のない動画共有
MFSA 2014-80
キーピンニングの回避
MFSA 2014-79
テキスト方向設定時の解放後使用
MFSA 2014-78
GIF 描画中の未初期化メモリ使用 (追加報告)
MFSA 2014-77
WebM 動画による境界外書き込み
MFSA 2014-76
独自波形による Web Audio のメモリ破壊
MFSA 2014-75
CSS 処理におけるバッファオーバーフロー
MFSA 2014-74
様々なメモリ安全性の問題 (rv:33.0 / rv:31.2)

既知の問題

未解決
Gingerbread で VP9/WEBM ビデオがハーフクスリーンでのみ再生される
未解決
Android L では MP4 形式の動画を再生できない
未解決
Android L では Flash が動作しない
未解決
HTTP1.1 の転送の中断が検知された際に、完了していないダウンロードが完了とマークされることがある不具合の修正が完了していない (Bug 237623)
未解決
証明書をオーバライドできない場合がある (Bug 1042889)

Firefox for Android 33.0 で修正された全ての問題は Mozilla.org bugs fixes (英語) を、Firefox for Android 33.0 についての一般的な情報は リリースノート を、開発者向けの情報は MDN を参照されたい。

Firefox for Android 33.0 は Google Play からダウンロード可能となっている。また、既存の Firefox for Android のユーザには Google Play 経由でアップデートが提供される。

ダウンロード:
Mozilla Japan, Google Play
リリースノート:
Firefox for Android 33.0 リリースノート
セキュリティアドバイザリ:
Firefox 33 で修正済み
修正されたバグ:
Complete list of changes in the Firefox for Android 33.0 (英語)

Firefox 33 がリリースされた


Firefox

Mozilla は米国時間 2014 年 10 月 14 日、安定性及びセキュリティ問題の修正を含む Firefox のメジャーアップデート版である Firefox 33.0 をリリースした。延長サポート版 である Firefox ESR 31.2.0 もリリースされている。

Firefox 33.0 での新機能や改良点、セキュリティ修正、既知の問題は次のとおり。

新機能及び改良点

新機能
Open H264 のサポート (サンドボックス化されている)
新機能
ロケーションバーでの検索体験の向上
新機能
JavaScript の文字列処理が省メモリで高速になった (詳細)
新機能
スタートページ (about:home) および新規タブ (about:newtab) での検索にサジェスト機能がついた
新機能
Windows: OMTC が標準で有効になった
新機能
新しい CSP (Content Security Policy) のバックエンドの実装
新機能
HTTPS 経由で HTTP プロクシに接続できるようになった
新機能
セッション復元機能の信頼度の向上 (詳細はこちら)
新機能
アゼルバイジャン語 [az] がロケールに追加された
変更
window.crypto 属性および関数の削除
変更
デバッガインタフェースのために、JSD (JavaScript Debugger Service) が削除された (詳細)
HTML5
CSS3 Counter Style 由来の @counter-style の実装
HTML5
DOMMatrix インタフェースの実装
開発者
3 次ベジェ曲線 が編集できるようになった
開発者
インスペクタでイベントリスナが設定されている要素が確認できるようになった
開発者
@media サイドバーが追加され、スタイルシート中の @media 規則が表示されるようになりました
開発者
開発ツール:再描画が確認できるようになった
開発者
インスペクタで @keyframes が編集できるようになった
開発者
スタイルインスペクタで Transform が可視化されるようになった
修正
HTTP1.1 の転送の中断が検知された際に、完了していないダウンロードが完了とマークされることがある不具合を修正 (Bug 237623)

セキュリティ修正

このアップデートでのセキュリティ問題への修正は合計 9 件、重要度区分において 最高 3 件、 4 件、 2 件が修正されている。

MFSA 2014-82
Alarms API を通じたクロスオリジンオブジェクトアクセス
MFSA 2014-81
iframe 内の一貫性のない動画共有
MFSA 2014-80
キーピンニングの回避
MFSA 2014-79
テキスト方向設定時の解放後使用
MFSA 2014-78
GIF 描画中の未初期化メモリ使用 (追加報告)
MFSA 2014-77
WebM 動画による境界外書き込み
MFSA 2014-76
独自波形による Web Audio のメモリ破壊
MFSA 2014-75
CSS 処理におけるバッファオーバーフロー
MFSA 2014-74
様々なメモリ安全性の問題 (rv:33.0 / rv:31.2)

既知の問題

未解決
PDF.js: いくつかの画像を表示する際に、間違った色で表示される場合がある。この現象は極めて少ない場合においてのみ再現する。
未解決
証明書をオーバライドできない場合がある (Bug 1042889)

Firefox 33.0 で修正された全ての問題は Mozilla.org bugs fixes (英語) を、一般的な情報は リリースノート を、開発者向けの情報は MDN を参照されたい。

アップデート及びシステム要件

Firefox 33.0 は Windows, Mac そして Linux 版が用意され、Mozilla Japan ウェブサイトよりダウンロード可能となっている。また、85 以上の言語に対応した各国語版は 次世代ブラウザ Firefox – 各国語版のダウンロード よりダウンロード可能となっている。また、既存の Firefox 4 以降のユーザには自動アップデート経由で通知されるが、Firefox メニューの “Firefox について” より手動でアップデートすることも可能だ。
Firefox 33.0 の利用に必要なシステム要件については、Firefox 33 システム要件 を参照されたい。

ダウンロード:
33.0, ESR 31.2.0
リリースノート:
33.0, ESR 31.2.0
セキュリティアドバイザリ:
33.0, ESR 31.2.0
修正されたバグ:
33.0, ESR 31.2.0 (英語)

SeaMonkey 2.29.1 がリリースされた


SeaMonkey

Mozilla Application Suite の開発をコミュニティベースで継続している The SeaMonkey® Project は米国時間 2014 年 9 月 24 日、SeaMonkey 2.29 リリース後に見つかったセキュリティ問題への修正とバグに対処した SeaMonkey 2.29.1 をリリースした。

SeaMonkey 2.29.1 では 2 件のバグ修正および重要度区分において最高 1 件のセキュリティ修正が行われた。

MFSA 2014-73
NSS における RSA 署名偽造
修正
メッセージ編集画面で、添付ファイルのエリアを右クリックするとコンテキストメニューに空白行が現れる問題を修正 (bug 1039933)
修正
LOCATION_CHANGE_SAME_DOCUMENT フラグ付きの onLocationChange によってタブが切り換えられたとき、Adblock Plus が正常に機能しない問題を修正 (bug 1035171)

SeaMonkey 2.29.1 は Windows, Mac, Linux 版が用意され、SeaMonkey Project ウェブサイト より日本語を含む 24 言語に対応した各言語版がダウンロード可能である。既存の SeaMonkey ユーザには自動アップデート経由で通知されるが、手動でアップデートすることも可能だ。

ダウンロード:
SeaMonkey 2.29.1
リリースノート:
Release notes
セキュリティアドバイザリ:
SeaMonkey 2.29.1 で修正済み